1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫女性派遣社員が結婚しにくい訳とは?経済的・時間的な事情が影響する

女性派遣社員が結婚しにくい訳とは?経済的・時間的な事情が影響する

Pocket

正社員の方が結婚相手として互いに認めあえる環境が整いやすい

派遣社員として働く女性の中で、結婚情報誌の宣伝を見かけた方は多いでしょう。結婚情報誌には、結婚するためにクリアしなければならない経済面やライフスタイルに関わるいくつもの条件が書かれています。そもそも女性が男性に求める結婚相手としての条件があるのと同様に、男性も女性に条件を求めています。

終身雇用や年功序列で働くことが困難になった現代では、男性の中には女性の経済力を重視する方も少なくありません。まず一般的に正社員より派遣社員の方が雇用は不安定です。しかしX派遣社員の女性が正社員ではなく、派遣社員の道を選ぶのは何らかの事情を抱えているからでしょう。その派遣社員の女性の抱える事情が結婚への壁になっています。

今回は、なぜ派遣社員が抱える事情が結婚への妨げになっているのか、結婚を現実的なものにするにはどのように行動すれば良いかについてご紹介します。

収入や私生活の時間に余裕をもって働けるかが鍵になる

女性の派遣社員にとって、結婚前も結婚後もクリアしなければならないことが多くあります。まず、男性と出会うきっかけが必要です。

しかし、せっかく出会えても互いを「将来の伴侶」と認めあうことができなければ、結婚にはたどり着けないでしょう。男性が女性を選ぶ際にいくつもの条件がありますが、その中で女性の経済力が大きなウエイトを占めるようになってきました。

長時間・かけもち労働のため収入と私生活のバランスが取れない

女性の派遣社員の中には、ある程度の収入を確保する必要がある方もいるでしょう。時給が高ければ長時間労働をする必要がないため、私生活が充実します。逆に時給が低ければ長時間労働やかけもちの仕事をするなど、家と就業先の往復だけの生活になりかねません。

女性の派遣社員は高いスキルを身につけることで働き手としての付加価値を生み、結果的に高い時給で働くことを可能にします。一般的に正社員は派遣社員に比べ、収入だけでなく社会保険など福利厚生の面で充実しています。

女性の派遣社員にとって、収入と私生活のバランスが取れる正社員の道を目指すことで、余裕が生まれやすくなります。

収入を増やさないと男性から結婚相手として見てもらえないこともある

単に男性と出会うだけであれば、時間的余裕さえあれば可能です。しかし結婚相手となると話は別です。女性が男性を見るのと同じように、男性も女性を見ています。

結婚する夫婦にとって結婚はゴールではなくスタートです。夫婦だけで暮らすのであれば、互いの収入が多くなくても生活はできるでしょう。しかし、子供が生まれるなどライフスタイルが変化するにつれて、ますます多くの世帯収入が必要となります。

現代は「格差社会」と言われています。正社員の男性でも「自分一人で生活するだけならともかく、結婚後の生活を考えると自分の収入だけでやっていけるのか?」と不安に思う方が少なくありません。そのため、女性の収入に期待する男性が多いのが現状です。

派遣社員の女性は、高いスキルを身につけ収入をアップさせることで結婚相手として見てもらえるカモ

家庭の事情のため、派遣を選んだ女性にも結婚は狭き門

派遣社員として働く女性の中には、資格やスキルがあっても家庭の事情のためフルタイムで働くことのできない方が多くいます。女性が抱える家庭の事情として代表的なものが「子育て」と「家族の介護」です。いずれも働ける時間に限りがあります。

シングルマザーは子育ての合間しか働けない

 
シングルマザーの方で、子供を親兄弟に預けることができるならフルタイムで働けるでしょう。しかしその助けを借りることができなければ、子供が保育園や学校にいる時間帯しか働くことができません。そのためどうしても収入が低くなり、子供と生活するだけで精一杯の生活になります。子供が大きくなるまでシングルマザーとして生きていく女性が多い一因になっています。

夜勤で働けると深夜手当もつき高収入が得られます。しかし、夜間保育は料金がかかるため、相殺するとあまり手元にお金が残らないこともあります。

家族の介護をする方は、体力的・精神的負担が大きい

 
家族の介護をしている女性の派遣社員の方も、身内の方や介護ヘルパーに介護を交替してもらう時間帯しか働くことができません。介護は体力的にも精神的にも負担が大きいため、自宅から近く体力をあまり必要としない就業先を選びがちです。

働ける時間が短いと思うような収入を得ることができません。仕事と介護以外のことを考える余裕がなく、どうしても結婚に消極的になります。

家庭の事情を優先するため派遣社員になった女性は結婚について考える余裕がないカモ。

経済的・時間的な問題が結婚の障壁になる

派遣社員の女性の方に経済的・時間的な問題があると、結婚は現実的ではないカモ。

結婚には大きなライフスタイルの変化が伴います。収入面の問題だけでなく、シングルマザーの方であれば男性に子供との生活を受け入れてもらう必要があります。また、家族の介護をする方にとっては、介護の負担を自分以外の方に分担してもらわなければなりません。

これらの問題があるからこそ、派遣社員の女性の中には結婚に踏み切れない方が多くいます。結婚準備・結婚後の生活には多くのお金が必要です。終身雇用・年功序列で働ける男性が少なくなった現代では、結婚には女性の収入が大きなウエイトを占めています。

派遣社員の女性の方が抱える問題は一朝一夕では解決できません。「自分の人生で婚期は訪れるのか?」と頭をよぎった方は、まず自分自身の置かれている環境を見つめ直すことから始めて下さい。

Pocket