1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫「働き方の工夫」でワークライフバランスを実現!臨時保育士とは

「働き方の工夫」でワークライフバランスを実現!臨時保育士とは

待遇面で正規より低めでも「短く働けること」が最大のメリット!

臨時保育士

正規社員や契約社員、アルバイトやパートタイマーなど、会社との契約によって変えられるのが「働き方」です。
保育業界にも正規雇用だけでなく、出産や病気などで長期休暇に入る保育士のピンチヒッターや、パートタイマーとして働く方法があります。

限られた時間や期間だけ保育士として働くのが、「臨時保育士」です。
臨時保育士は、働ける時間がたとえ短くても、保育現場で子どもたちのために注ぐことができます。

しかし、正規雇用の保育士と比べると、同じような仕事をしていても給与や待遇に差を感じて、不満やストレスになることもあります。
気持ちよく働くためにも、メリットとデメリットを理解したうえで、臨時保育士という働き方のよさを活かしたいものです。

今回は、働く時間の少ない保育士こそひとつの働き方として活用したい、臨時保育士をご紹介します。

臨時保育士って、どういう保育士?

臨時保育士とは、正規雇用の保育士が出産や病気などで休むときに、臨時職員としてその園で働く保育士です。
正規雇用の保育士を「常勤保育士」と呼ぶことがありますが、これに対して臨時保育士を「非常勤保育士」とい呼ぶことがあります。

保育園の運営元が公立か私立かを問わず、多くの保育士たちが臨時保育士として活躍しています。
なかでも、一部の市区町村が運営している公立の保育施設では、臨時保育士が不足がちで、その需要が高い地域もあります。

必要な資格

臨時職員ではありますが、正規雇用の保育士と同様に、保育士免許が必要になります。
また、働く場所が認定こども園であれば、保育士免許にくわえて幼稚園教諭免許が必要になります。

また、神奈川県や大阪府など一部の地域では、地域限定保育士という制度があります。
これはその地域限定で保育士免許があるとみなされるため、臨時保育士で働く場合にも活用することができます。

働ける地域

基本的には、募集のあった園で働くことになります。
ただし、公立の臨時保育士の場合、その地域にある保育施設で働くことになるため、希望する園に配属されるとは限りません。

地域限定保育士は、その試験に合格した地域でのみ、臨時保育士として働くことができます。

仕事の内容

臨時保育士は、正規雇用の保育士のサポートに回ることが少なくありません。
子どもたちの活動の補助や個人記録の記入など、担任や主任の指示に従って動きます。

なかでも、多くの臨時保育士が受け持っている業務のひとつに、延長保育や夜間保育など、通常の運営時間外の保育があります。
正規雇用の保育士だけでは人手を補いきれない早朝や夕方以降などに、臨時保育士が入ることで保護者のニーズに応えることができます。

ピンポイントで人手不足を補うために入る臨時保育士は、早朝や夕方以降だけのパートタイマーとして働くケースが多くなります。
保育士として短時間だけ働くことができるため、育児中やダブルワーカーの保育士が活躍しています。

また、正規雇用の保育士が出産や病気などで休む代わりに入る臨時保育士は、クラス担任を任されるケースも少なくありません。
休みに入る保育士と同じ動きを期待されるため、ある程度現場経験のあるベテランの保育士が活躍しています。

クラス担任を任される臨時保育士は、正規雇用の保育士と同じ勤務時間帯で、数か月に限ってフルタイムで働くことになります。

給与や待遇

正規雇用の保育士とは異なり、臨時保育士の給料は時給で換算されて支払われることになります。

一般的な時給の相場としては、都市部で時給1,200円前後、地方で時給1,000円前後です。
他の業種のアルバイトやパートタイムと比較すると、時給が高めに設定されていますが、専門職という視点でみるとやや物足りない印象もあります。

その代わり、残業が発生した場合も時給で換算されるため、残業代は支払われるケースが少なくありません。
夜間保育を実施している園の一部では、夜間手当が時給に上乗せされて換算されるところもあります。

