1. ホーム
  2. アルバイト業界研究
  3. ≫寝ているだけで高額報酬ってホント?危険はどう?治験バイトの気になるところ!

寝ているだけで高額報酬ってホント?危険はどう?治験バイトの気になるところ!

高額報酬で話題の治験バイトの内容・安全性などについて詳しくご紹介

chiken

最近TVや雑誌などでもよく取り上げられ、若者を中心に話題となっている「治験」。

短期で高額報酬が手に入るという事で注目されている仕事でもありますが、でも仕事内容が薬の臨床試験という事で「危険じゃないのか?」「高時給だし絶対怪しい…」と不安に思う人もかなり多いようです。

そこで今回は治験バイトで一体何をするのか?安全性やリスクはどうなっているのか?など皆さんが気になっている事を色々ご紹介していきたいと思います。

治験のアルバイト・ボランティアとは

まず、結論から言えば治験のアルバイトが理由で健康を害することはほとんどないといっても過言ではありません。

日常生活を行う上で交通事故や火事に遭遇するリスクのほうが高いです。ではなんでそんなにリスクが低いと言い切れるのでしょうか。

その理由として、薬が作られるまで様々な実験を行っており、あらゆる可能性を想定しながら開発が進められます。

しかも動物実験もしっかり終わった状態で治験を行います。

加えて、健康診断まで無料でうけることができ、あなたへの安全性を確認した上で少量の薬品を使って治験を実施することになります。

また、治験は病院で行うことになりますので、万が一の場合もすぐ治療をすることができます。

むしろ健康状態をしっかりチェックしないと治験が受けられません。そのため、今潜んでいる健康不安を見つけられます。

もしかしたら現在の健康状態をしっかり見てくれることからも治験を受けたほうが健康にいいのではないかと思ってしまいます。

さすがにそれは言い過ぎかもしれませんが、少なくとも過剰に不安にならなくても大丈夫です。興味のある方は、安心して治験のアルバイトにチャレンジしてもらいたいと思います。

1つの薬を誕生させるには実はとても長い研究開発機関が必要となり、その間様々なテストを繰り返し有効性や安全性などを確認していかなければなりません。

その最後の段階である”人”を対象としたテストに参加する事が治験バイトの仕事内容になります。

治験中行う事は、薬の投与・毎日の採血・食事&生活の時間管理などになってきますが、治験の臨床パターンは通院タイプ・入院タイプ・通院と入院の両方の混合タイプなどと色々。

自分の生活スタイルや好みに合わせて、好きな臨床パターンを選ぶ事ができます。通院の場合は5時間程度の拘束、入院になると数日~1ヵ月程度拘束される事もありますが、中には1泊2日で終了する短いものもあり。

報酬の相場は大体通院で1日1万、入院だと1日2万程度とかなり高額となっていて、その上交通費もしっかり支給。すべて最終日に現金でもらう事ができます。

試験中気になる症状が出ればすぐに医師に診てもらう事もできますし、治験は途中でやめる事も可能です。ちなみに治験に参加するためにはまず治験専用のサイトを探して、そこでの仮登録が必要。

応募が完了すると次は説明会に参加する事になり、治験の内容や安全制などについて詳しく説明され、納得で来たら最後に正式な登録となります。

そして登録するとネットから会員用ページに入れるようになるのでそこから参加したい治験に応募。その後健康診断を受けて合格をすれば、希望の治験に参加する事ができるようになります。

治験中の過ごし方ってどんな感じ?

何度もお話した通り、治験は他のアルバイトのように職場で働くという仕事ではないので、人と関わる機会といえば説明会や健康診断、そして治験中は医師や看護師と関わるなどその程度になるかもしれませんが。

入院となると複数人と数日間集団生活をする事になる可能性も十分あり得ます。長ければ1ヵ月程度一緒に入院する事もあるかもしれないので、なるべくコミュニケーションをとって仲良くなっておいた方がベスト。

治験という同じ環境で過ごしている仲間なので、そういったところから会話を広げていくと色々共感できる部分が見つかっていくかもしれませんよ。

また入院生活中は看護師の方にも注意。実は入院中の態度は看護師の皆さんに監視されていて、だらしない人の場合は治験センターに不利になるような情報を入れられてしまう事もあるんですよ。

なので入院中はだらけず真面目に生活する事が大切。それこそ周りの方と上手くコミュニケーションが取れていれば、集団生活ができる人だと評価をされて、今後いろんな治験を紹介してもらえるかもしれませんよ。

長い入院生活&治験をしていると心身ともに辛くなってくるかもしれませんが、周りにも気を使いながらしっかり生活をしていくようにしましょう。

治験にいきたいけど、応募のコツはある?

治験は他のアルバイトとは違うので、履歴書や面接は必要なし。先程説明した通り、治験サイトで仮登録をした後説明会に参加すればそれで正式登録完了となるのです。

ただし、説明会は面接と同じくらいの緊張感を持って臨むのがポイント。薬の臨床試験という大事な仕事を任せるわけですから、当然その人の態度や人間性は厳しくチェックされますよ。

またもう1つ注意が必要なのが、健康診断。参加したい治験に応募をすると電話がかかってきて、治験の詳しい内容や健康診断の日程などを伝えられるのですが、その時に健康診断までにこう過ごしてくださいという指示もいくつかされます。

酒・タバコ・カフェインの摂取・食事制限等、色々な制限が出てくるかもしれませんが、絶対合格したいのなら当日までこの指示をしっかり守って過ごすようにしましょう。

かなりの体調管理を要求されるので厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、健康的になれる事は間違いなしですし、定期的に健康診断を受けられるので病気などの心配も少なくなりますよ。

