1. ホーム
  2. アルバイト業界研究
  3. ≫大人気ファストフードのアルバイト事情とは?業務内容や面接対策!

大人気ファストフードのアルバイト事情とは?業務内容や面接対策!

求人数も多いファストフード。アルバイトとして働く場合にはどのような仕事をする?

fastfood

平均時給 平均年齢 男女比
890円 22歳 4:6

ハンバーガーショップをはじめ、チェーンのそば屋さん、牛丼屋さんなど私たちの生活に身近なファストフードのアルバイトは女性からも男性からも人気があります。どこで働くかによって忙しさは違いますが、バイトの人数が多くてシフトの融通が利きやすいところもあるため、予定が変わりやすい方でも働きやすいアルバイト先だといえるでしょう。

ひっきりなしにお客さんが来店するので慌ただしく働かなければならない職場が多いのですが、だからこそ丁寧でありながらスピードのある作業場身につき、他のアルバイト先に移った後もその時に身についた事が役に立ったという方も多いのが特徴です。ファストフードのアルバイトを検討しているという方のために、仕事内容や面接のコツなどについてご紹介します。

ファストフードのアルバイトとは

主な仕事内容は接客です。調理を担当することもありますが、女性の場合はカウンター業務が中心となり、男性の場合は調理が中心となるケースが多いでしょう。

オーダー取りのほか、精算や商品の袋詰めなども行います。ファストフード店は気軽に足を運びやすいため、気になっている店舗があれば実際に行き、そこで働いている人がどのような仕事を行っているのかをチェックしてみましょう。

平均時給は最低賃金からのスタートだったり地域によってバラつきがありますが、中にはアルバイトでも1,000円以上の時給がもらえるところもあります。ファストフード店の中には24時間営業所も多く、22時以降は時給もアップするため、効率よく稼ぎたいということであれば深夜から明け方の時間帯も検討してみましょう。

慌ただしい業務内容になりがちではあるものの、スムーズに商品を提供できた時のやりがいは非常に大きいです。慣れるまでには時間がかかってしまいますが、仕事をしっかり覚え、何でもこなせるようになると楽しさの方が強くなっていくでしょう。

労働時間は職場によって大きく違い、毎日2~3時間程度という方もいればかなり長時間連日のシフトを入れられているという方もいるため、このあたりは職場と相談する形になります。

人手が足りなくてアルバイトを雇った職場の場合、連日長時間勤務になることも珍しくないカモ。そのような職場は働きにくいことも想像できるため、面接前にお店の様子を見に行くのが賢明カモ!

アルバイト体験談

レナさんのお仕事体験談(女性/アルバイト歴2年)

バイトをはじめたきっかけ
人と話すのが苦手で、引っ込み思案な自分を変えたいという思いから一番接客的に大変そうなところだなと思い、ファーストフード店のアルバイトを選びました。また、職場が家からとても近く、歩いて通える距離だったからというのも理由の一つです。ファーストフード自体も大好きだったので、昼食のまかない的なものにもちょっと期待していました。

身に付いたスキル
元々対人関係が苦手で、人前で話す時もずっとおどおどしていたのですが、このバイトを始めてから、結構困ったお客さんの相手や嫌な同僚との付き合いを経るうちに、ちょっとやそっとのことじゃ動じなくなりました。人前で話したり説明したり、他人との交流の仕方といった対人関係のスキルを身につけるにはもってこいのバイトだと思います。また、、フライヤーの使い方やハンバーガーの作り方等は覚えられました。きっと同系統のファーストフード店で働きたい場合には役立つのではないでしょうか。

つらかったことや楽しかったこと
フライヤーで、フライドポテトやチキンなどの揚げ物を揚げる工程は、最初は面白かったですが、慣れてくるととにかく単調でつらいです。全身が油臭くなりますし、ファーストフード自体も苦手になりあまり食べられなくなってしまいました。クレームをつけてくるようなお客様も多くて、中にはいちゃもんじゃないか、と思うような出来事も多くありました。が、これはこれで結果的には、自分の弱いところを直すきっかけっとなったのでよかったです。精神的に自分が弱いと思っている人にはおすすめできるバイトなのだと思います。

これからアルバイトしようとしている人へのアドバイス
とにかく大変な仕事ではあるので、覚悟して挑んだほうがいいと思います。しかし、その分人間的に成長できる部分が大きいのでその後に確かに繋がる仕事です。仕事を覚えるのは大変ですが、工程をスマホに記録しておいて、移動時間や空き時間に見るようにすると、自然に身についてくるので、実践してみてください。声で音を記録しておくとより素早く頭に入ってくると思います。作る作業のほうは覚えてしまえば後は単純作業なので比較的ラクです。どうにか負けないように頑張ってください。応援してます。

アキラさんのお仕事体験談(男性/アルバイト歴1年)

