1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫派遣に人気のゲームのバグチェックとは?仕事内容・給料等についてご紹介!

派遣に人気のゲームのバグチェックとは?仕事内容・給料等についてご紹介!

Pocket

あこがれのゲーム業界で趣味を活かしていち早くゲームを体験できる

電車の中や休憩時間にスマホでゲームをする方は多いでしょう。複数のゲームアプリをダウンロードする方や、次から次へとゲームアプリを入れ替える方もいます。そのためゲーム業界は、利用者のニーズに応じてゲームアプリを開発し続けています。以上の点をふまえると、近年スマホゲーム業界は非常に需要が高まっています。

さらに好きなことを仕事にしたいという観点から、派遣社員の職種のひとつに「ゲームハッカー」があげられています。ゲームデバッカーは、ゲームアプリの開発段階で考えられるさまざまな操作状況でのバグなどがないかをチェックする仕事です。好きなゲームをしながら収入を得られるため、ゲーム好きな派遣社員に人気の職種です。

今回は派遣社員が活躍できる、ゲームデバッカーの給料・やりがい・大変さについてご紹介します。

ゲームデバッカーの仕事内容と給料について

派遣社員が携わるゲームデバッカーという職種は、ゲームアプリの利用者が快適に使えるよう、事前に「バグ」という誤作動や不具合を見つける仕事です。これはオフィスワークですが、接客業務ではないため服装が自由な職場がほとんどでしょう。そのため気軽なスタイルで就業できるのが人気の理由の1つになっています。

地道な作業のため根気が必要となる

ゲームデバッカーは、地道な作業の繰り返しのため根気が必要です。まずゲーム操作をしながら、様々な場面でバグが発生しないかを確認します。

 
「登場人物のセリフに誤字脱字がないか?」
「スマホなどを操作しながら画面のズレや不自然な動きがないか?」
「どんな操作をした時に、どんなバグが発生するか?」

など

また「ゲームで使用するアイテムがどの程度の確率で出現するか?」といった統計を取る作業もこなします。作業内容を就業先の社員に報告する必要があるため、基本的なコミュニケーション能力・パソコンスキル・ビジネスマナーが求められます。

ゲームデバッカーの給料について

ゲームデバッカーという職種は週3日程度からの求人が一般的です。そのため派遣社員の方が、ライフスタイルに合わせて働きやすいと言えます。また研修制度が充実している就業先が多いため、未経験からでも働きやすい職種です。

勤務時間は、ゲームをしながらバグなどを発見する際にどうしても時間が必要となるため、1日の労働時間は8時間前後が多くなっています。

東京では時給1,000円程度の求人が多いです。1日7時間、1ヶ月22日勤務の場合、月収15万円程度です。また大阪では時給900円程度の求人が多いです。1日7時間、1ヶ月22日勤務の場合、月収14万円程度です。

ゲームデバッカーという職種を選んだ派遣社員は、好きなゲームをしながら収入を得られるのでいいカモ。

やりがいと大変さを感じながら黙々と仕事に打ち込む

ゲームデバッカーは、就業先の社員に報告する時以外、画面を見ながらの作業になります。バグがいつ発生するか分からないため集中力が必要です。ただし常に緊張の連続では体力や精神的が持たないので、ガムを噛むことやコーヒーを飲みながらの作業を認める就業先が多いようです。

たくさんのゲームアプリ利用者に喜んでもらえる仕事ができる

 
ゲームデバッカーとして働く派遣社員の方は、ゲームアプリの開発チームに加わるため、いち早くゲームを見ることができます。ゲームには様々な種類がありますが、派遣社員自身が好きな種類のゲームだと喜びはさらに増します。

派遣社員の方が開発に携わったゲームアプリが製品化され、一般の利用者の方が楽しそうにプレーしているところを見ると大きなやりがいを感じることでしょう。

単純な作業を長時間続けるのがつらく感じることがある

 
ゲームデバッカーは、必要な時以外会話はしないので人間関係のわずらわしさはあまりありません。しかしゲームを操作してバグが発生しないかを確認するには、あらゆる操作を試験しなければならず、試験回数はかなり多いためマンネリとの闘いになります。

またゲームデバッカーは開発チームの一員のため、守秘義務があります。開発中はもちろん、製品化され販売されるようになってからもゲームの技術などに関する秘密を外部に漏らすことはできません。

ゲームアプリ開発をする派遣社員はやりがいと大変さを感じながら収入を得られていいカモ

ものづくりの現場で仕事の達成感を得ることができる

開発している製品を世に出すには、利用者の気持ちに寄り添う必要があります。「バグが発生しないか?」「操作していてストレスを感じないか?」など、利用者の利便性を重視します。そのためには決められた確認作業をコツコツと積み重ねるしかありません。

同じ作業を何度も繰り返すのは大変です。しかし、その苦労がゲームアプリという製品として実を結び、派遣社員自身が収入と達成感を得ることができます。派遣社員の方は、ゲームアプリを楽しむ利用者の笑顔を思い浮かべながら仕事をして下さい。

派遣社員はゲームデバッカーとして、ものづくりの喜びを感じることができていいカモ

Pocket