治験に行ったことのある人の意見が知りたい!~みんなの口コミ

サカモトさんの体験談

栄養ドリンク系のモニターをしたというサカモトさん。報酬は交通費のみだったそうですが、治験というものがどんな感じか知りたくて申し込んでみたそうです。

応募のきっかけ
インターネットで検索していてたまたま治験の募集を見つけて行ってみようと思ったのがきっかけです。本当はバイト感覚で謝礼のあるものに参加してみたいのですが、初めてでよくわからないので、一番簡単そうなものに参加しました。入院となると家族のこともあるので、まずは通院のものにしました。

よかったことは、新しい世界が広がったというか、知らなかったことを知るきっかけができたことです。治験はこんな風にするんだなとか、こうして新しいものが開発されるんだという実感がわきました。

メーカーの方のお話や、同じように治験に参加している方のお話も聞けてとても勉強になりました。後悔したことは、特にありません。今後はもっといろいろな治験に参加してみたいです。

リラ熊男さんの体験談

6ヶ月間、新種の抗うつ剤をためしていたという熊男さん…。そういうのも治験があるんですね。

応募のきっかけ
治験を受けようと思うって治験を受けたのではなく、ある大学附属病院に入院するときに、「ここは大学病院なので治験を受けることもあるかもしれませんけどいいですか」と言われました。

入院中にいいことなのかよくないことなのかしれませんが、いろいろな薬を試されました。今思えば、抗鬱剤1錠に精神安定剤1錠が基本なのに抗うつ剤を何錠も飲まされたりしていろいろ試されたのはよかったのかなと思います。

1回に何錠も飲まされたり、眠れないということで、脈拍が早くなるような睡眠剤を飲まされたときは、その薬はやめてもらいました。今は睡眠薬を飲まなくても眠れるので良かったなーと思います。治験でどうしても会わないなーと思うときは遠慮しないではっきりとやめてくださいと言った方がいいと思います。

夏樹さんの体験談

4泊5日を二回に渡って実施。総合して10日の入院期間があったという夏樹さんは、高コレステロール血症治療薬の治験を受けて、16万8000円の謝礼を受け取ったそうです。高額謝礼、本当にあるんですねぇ。

応募のきっかけ
治験を受けようと思ったきっかけは、少しでも生活費の足しになればと考えたからです。アルバイトの収入だけでは厳しい家計に大いに貢献してくれました。実際にしてみて良かったことは、若くて綺麗な看護師さんと知り合えたことかな(笑)。

入院期間中、とても楽しくおしゃべりできました。交友関係が広がるというのも利点です。だいたい同年代くらいの人達が集まっているので、気兼ねなく話すことが出来ます。

後悔したことは、採血の回数が異常に多く、腕が腫れたということです。事前に説明はされていたのですが、まさかあんなに多くの採血があるとは思いませんでした。それこそ試験薬を飲む日は一日に20回以上採血されます。地獄でしたよ。

使えるシャワーの台数が少なかったというのも不便でした。僕の参加した治験は45名の人間が参加していたのですが、それに対してシャワーはたったの3台のみだったので、殆ど奪い合いでしたよ。

まあ色々ありましたが、良い経験をさせてもらったという印象です。そしてやはり報酬額はかなり高いですよ。採血の回数とシャワーの不自由さえ目を瞑れば、割の良いバイトと言えます。

ミスズさんの体験談

シミ用クリームの治験をうけたというミスズさん。一ヶ月に一度の通院が4ヶ月間で合計5回の通院をしたのち、2万5千円の謝礼を受け取ったそうです。美容系の治験なら報酬は低めでも女性にとってはメリットがあると言えるのではいでしょうか。

応募のきっかけ
友人が化粧品中心の治験アルバイトをすでにやっていて、40代女性の治験参加者が足りないということで私に声をかけてくれたのがきっかけで初めて治験に参加することになりました。

薬の治験ではなく化粧品の治験なので身体に害が及ぶことはないという安心感があったので快諾しました。初めての体験だったのでどのようなところで治験を行うのかちょっと不安でしたが、行ったのはごく普通のクリニックのようなところで皮膚科医から皮膚の状態の診察を受けてあとは毎月シミの状態を確認したり顔面の写真を撮影したりといった内容でした。

一回のクリニック通院時にかかる時間は1時間ほどでしたので特に苦にもなりませんでした。こんなに簡単な内容でお小遣い稼ぎになったので参加して良かったと思っています。後悔したことは全くありません。

100%安全というのは市販薬でもあり得ない

最初にも言いましたが、薬の臨床試験と聞いて「危険」「怪しい」というイメージを持っていた方も多いかもしれません。しかし、治験は細心の注意の下で実施され保障やレクチャーも徹底しており、安全性の高い試験となっているんですよ。

しかも噂通り、本当に高額報酬。拘束時間はちょっと長いかもしれませんがそれでも十分すぎる高時給だし、治験に参加できなくても健康診断に行っただけでお金がもらえる事だってあるんです。

ただしお金がもらえるからと浮かれて仕事をするのは注意。安全性はしっかりしていても薬による副作用が100%ないとは言い切れませんし、体を使った試験だという事には間違いないので、リスクもきちんと覚悟しなければなりません。

治験をやってみたいと思っている方はまずしっかりと説明を聞き、ちゃんと納得した上で参加するようにしましょう。そして少しでも多くの新薬を世に出せるよう、真面目に治験に取り組んでいくようにしましょうね。

>>治験に参加する人はこちらをチェック!<<