1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫派遣という働き方が選ばれる理由は?収入確保や私生活を優先できる!

派遣という働き方が選ばれる理由は?収入確保や私生活を優先できる!

Pocket

家庭の事情等のある方や減少した収入を補いたい方が派遣を目指そう

生活を送る際には、何かと出費が嵩むものです。そのため収入が多ければ多いほど毎月の支払が楽になり、貯金もしやすくなります。そこで収入を安定させ仕事中心の生活を送るには、正社員を目指すのがおすすめです。

しかし育児や介護など、家庭事情を抱えている方や収入を得ながら資格取得の時間を確保したい方など、必ずしも正社員として働ける方ばかりではありません。

また正社員は「期間の定めがない雇用」のため安定していますが、残業代やボーナスカットなどで収入が減少してしまい、生活苦になる方もいます。そのため正社員でありながら、空いた時間で派遣社員として働く方が増えています。

今回の記事では、派遣社員として働くメリットについてご紹介します。

ライフスタイルや資格取得の時間を確保しながら働ける

1日の多くを仕事だけに費やすことができる方は、多くないでしょう。実際、ほとんどの方がなんらかの事情を抱えています。また将来を見据えて資格取得の時間確保に重きを置きながら働きたい方もいます。

そこで派遣会社は派遣社員に短期間~中長期の仕事だけでなく、拘束時間の短い仕事など様々な働き方を提供します。何らかの事情や目的をもった方には、派遣社員という働き方がおすすめでしょう。

家庭の事情を優先しながら働きやすい

家族の面倒を見ながら正社員として、フルタイムで勤務をするのは体力的・精神的に難しい場合もあるでしょう。また家庭の事情により時間の制約もあるため、こうした理由から正社員として勤務するのは厳しい状況にあります。

しかし以下のように、考える方は多くいるでしょう。

 
「休日や空いている時間が不定期だけど働きたい」
「いつ休めるかなかなか予定が立てられないが、時間があれば働きたい」

 

上記のような場合の方にこそ、派遣社員として勤めるのがおすすめだと言えるでしょう。

自宅で介護をしている人の場合

 
そこで多くの派遣社員は、家族の介護や面倒をみながら、働いています。ホームヘルパーや身内の方に介護を交代してもらう時間帯しか働けないため、通勤時間や勤務時間が短ければ都合が良いのです。派遣会社はピッキング作業などを始め、1日3時間程度しか働けない方も求めています。少しでも働いて家計を楽にしたい方にとって、派遣社員という働き方はピッタリです。

子どもの面倒を見ている人の場合

 
一方、子供の面倒をみている方は、家族の介護をしている方より比較的まとまった時間で働きやすいです。子供は週に5~6日程度、保育園や学校に通います。保育園の場合、延長保育の時間を含めると1日10時間程度子供を預けることができます。小学校の場合、小学3年生ぐらいまでは学童保育などを利用することもできます。

もちろん朝晩の家事があるため、実際に働ける時間は短くなりますが、派遣会社はオフィスワークを始め家庭の事情を抱える方が安心して働ける職種を多く紹介してくれます。

資格を取得したい方は勉強時間を確保しやすい

正社員の方の労働時間は就業規則で決められています。しかし現実には正社員に対し、繁忙期や欠員補充のために残業を求める会社があります。残業が増えることは、自分の時間が減ることを意味しています。残業代を支給される間は収入が増えますが、仕事の中心の生活になり資格取得など将来を見据えた活動がしにくくなります。

派遣社員は就業先から残業を求められることもありますが、残業するかどうかは自分で選択することができるので、自分の時間を有意義に確保することができますね。

家庭の事情や資格取得を優先したい方には、派遣社員の方が働きやすいカモ。

年収減のため、仕事をかけもちする正社員が増えている

従来は、正社員と言うと年功序列が一般的で、勤務年数に比例して年収が増える仕組みでした。しかし現代は残業代やボーナスカットなどの理由で、年収が減少した正社員の方が少なくありません。そこで会社の業績が悪化した場合、会社の経営者がまず考えることは「賃金カット」です。減少した年収を補うには、自分の働く会社以外で収入を得る必要があります。

派遣会社の中には「週末だけ」「1日だけ」の求人を多数紹介するところがあります。土日祝など空いた時間のない正社員にマッチした求人のため、平日は正社員、土日祝は派遣社員として働く方が増えています。

年収の減った正社員は派遣の仕事をかけもちして年収をアップさせることができるカモ。

働きたい時間に働けるのが派遣社員の魅力

以前は正社員以外の働き方と言うと、アルバイトやパートが主流でした。アルバイトやパートは特定の就業先でしか働けず、就業先の社員の方が組んだ勤務表を下に働きます。

働ける日時を伝えて自分の都合の良い時間だけ働くことも可能ですが、毎月のように繰り返すと他の勤務者から不満が出かねません。また介護や育児をしていると急に休まなくてはならない場合もあります。その度に休み希望を伝えるのは抵抗を持つ方もいるでしょう。

派遣会社は自社のポータルサイトで様々な求人を掲載しており、前日や当日に仕事の予約を入れることも可能です。時間を見つけて働きたい方にとって、派遣社員はピッタリな立場と言えるでしょう。

派遣社員は空いた時間を有効活用して働けるのでいいカモ

Pocket