1. ホーム
  2. アルバイト求人サイトの活用法
  3. ≫アルバイト情報サイトの「エリアから探す、路線・駅から探す」の違いとそれぞれの特長

アルバイト情報サイトの「エリアから探す、路線・駅から探す」の違いとそれぞれの特長

エリアから探す、路線・駅から探すではどんな違いがある?使い方次第でバイト探しが大きく変わる!

area

アルバイト情報サイトでバイトを探す時、まず最初に目に留まるのが「エリアから探す」あるいは「路線・駅から探す」だと思います。

自分が通勤できる範囲内で理想的なバイト情報が見つかればそれに越したことはありませんよね。どれだけ時給が良く、待遇が良いバイトがあったとしても、片道2時間以上かかったりしては働き続けるのが大変です。

こういった事情もあって、多くの方は「まずは働くエリアを絞る」ところから始めると思います。また多くのアルバイト情報サイトもそのように推奨していますよね。

そこで今回は「エリアから探す」「路線・駅から探す」の違いについて、そしてそれぞれの特長について紹介していきます。

エリアから探す

最もスタンダードな検索条件のひとつになります。例えば市区町村の設定。自分が住んでいる地域のバイト情報を検索するのに最適な方法になります。

「このエリアなら通いやすい」「自宅の近く」など特定のエリアで働きたいと考えている方はこちらを選ぶのが良いと思います。

路線・駅から探す

普段自分が利用している路線や駅の近くにあるバイト求人情報を手軽に探したい時に便利な方法です。

「通勤や通学の途中にあるバイトを探したい」といったときに強力です。

もしかするとこれまでは候補に入っていなかったバイト先が見つかるチャンスも。

どのように使い分ける?

「エリアから探す」「路線・駅から探す」の使い分けについてですが、特に決められているわけではありません。いくつかポイントを挙げるなら以下の通りになります。

徒歩圏内、自転車圏内、車を持っている人

これに該当する方は「エリアから探す」をオススメします。学生さんに多いと思いますが、徒歩圏内や自転車圏内のバイト先を探している方だと特定のエリアから検索するのが最も有効です。

車を持っていて、通勤に自動車を使いたいと思っているなら「エリアから探す」でより広域な地域を検索してみると希望する条件にマッチしたバイトを見つけやすいかもしれません。

より多くの求人を候補に挙げたい

この検索方法の最大のメリットは「今まで知らなかったエリアのバイト情報を発掘できる可能性が高い」ということ。

これまでは「乗車駅」「降車駅」の2つしか利用していなかった人でも、路線・駅から検索をかければ「普段は降りない駅だけど魅力的なバイトがある!」といった発見があるかもしれません。

もちろん普段からバスや電車など公共機関を頻繁に利用している方は「路線・駅から探す」がオススメです。

それぞれの特長を使い分けて自分にベストなバイト先を見つけよう

どちらも勤務地に関する条件で、両者を同じように考えている方がほとんどだったのではないでしょうか。しかし、今回紹介した通りそれぞれに特長があり、メリットがあります。

理想的なのは両方の条件ごとにどんなバイト求人が出ているのかをチェックすること。色々な方法がある中、ベストな選択ができるように試してみるのも後悔のないバイト探しに繋がる大事なポイントです。