1. ホーム
  2. 派遣社員の働き方
  3. ≫派遣社員から抜け出せない!正社員へステップアップする方法とは?

派遣社員から抜け出せない!正社員へステップアップする方法とは?

Pocket

派遣社員から抜け出せない人の特徴を知って正社員を目指そう!

自分の資格や経験を活かして仕事を選べる派遣社員。プライベートを優先した働き方ができるのも派遣社員の魅力です。

一方で、収入や将来が不安定な雇用形態であることから、「今は派遣社員として働いているけど、いつかは正社員として働きたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

「派遣で頑張っていれば、いずれは正社員に登用してもらえるかも?!」と期待して一生懸命働いている方もいますよね。

今回は「派遣社員から正社員への登用」についてみていきたいと思います。

正社員に登用される人とされない人・・・。どんな違いがあるのか知って対策を考えれば、正社員も夢ではないカモ!

頑張れば、派遣から正社員になれる?

結論から言うと、派遣社員から正社員を目指すことは決して不可能なことではありません。実際に、派遣で仕事を始めて、その後正社員に登用されて仕事を続けている方もいらっしゃいます。

慣れ親しんだ職場環境で、正社員として継続して働けるなんて理想的ですよね。しかし、その可能性はあまり高くないのが現実です。

では「将来正社員になるために日々努力している、実績を残している」という派遣社員でも、なかなか正社員への声がかからないのはなぜなのでしょうか?

その背景には、多くの企業が「人件費削減」のために派遣社員を採用しているという事情があります。

「優秀な人材を正社員より安い人件費で使える」ことが、企業にとって派遣社員を採用する最大のメリットですよね。

ですから、仕事ができて優秀で、かつ人件費が安くてすむ派遣社員を、わざわざ正社員に登用する理由が企業側にはないのです。

紹介予定派遣を利用すれば、正社員になれることもある?

「紹介予定派遣」とは、企業に直接雇用されることを前提に、一定期間派遣社員として就業する制度で、派遣期間終了後、本人と派遣先企業双方の合意があれば、派遣先企業から直接雇用されるというものです。

仕事の内容や職場の雰囲気が自分に合うか、実際に働きながら確認できるので、この制度を経て正社員になることができれば理想的ですよね。

しかし、残念なことに、「紹介予定派遣」を利用すれば必ず正社員になれるというわけではありません。

評価次第で正社員になれない可能性も十分にありますし、たとえ直接雇用となってもそれが正社員であるとは限らないのです。(契約社員やパート・アルバイトとして直接雇用になる場合もあります)

「紹介予定派遣」でも正社員になれないなんて、正社員への道は厳しい~カモ! どんな人材が正社員に選ばれるのか、詳しく知りたいカモ!

企業が正社員にしたいと思える人材とは?

ここまで、「派遣から正社員に登用されるのは難しい」という現実を見てきました。ですが、そんな逆境の中でも、実際に派遣から正社員になって働いている人がいますよね。

彼らに共通する「企業が求める人材の特徴」とは何なのでしょうか。

自社の社員として育てたい、成長してもらいたいと思える人材

企業は社員に、「成長して経営や業績に貢献すること」を期待しています。膨大な費用と時間をかけて社員を教育するのはそのためです。

逆に「仕事をこなす」ことだけで考えると、教育費の要らない「派遣社員」で十分ですよね。このことから成長の見込みがあったり、育てれば企業の役に立つと思える人材であれば正社員として登用される可能性が出てくることが分かります。

人間的に優れた人材

「仕事に対する姿勢」が前向きで、「コミュニケーション能力」が優れている人が社内にいると、周りにもいい影響を与えますよね。

「社員の士気を高めたい!」「社内の活性化を図りたい!」と考える企業にとっては非常に魅力的な人材となります。

「派遣にしておくのはもったいない。契約期間が終わっても是非勤めてもらいたい」という理由で、正社員への声がかかるかもしれません。

社員にする価値がある人材

「契約期間」のある派遣社員と違い、正社員を解雇するのは非常に難しいものです。

例え、本人の仕事の能力に問題があっても、業績不振で人員を削減する必要が出てきても、簡単に解雇することはできませんし、もし解雇するとしても社会通念上相当な理由と複雑な手続きが必要となります。

これらを考えた上で、それでも企業側にとって「社員にする価値がある」と判断されるような魅力的な強み(スキルや能力など)を持った人材であれば正社員に登用される確率が上がります。

正社員になれない人の特徴

ここからは、逆に、どんな人材が正社員になれないのか、その特徴をみていきましょう。

コミュニケーション能力が低い
人の話を聞かない、会話ができない、職場に馴染めないなど、コミュニケーション能力に問題があると良好な人間関係は築けませんよね。いくら仕事ができても、それでは派遣社員のままです。

勤務態度が悪い
欠勤や遅刻・早退が多い、挨拶ができない、横柄な態度、やる気が見られないなど、派遣社員でもNGです。

待遇に対する要望が多い

給与や休暇などの待遇に対する希望や要望が細か過ぎたり多過ぎたりすると、「正社員として採用するのはちょっと・・・」と煙たがられることも。労働者として自分の意見を主張することは大切ですが、妥協点も用意しておき、柔軟に対応することが大切です。

仕事に対して向上心がない

「どうせ派遣だから」という気持ちが強いと、仕事も手を抜きがちになり、周囲に一生懸命さが伝わりません。正社員を目指す派遣社員としては、ありえない態度です。

責任感がないことからミスも多くなりますよね。結果として、企業の評価も下がり、正社員になれる可能性はなくなります。

社会人としての常識に欠ける
社会人として常識的な言葉遣いができない、挨拶ができない、時間にルーズ、清潔感がないなど。

どれも納得の理由ばかり。正社員になれるかどうか以前の問題カモ。

社会人としてのルールを守って、仕事に前向きに、一生懸命働くことが一番大切なのカモ!

まとめ

派遣から正社員へ登用される可能性は確かに低いことが分かりました。でも逆に言えば、「正社員に登用してくれる可能性はゼロではない」ということですよね!

社会人として身につけておくべきマナーを守り、一生懸命に真面目に仕事に取り組んでいれば、企業がその能力や努力を評価してくれることだってあるのです。

今現在自分がいる環境で、前向きに頑張ることは決して無駄にはなりません。努力して得たスキルや経験は絶対に次につながるはずです。

正社員を目指して真摯に仕事に取り組むことが、新しい自分の可能性を見つけるきっかけになるかもしれません。

「どうせ正社員にはなれないし・・・」と諦めてしまうのはオススメできません。

派遣と並行して「正社員としての就職活動を行う」「資格取得の勉強をしてスキルアップに努める」「派遣会社を変えてみる」など、次のチャレンジを始めてみるのもいいかもしれませんよ!

Pocket