1. ホーム
  2. アルバイトにまつわる基礎知識
  3. ≫【保存版】アルバイトの電話応募!準備から電話をかけた時の会話例まで総まとめ!

【保存版】アルバイトの電話応募!準備から電話をかけた時の会話例まで総まとめ!

アルバイト応募の電話についてのhow-toを、初心者向けにまとめています。スムーズな問い合わせのヒントになるカモ!

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

電話の前に、準備をしておこう

「ここに応募しよう!」と、闇雲に受話器を取る前に…。エントリー先への問い合わせでテンパらないためにも、前もって準備を整えておく事をオススメします。

ぬかりない問い合わせには、ぬかりないスタンバイが必須!

たとえば、公開されている求人内容や募集要項から、確認をしておきたい事や疑問点 などがあればまとめておきましょう。

「応募の電話では、いつも緊張してしまう…」という方は多いでしょうが、あらかじめ準備を整えておく事で問い合わせのハードルは随分低くなるはずです。

問い合わせ前に準備しておきたいモノ・コト
  • 筆記用具、メモ用紙を準備する
  • 求人内容が記載された媒体(情報誌やサイトのページ)を手元に出しておく
  • 自分のスケジュールを確認しておく(面接の日時をスムーズに決められるよう)

電話する時間や場所に気をつけよう

当然ですが、アルバイトの応募問い合わせで電話を受ける採用担当の方も、普段は別のお仕事をしています。通常の業務に支障をきたさない配慮も忘れてはいけません。 また、電話をかける自分自身の状況も、問い合わせに適したシーンを選びましょう。「周りがうるさすぎて、通話内容が聞き取れない…!」といった状況にならないよう、双方にとって好都合な時間、場所で問い合わせをスタートさせてください。

忙しい時は相手も迷惑。避けた方がいい時間帯について…

まず、求人内容をよく読み、受付時間が指定されている場合は必ずそれを守りましょう。

もしも何も記載されていないときは、それぞれのお店が忙しいと想定される時間を避けてください。早すぎる・遅すぎるなどの問題がなければ、営業時間外もいいでしょう。

以下に、職場ごとの電話対応に適さない時間帯を紹介します。

  •  [飲食店]11:30~14:00、18:00~21:00
  •  [コンビニ]12:00~14:00、19時以降
  •  [一般企業]10:30前、12:00~13:00、17時以降

どこでもかけられることが落とし穴に!? 避けた方がいい場所について…

昨今では、携帯電話・スマホなどから応募の電話をするケースがほとんど。時や場所を選ばず通話ができる便利な道具ではありますが、アルバイトの応募というシーンでは通話を始める場所にも気を使いましょう。

基本的に電波が届きやすく、周りが静かである事が重要です。また、すぐにペンをとって落ち着いてメモができる十分なスペースも確保してください。以下に、問い合わせに適さない場所を紹介します。

  • 周辺が騒がしい場所
  • 携帯電話の場合は電波が乱れるところ
  • 通話NGの場所
  • 歩道

どんなやりとりになるの?会話の進め方と、つまづきポイント

準備も整い、いよいよ問い合わせスタートです。どのようなやりとりになるのか…、緊張しますよね。以下のモデルトークで、会話の進め方やつまずきポイントを紹介しますので、スムーズな応募のヒントにお役立てください。

お店の店員・面接担当役…アルバイトカモちゃん
応募者…働木タイオくん

基本的な会話例

◯◯(求人サイトや情報誌)を拝見してお電話しました。働木タイオと申します。お忙しいところ恐れ入りますが、ご担当者の方をお願いできますでしょうか

はい、私です。ご応募ありがとうございます。では、面接の日程を決めたいと思います。◯月◯日の、◯時はいかがでしょうか?

ありがとうございます。◯月◯日、◯時ですね。了解いたしました。当日は、どちらに伺えばよろしいでしょうか?

履歴書を持参して、場所はこのお店までお越しください。

はい。それでは当日、履歴書を持ってお店に伺います。よろしくお願い致します。ありがとうございました。失礼します。

電話応募で面接の約束をするときは基本的に上記のようなパターンになります。

ポイントを紹介すると、まずは最初の「ご担当者の方をお願いできますでしょうか」というセリフです。最初に電話に出た人が、アルバイトの採用を担当しているとは限りません。まず面接希望であることを伝え、必ず担当者に代わってもらいましょう。

次に、「◯月◯日、◯時ですね。了解いたしました」という部分も重要です。担当の方が口にした日時を復唱することで、お互いの聞き間違いを防ぎます。スムーズに復唱ができなかった場合は、問い合わせの最後に、「それでは、◯月◯日◯時に、履歴書をもってお店へ伺わせていただきます」と確認するのもいいでしょう。

さらに、電話の切り方にもマナーがあります。

「ありがとうございました、失礼します。」の後は、自分から切ってしまわないように配慮してください。必ず相手が通話を終えたことを確認してから、電話を切るようにしましょう。

担当者が不在だった!

せっかく勇気を出して電話をかけたのに、採用担当の方が不在というケースもあります。けれども、それほど珍しい事ではありません。落ち着いて何時頃であれば都合がいいのかを聞くようにしましょう。以下に紹介するセリフで乗り切れば大丈夫です。教えてもらった日時は必ず問い合わせ中に復唱&確認を行い、メモに残しておいてください。

わかりました。ではまた改めて連絡させていただきます。ご担当の方は、何時頃お戻りでしょうか?

指定された日の都合が悪い!

担当の方から指定された日時の都合が悪くても、慌てる事はありません。都合が悪い旨を正直に伝え、自分のスケジュールから希望の日時を提案してみましょう。ただし、ピンポイント過ぎるとお店側のスケジュール調整の手間を取らせてしまうおそれがあるので、午後なら大丈夫、〇日以外なら大丈夫というように、相手の都合に配慮した伝え方をすると好印象です。

申し訳ありません。あいにくその日は、予定があるので調整が難しいのですが、◯月△日の午後ではいかがでしょうか?

うっかりアイドルタイム(忙しい時間帯)にかけてしまい、今は対応できないと言われた!

前述したとおり、アルバイトの問い合わせ電話をする場合は、応募先の忙しい時間帯を避けるのがマナーです。しかし、アイドルタイム(忙しい時間帯)が想定しづらい場合や、予想が外れてしまうケースも十分考えられます。「忙しい時にかけてくるなんて、タイミングの悪い奴だと応募先からのイメージが悪くなってしまうのでは!?」と慌ててしまう気持ちもわかりますが、まずは一呼吸。「大変失礼いたしました」と謝罪をしたのちに、改めて電話する事を伝えましょう。

お忙しい時間に大変失礼いたしました。ではまた改めて連絡させていただきます。

相手の忙しさにもよりますが、余裕がありそうであれば「何時頃に改めればよろしいでしょうか」と時間を確認しておく事も重要です。

「忙しすぎて、それどころではない!」という様子がうかがえる場合は、無理に聞きたださず、一旦通話を終えましょう。

電話をかける前に、立ち止まってチェック!必ず確認すること

アルバイトの応募電話では、必ず以下のポイントを確認しておきましょう。

  • 面接の日時、場所
  • 担当者の名前
  • 面接の時に持って行くもの

これに加えて、応募内容についての疑問や確認しておきたいポイントなど、前もって準備していたリストをクリアできるスムーズな問い合わせを目指してください。

アルバイトの問い合わせでは、緊張や不安がつきもの。ですが、基本的なマナーや敬語を押さえておけば、決して怖いものではありません!