夏季休暇や年末年始休暇は、取れる園と取れない園があるようです。
有給休暇は、フルタイムで半年以上働くケースなどで、取得できることがあります。

ただ、健康保険や年金などは、自分で支払うことになるケースも少なくありません。
正規雇用の保育士と比較して、待遇面で同等といえる園はあまり多くないため、臨時保育士として働く場合のデメリットともいえます。

臨時保育士は、正規雇用の保育士の手が届きにくいところを補います。ただ、仕事内容が同じでも、給与や待遇が恵まれているとは言い難いカモ…。

臨時保育士のメリットを活かす方法

臨時保育士として働くメリットは、短い時間や短い期間に限って働けることです。
そのため、保育士としてのキャリアアップやワークライフバランス実現のために、臨時保育士という働き方を有効活用する方法があります。

育児中で働ける時間の少ない保育士

出産や育児は、自らの人生を豊かにするだけでなく、かけがえのない保育の経験となります。
一方で、育児には手がかかるため、保育士として働くためのまとまった時間を確保するのが難しいことも珍しくありません。

フルタイムで働くことは難しくても、父親の育児参加や家族の協力などで短時間であれば働く時間を確保できることがあります。
そのような場合に、臨時保育士として短時間だけ働くという方法があります。

パートタイマーで働く場合、シフト制で出勤日や出勤時間を決めている園が少なくありません。
そのため、育児のための時間を確保しやすく、同時にその経験を保育現場に活かすことができます。

資格取得のために勉強したい保育士

保育士としてのキャリアアップのために、自分がやってみたい保育を学ぶために、民間資格を取得する保育士が増えてきました。
しかし、正規雇用の保育士としてフルタイムで働きながら、資格取得に向けて勉強を進めるのは、時間的にも体力的にも難しいことがあります。

そこで、資格を取得するまでの間、臨時保育士として働く時間をある程度セーブしつつ、勉強時間を確保する方法があります。

他の仕事とダブルワークで働きたい保育士

保育士の中には、なにか目的があって他の仕事に就いている人も少なくありません。
希望する園への求職活動、資格取得のための実務経験、とにかくお金を稼ぎたいなど、その目的は多種多様といえます。

しかし、他の仕事をしていても、保育現場で大好きな子どもたちに接したいという保育士はとても多いです。
そこで活用したいのが、臨時保育士として正規雇用の保育士が補いにくい時間帯に働く方法です。

早朝保育や夜間保育は、保護者のニーズが高い一方で、それを担える保育士が不足しています。
他の仕事との時間が重ならないように配慮して、臨時保育士として短時間だけ働く方法もオススメです。

また、平日は他の仕事をして、休日に臨時保育士として休日保育をする働き方もあります。
こちらが働ける時間帯と園側のニーズがマッチングすれば、多種多様な働き方を実現させることもできるはずです。

臨時保育士は、短時間・短期間働きたい保育士に向いています。上手に活用することで、少ない時間を保育士として活躍できる大きなチャンスにできるカモ!

臨時保育士が、保育士としての働き方を変える!

臨時保育士は、臨時職員として正規雇用の保育士のサポートに回ったり、長期休暇の保育士に代わって担任を受け持ったりする働き方です。
給与や待遇面で冷遇されることが多いため、臨時保育士だけで生計を立てようと考えると、不平不満になることも少なくありません。

とはいえ、保育士として短時間だけ、短期間だけ働くという臨時保育士の働き方は、私たちの人生の幅を広げるチャンスになるのです。
育児中や勉強中など、働ける時間が少ない保育士こそ、臨時保育士としてやりたいことと保育の仕事を両立を目指しましょう。

園の立場から考えても、多様な保護者のニーズに応えるために、ピンポイントで人材を補える臨時保育士への期待と需要が高まっています。
一方で、臨時保育士は「都合よく使いやすい人材」にもなりがちなので、働く前に園側に働きたい曜日や時間帯をしっかりと伝えることが大切です。

曜日や時間帯など、細かい希望に沿った園を探したいときには、臨時保育士の求人情報に詳しい保育士転職エージェントを活用する方法がオススメです。
臨時保育士のメリットを最大限に活かしながら、あなたが理想とするワークライフバランスを実現させてみませんか?