1. ホーム
  2. アルバイトにまつわる基礎知識
  3. ≫バイトをするのが怖い,人と接することが怖い人の対処法

バイトをするのが怖い,人と接することが怖い人の対処法

人と接するのが怖いからバイトができない人に対しどうすればいいか説明します

アルバイトを経験したことのない人で、理由を聞いたら「人と接するのが怖い」という方がいます。かくいう私も最初はアルバイト募集の問い合わせ電話が怖くて1年間アルバイトをせずに生活をしていた経験があります。

でもそれではお金を稼ぐことができないし、それどころか暇ができるためお金を使うばかりの生活になってしまいます。

挙句の果てに、あなたが社会人になるとき、社会性が備わっていないことが理由で就職活動をできないまま、ニートとして生きていかなければならない、なんてことも想像できます。

ここではそんな悲しい人生を送らなくても良くするために、アルバイトをするのが怖い、人と接するのが怖いと思う方がどうやって克服すればよいか、その克服方法についてお話をしていくカモ。

行動を取りましょう

まず、あなたにやってほしいことがあります。それはどんな形でもいいので「行動」をしてください、ということです。一種の「荒治療」です。

でも、電話するのが怖いし、どうすれば行動ができるの?って思われる方がいるかもしれません。

確かに電話で話をすることって相手の顔が見えないため、どう接したらよいのかが難しく、実際に電話をしようとしても、発信ボタンを押せないまま押せない理由を作って何時間も過ごしてしまうことも容易に考え付きます。

実際に私もそんな経験があり、2週間ぐらい何もしませんでした。

しかし、今のコミュニケーションにおいて欠かせないのはインターネットです。今アルバイトの募集に応募する際、電話よりもアルバイトの募集サイトから応募するケースが多いはずです。

アルバイトの雇用側は、電話の対応で時間を使うよりも、アルバイトサイトから応募してもらったほうが、ほかの応募者も含めまとめて時間がかからずに対応が済むため、アルバイト募集サイト経由でのインターネット応募が多いのです。

インターネット応募だと、人とコミュニケーションをとらなくて済みます。勢いでワンクリックするだけでアルバイトの面接の機会を得ることができます。

そういった点で、最初の「行動」のハードルは電話での応募連絡よりインターネット応募のほうがハードルは低いでしょう。

まずは勇気を出してインターネットでワンクリックするところから始めてみてるのが良いカモ!

とにかく働いてみよう

そして、次に、とにかく働いてみる、ということをやってみてください。基本的によほど辛いことでない限り「慣れ」というものが発生します。

最初は、苦しいこともあると思いますが、仕事を進めていくことにあたり、つらいこと、この後の処理の予測がつきます。予測がつくということは、苦しいことにも想定に入れながら仕事を進めていくことができます。

メンタルに受ける衝撃は日々少なくなっていくはずです。そうやって、日々経験を重ねていくことで1つ1つ自分の課題をクリアしていくことができます。

その積み重ねがあなたの人に対する恐怖心を取り除いてくれるはずです。

ただし、そうやって仕事を経験する中で、やはり自身の危惧していた通り、コミュニケーションをとることに対する恐怖心がぬぐえない状況も当然ありうるかと思います。

また、職場環境によっては、更なるトラウマを産むことだってあります。

その場合は、コミュニケーションが苦手だと実体験をもって認識することが重要となります。

自身にとって、対人関係が苦手な場合は、それを踏まえて仕事を探すということが大事だということをわかることができるでしょう。また、同時に得意なこともわかるはずです。

コミュニケーションをとることだけが仕事ではありません。正確な作業を速くこなすことも重要な「才能」ですし、掃除が得意なことも立派な「才能」です。

実際経験したことで苦手なことと、得意だったことを認識しながら次のアルバイトを探すことが重要カモ。

まとめ

ここで認識してほしいということは「自分を知る」ということです。
人と接することが苦手だと感じている人は、人と接するということに「耐性」がないからです。でも、一度耐性がつけば案外何とかなります。

何とかなるか、ならないかは実際に経験しないとわかりません。逆に経験し、それでも無理だと思ったら、次どんな仕事をしようかと考えたときにそれを想定して仕事選びをすることができます。

特に皆さんに伝えたいことは、やってみないとわからないからやってみる。

それでもできない場合はそれを想定して次何をするのかを考えることが重要で、何もしていないなら何も得ることができないということです。

どんな理由であれ働いてお金を稼ぐ必要があります。

そのためにも自分に何ができるのかを見極めるためのチャレンジ、それを主体的におこなうことが大事カモ。