1. ホーム
  2. 保育士の転職
  3. ≫保育士人材不足の中でなぜ?非公開求人で保育士を募集する理由

保育士人材不足の中でなぜ?非公開求人で保育士を募集する理由

Pocket

保育士を非公開求人で募集することのメリットや特徴とは?

非公開求人

保育士といえば人材不足が問題となっており、毎年多くの求人が出ています。そんな保育士志望の方々が仕事を探す際に、様々な転職サイトを利用して保育園を探すでしょう。その中には、「非公開求人」で募集を募る保育園もあります。

非公開求人は一般に公開されていない求人のことを指しており、転職サイトに会員登録前の状態だと閲覧できない求人情報になります。求人情報はより多くの応募を得る為に全体公開するのが普通ですが、あえて非公開にすることであるメリットが生まれます。

では非公開求人にすることで、どんなメリットが生まれるのでしょうか。

志望する側、募集を募る側、どちらの目線からでもわかる非公開求人の特徴を転職活動に活かすと、もっと転職が上手くいくカモ!

応募者を募る側が非公開求人を出すメリット

保育園側が意図して非公開求人を出す理由は、「応募者の調整」です。保育園によって求める人材やスキルが異なることから、こういった求人の出し方で募集する場合があります。

応募者を調整する理由として1番多いのが、人数の限定です。

未経験可で条件も良い求人は応募が殺到するため、採用のコストや手間がかかります。こうした応募人数を程よく調整するため、非公開求人を行う保育園が多いのです。

スキルや能力面で応募者を絞っていることも

  
保育園によっては応募資格に制限を設けていることもあります。そのため条件の良さに惹かれ、条件を満たした資格を持っていない人や未経験の応募がくる場合もあるようです。これらを無視せず対応していると予想以上に時間を奪われてしまいます。

小さな保育園などでは上記の場合となると、通常業務と合わせて仕事量がかなり増えるため、採用担当のストレスや負担は免れません。こうした事態を防止するためにも、非公開求人を行っています。

初めから応募資格を厳しく設定して見合った人材へ求人が紹介されると、内定後もスキルに合った働き方ができるので、退職率の軽減にも繋がるというメリットがあります。

非公開求人は園のイメージダウンを避けることができる!

これは求職者と企業以外の人たちに対するイメージダウンを避けるために、非公開求人を行っているケースです。例えばそ、の職場を退職した保育士さんが、辞めてすぐ転職サイトに自分の職場が載っていたらどう感じるでしょうか。

「自分が辞めたことで人が足りなくなった」というのは、あまり良いイメージを抱かない場合が多いです。さらに責任感を抱いてしまうこともあるのではないでしょうか。人が足りないことが前面に出てしまっているのは保育園的にも避けたいところでしょう。

また保護者が子どもを預けている保育園を気にする場合もあります。そこで転職サイトに利用している保育園の名前が載っていたら、「ここの保育園は人が足りてない」「人材不足で子供1人1人をちゃんと面倒を見ることができないのかな?」と不安なイメージを抱くこともあります。

それが原因で保育園にクレームがくることや、利用者が減ってしまうといった可能性も捨てきれません。そのため保育園側は、なるべく求職者以外に求人を見せないよう、非公開求人を利用して閲覧者を限定しているのです。

志望する側が非公開求人を閲覧・応募することのメリット

非公開求人を利用している保育園は、もともと条件が良い、応募者数が十分に集まっているなど、働きやすい環境の職場が多いため、転職活動をしている方は絶対見ておきたい求人です。もちろん公開している求人にも良い職場はたくさんありますので、臨機応変に使うことが大切でしょう。

転職サイトに登録しておくと自分のスキルや持っている資格などを活かして、良い非公開求人を紹介してもらえるチャンスが増えます。スムーズに内定を貰いたいと考えている求職者にとって、ありがたいシステムと言えるでしょう。

転職エージェントではそうした非公開求人も充実しており、「内定を貰ったはいいけど周りのスキルに追いつけない」「スキルアップを求めて入ったのに未経験と同じ扱いで転職した意味がない」など、内定後のトラブルを避けるため求職者に合わせた求人が揃っています。

転職時には登録しておくと便利カモ!

非公開求人をしている企業は条件・待遇が良い職場が多い!
非公開求人にすることで、「応募者1人1人の人柄や内面をしっかり見

つめることができる」というメリットが生まれます。これは保育士を志望する方々にとっても、大きなアピールポイントを得るチャンスにも繋がります。

全体公開と非公開の求人をどちらも利用し、慎重かつスムーズな転職になるよう心がけましょう。

こうした柔軟な気持ちで臨む転職活動は後の保育士としての仕事にも活かされため、子どもたちを安心して預けられるような、「信頼できる保育士」として輝けるカモ

Pocket