1. ホーム
  2. アルバイトにまつわる基礎知識
  3. ≫ストーカー行為をしてくるお客さんの対処方法について/女性のバイト先での悩み

ストーカー行為をしてくるお客さんの対処方法について/女性のバイト先での悩み

働くシフトを熟知していて必ず現れるストーカーまがいのお客さんの対応方法についてお話します。

女性ならではのバイトの悩みとして、お客さんがストーカーになって自分がバイト先に毎度毎度お店に現れるなんてことがたまにありますよね。

どこで私のシフトを調べたのだろう、バイト仲間に私のシフトをリークした子がいるのではないか、なんて疑ったりしてしまいます。

また、お店の中で完結する話ならまだいいのですが、私がバイトを終わって家に帰る途中に家までつけていた、学校の近くに現れた。

朝出勤したら家の前にいたなど、恐ろしい話をあげたらキリがありません。私の友人にそういう子も何人か知っています。

では、どう対処すればいいのでしょうか。ここでは、ストーカー対策の方法とともに、自分の情報についてどうやって守っていくのか、ということについてお話をしたいと思うカモ!

ストーカーを事前に防止しよう

まずは、なぜストーカーのお客さんを産んでしまうか、についてお話をしたいと思います。大前提として、ストーカー行為をする人間は歪んでいます。

自己愛が強い、完璧主義者、損をすることを嫌うなどの特徴があります。そういう傾向のある人にあなたの情報を必要以上教えてはいけないということを最初にお話ししたいと思います。

「一方で、そんなこと見極められない」という方が大半だと思います。そういう場合、基本的には自身のプライベートな情報を話してはいけません。

あなたの学校、あなたのフルネーム、スケジュールに至るまでそうです。今のご時世、SNSが流行っていることから、いくらでもあなたの情報にたどり着ける可能性はあるのです。十分気を付けるカモ。

2:ストーカーになったお客さんの対応方法
それでも、ストーカーのお客さんに自分の情報が洩れてしまい、お客さんが明らかなストーカー行為に及んできた場合は、以下の対応を取りましょう。

バイト先にストーカーとしてくるのみ。私生活には問題なし

これは本人の主観におまかせしますが、バイト先で明らかに自分のいる日をマークして来ている場合、以下の場合が考えられます。

  • バイト先の誰かがスケジュールをリークしている
  • お店に通う中で、何曜日にいるかというスケジュールを掴めている

おそらく大半は後者のケースが多いでしょう。そういう場合は意図的に時間や曜日などをうまくコントロールして、ストーカーのお客さんに自身のスケジュールを悟られないようにしましょう。

また状況に応じては、バイト先の責任者にその状況を伝えておきましょう。

この時点ではあくまでもバイト先にとどまっている程度なのでストーカーと認定するのは尚早だと思いますが、それでも自身のバイトの際、毎回毎回現れるのは決していい気がしないでしょうから早めに報告し、シフトをうまく調節してもらえるなど職場との協力関係を結んでおきましょう。

学校や自宅、帰宅途中に現れるなど私生活に現れてくる場合

この状況が複数回続くようであればストーカー確定です。必ず職場の責任者の方に相談しましょう。基本的にあなたが最初に動く必要はありません。

もしも、そのお客さんに何かしらの手を打つなら、職場の責任者等を通じてお話してもらうことが大事でしょう。

それでもエスカレートするならば当局に動いてもらうことも重要ですが、絶対にあなたが単独で動かないことです。その代わり、状況はつぶさに報告をすることが重要です。

ストーカーをされた場合、あなたは個人だと弱い立場になります。大事なのは、しっかり状況を報告し、できるだけ大きな組織としてストーカーと戦う体制づくり、そしてあなたはそのストーカーと接点を持たないようにすることが大事です。

実際、私の知り合いはお客さんからストーカー行為を受け、インターネットの掲示板に名前を出されたり、自宅まで追跡されたりしました。

そのとき、彼女は会社に報告し、最後は本社の法務部まで動かして法的な処理をもってストーカーのお客さんから彼女を守りました。

最悪の状況になればそれだけ周囲の協力が重要になってきます。そのためには、ストーカー対策として周囲に報告をすることが一番大事カモ。

まとめ

ストーカー問題は男性と女性がいる以上、必ずどこかで起きうる問題です。従って、重要なことはそのリスクをあらかじめ認識しておくことです。

そして、そのリスクを分かったうえでやるべきことは、あなたの情報を必要以上に公表しないことです。

そしてそれでもストーカー行為に遭遇してしまったときは、ちゃんと周りに相談することです。特に職場であるバイト先がきっかけで発生したストーカーについては、仕事にかかわる問題なので必ずバイト先の責任者に相談してください。

ストーカーはあなたが弱い立場であればエスカレートしますが、組織の問題として対処すれば、ストーカーは引かざるを得なくなります。

それでも引かない場合は最終手段として当局を周囲との相談のうえ動かすことになるでしょう。

ストーカー問題は決して一人で解決すべき問題ではありません。ストーカーをするお客さんを弱い立場に持っていくためにも「相談」を大事にしてほしいカモ。