1. ホーム
  2. 派遣の職種
  3. ≫派遣社員を受け入れる外資系企業はある?求められる経験やスキルについて

派遣社員を受け入れる外資系企業はある?求められる経験やスキルについて

外資系企業で向いている人と向いていない人の違いについて解説

派遣社員の就業先は様々な業界や業種に及んでいます。その中で、派遣社員があこがれる業界の1つに外資系企業が挙げられるでしょう。

外資系企業で働きたいという希望があっても、「派遣社員を受け入れる外資系企業はあるのか?」「受け入れてくれるとして、どのような経験やスキルがあれば良いのか?」と疑問をもつ方もいます。

派遣社員に限らず、「外資系企業は社員に求めるスキルがシビアな分、成果を正当に評価してくれるので、やりがいをもって働けるのでは?」と期待をもつ方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、外資系企業の求人を通して求人の多い職種や、必要とされる経験やスキルは何か?また派遣社員の中でも、外資系企業に向いている人と向いていない人の違いについてご紹介します。

日本国内には、多くの外資系企業が進出しています。外資系企業の業種はメーカー・会計事務所・弁護士事務所・貿易・金融・製薬・生命保険会社など多岐に渡ります。

業種の違いはありますが、共通点はオフィスワーク中心の職種ということです。

マニュアル作成や読解力を求められる職種

経済規模の大きな日本では、輸出入による物の流れは休むことなく、大量に行われます。国内・海外を問わず、生産したものを輸出した国の方に安心して使っていただくためには、分かりやすいマニュアルがあると便利です。

マニュアルを添付する業種と言えば、メーカー・製薬会社などを思い浮かべる方もいるでしょう。外資系企業は細心の注意を払い、マニュアルを添付しないと訴訟問題に発展することさえあります。

メーカー・製薬会社などでは、派遣社員は主に海外製品のマニュアルの日本語訳、または輸出製品の外国語への翻訳を任されます。語学力を活かした、メール連絡や電話応対をすることもあります。

専門的知識も求められる職種

派遣社員が語学力だけでなく、業界特有の知識も求められる職種があります。

弁護士事務所

海外の訴訟案件を取り扱う弁護士事務所では、語学力だけでなく弁護士事務所での実務経験を優遇することもあります。弁護士が海外出張する際は、派遣社員は語学力を活かし、航空券や宿泊予約のサポートを行います。

金融関係

派遣社員は海外への送金業務、語学力を活かした電話・メールでの連絡対応を行います。アセットマネジメント(投資用資産を投資家に代わり運用する業務)や証券オペレーションの経験者は優遇されることが多いようです。

国際会計事務所

国際会計事務所では語学力を使ったクライアントとの電話・メール連絡や、クライアント向け提案書や報告の作成を行います。会計専用ソフトの経験者の求人が多いようです。

外資系企業では、派遣社員は語学力だけでなく業界特有の知識を求められることが多いカモ。

派遣社員の中で外資系企業に向いている方と、向いていない方の違いとは?

外資系企業では、外国人の社員と働くこともあります。言葉の違いだけでなく、文化や習慣も違います。外資系企業でうまくやっていける派遣社員には、いくつかの特徴があるようです。

この章では、外資系企業に向いている派遣社員と、そうでない方の特徴についてお話しします。

積極性をアピールできるかどうか

外資系企業では、自分自身の意見や達成した成果を積極的にアピールできるかが鍵になります。「自分を売り込める」派遣社員は派遣先に認められますが、消極的な方は存在感が薄くなります。

外資系企業の仕事のやり方に順応できるかどうか

日本の一般的な企業では、社員にいくつもの部署を経験させることが多いです。また、どの部署に属するのか曖昧な仕事があっても、話し合いや暗黙の了解で決めてしまう事が少なくありません。

一方、外資系企業では仕事は分業化されているため、社員それぞれが専門性のある仕事をします。派遣社員としても自分自身の役割を明確に知り、与えられた役割をやり抜く意思を持てるかが重要になります。

外資系企業では、派遣社員は与えられた仕事の成果を積極的にアピールし、仕事のやり方に順応できるかが大事カモ。