1. ホーム
  2. アルバイト求人サイトの活用法
  3. ≫アルバイト情報サイトを無料で利用できるのはなぜ?誰が報酬を支払っているの?

アルバイト情報サイトを無料で利用できるのはなぜ?誰が報酬を支払っているの?

アルバイト情報サイトの大半は求人情報を掲載している企業が支払っているから無料で使える!

free

膨大な量の求人情報を掲載し、誰でも簡単に応募できるアルバイト情報サイト。機能もしっかりとしていますし、新着求人情報も次々と更新され続けています。

そこで気になるのが「誰がお金を払っているの?」「どこで収入を得て運営しているの?」ということ。既に利用している方ならご存知だと思いますが、私たちユーザーは1銭も支払うことなく利用できています。

今回はアルバイト情報サイトが「なぜ無料で利用できるのか」について紹介していきます。

運営サイトの収益は企業側からの掲載料

結論を先に言えば「アルバイト情報サイトに報酬を支払っているのは企業側」です。だから私たちユーザーはお金を払わずとも、サイトが運営し続けられるわけですね。

アルバイトを探そうという私たちにはあまり関係の無い話ですが、細かく分けると3種類の支払い方式があります。

  • 掲載時に費用発生
  • 応募があり、採用時に費用発生
  • 両方

どの支払い方法であっても、私たちが直接関係するわけではないので、気にする必要はありません。しかし、こういったシステムだから無料で仕事選びができるようになっている…と知っておいて損はないかもしれませんね。

掲載料ってどれくらい?

企業がアルバイト情報サイトに支払う掲載料ですが、これは各サイトによってピンからキリまで。今回は一例としてマイナビバイトの1週間コースを紹介します。

2016-04-20_162516

上の表のとおり、利用するコース(掲載順位や原稿のボリュームなど)によっても値段が変わってくるのが分かります。一番高い、プレミアムランクの関東版では1週間で20万円。採用人数が1人であれば、20万円かけても人材が欲しい!という企業の意思がわかります。それはどういうことかというと、2パターン考えられるでしょう。

ネガティブなパターン

人が全然集まらないから高いプランを利用して、目立つ位置に募集広告を出す

ポジティブなパターン

企業が成長中だから募集広告に費用をかける余裕がある

目立つ所に広告が掲載されていた企業は、応募前に口コミなどをチェックしてみるといいカモ

高い掲載料を支払ってでもサイトを利用する理由は?

応募が増える!

「アルバイト情報サイトに掲載することで、たくさんの応募が得られる」は大きなポイント。バイト求人を出す店舗や企業側としては、少しでも良い人材を採用したい。そうなるとたくさんの応募者が集まってくれた方が、スキルや実力、実績に応じて人選しやすくなります。

ターゲットを絞りやすい

求人サイトは「初心者歓迎」「経験者歓迎」「学生・主婦OK」など採用ターゲットを絞り込みやすく掲載できます。そして、バイトを探す私たちにとっても検索の目安になるため、双方の仕事のミスマッチを最小限に抑えられます。

コンサルタントがサポート

「どんな風に掲載すれば応募が集まりやすいのか」「求める人材からエントリーしてもらうにはどうすれば良いか」など求人を出すノウハウをコンサルタントにサポートしてもらえるのも大きな魅力です。多くの店舗・企業は求人や採用のプロではありません。だからこそ専門家に頼れるアルバイト情報サイトを活用しています。

無料で使えるのはWin-Win-Winの証!

私たちは無料で求人情報を閲覧でき、応募できる。お店側は多少の費用がかかっても、より多くの人材が応募してきてほしい。

両者の要望を満たしているからこそ、アルバイト情報サイトを運営することができている…というわけですね。

無料で利用できる上に、採用が決まればお祝い金までくれるところもあるので、各アルバイト情報サイトの特徴をしっかりと掴み、メリットが大きいところを選びたいものです。