バイトをはじめたきっかけ
学校が始まるまでの朝の時間帯を有効に使おうと思い、朝の短い時間帯だけ働くことが出来るファーストフード店を選びました。初めてのアルバイトだったので、有名で自分にもなじみのある店だったこともポイントでした。自分が休みたいときや、たくさん働けるときなど、臨機応変にスケジュールを組めることも良かったです。

身に付いたスキル
ファーストフードは連係プレーが重要なので、一緒に働いている人たちの様子をみながら自分の動きを考えられるようになりました。自分が失敗しても誰かがフォローしてくれる経験を通して、自分も周りの失敗をフォローできるように気を配るようになりました。 また、お客様が来ない隙間時間も多いので、テーブルを拭いたりゴミが落ちてないか点検したりなど、人に言われなくても自分の仕事を探して実行するようになりました。

つらかったことや楽しかったこと
テイクアウトのお客様に、うっかり品物を入れ忘れて渡してしまうミスは、自分だけでなく同僚にもよくもありました。その際のクレームは、カウンターに立っている自分に一番に来てしまうのが辛かったです。かなり怒っているお客様のときはとても怖かったですが、上司の方はすぐに助けてくれてくれるし、同僚も後で慰めたり労わってくれるので、とても有り難かったです。そして、そのような経験を通して上司や同僚と絆ができていくことが、やはり一番楽しかったことですね。

これからアルバイトしようとしている人へのアドバイス
ファーストフードでは、一緒に働く人たちと息を合わせることがとても大切です。働き始めてすぐの頃は、言われるがままの仕事しかできないかもしれません。失敗をしてしまい、同僚のフォローに頼るばかりになるかもしれません。しかし、みんな同じように初めは何もわからない所から始めて、経験を重ねていくうちにスムーズな動きができるようになってくるんです。まずは、言われた仕事を忠実にこなし、慣れてくれば自分が必要だと思った仕事を、上司や同僚と意思確認をしながら行うようにすれば、その店で必要とされる存在になっていけると思います。

ツバサさんのお仕事体験談(男性/アルバイト歴1年)

バイトをはじめたきっかけ
自分の家の近くにたまたま某ファーストフード店、M社がありました。コンビニでアルバイトしようかどうか迷ったのですが、自分的には忙しい方があっているし、家からファストフード店の方が近いのでファストフード店を選びました。

身に付いたスキル
とにかく要領の良さです。最初は掃除とかヘルプとか誰でも出来るような簡単な作業をおこなっていたのですがだんだんやっぱりわかるようになるんですね。どうすると早いのか時間がかかるものは何か優先順位は何かどうゆう工程でやれば一番早くなるのか、この4項目を毎日自分の反省として家に帰って必ずノートにとりどうすればよかったのかというところを研究したところ今でも他人からよく要領が良いという風に言われるようになり、これは当時ファストフード店で働いていた賜物だと思っています。

つらかったことや楽しかったこと
忙しい事が若干のストレスに感じました。忙しさというよりは忙しい事による上司のイライラが自分のイライラに繋がりますね。特にランチだと本当に忙しくなるのでミスが増えたりインカムでも怒鳴っている事がわかるとこちらもイライラしていて流石に辛い時もありました。楽しかった事と言えばそのスピード感がとっても楽しかったと感じます。日中大体忙しいし、手足を動かさないといけないので右手を動かしながら左足をこっちに動かすと次の商品が左手で取れやすいし同時に右手で作業が出来る、などもくもくと考えるのがとても楽しかったです。

これからアルバイトしようとしている人へのアドバイス
とにかく体と頭は鍛えられると思います。体はなんかあってもいつもあれだけ動いているから大丈夫だろうとちょっとやそっとの事じゃなんも気にしなくなります(笑)。さすがにロングで入っていると体は疲れますがその分体力が本当に上がったような気がします。友達も増えるし、コミュニティも増えるし、年配の方もいるかと思うので聞き上手にもなります!あと、普通に作業をやっても間に合わないくらいの忙しさなので優先順位を上げて何をすれば良いのか、何をしながら何が出来るのかなどブラッシュアップを続けると自分の能力もあがる気がします。

履歴書・面接のコツ

ファストフード店の中には面接最初に筆記試験を受けなければならないところもあります。そのお店で働いている知り合いがいればどのようなテストが行われるのか聞いてみましょう。飲食物を扱うお店ということもあり、清潔感というのはかなり厳しくチェックされます。しわだらけのシャツを着たり、ボサボサの頭で面接に向かわないように注意しましょう。

お店では基本的に制服が支給されますが、面接時の服装が与える印象というのは非常に大きいです。

また、ファストフード店の面接はお店がすいている時間帯に空いている席などで行われることが多いため、お客さんと同じ入口から入り、スタッフの方に声をかけて担当者を呼んでもらう形になります。お店に入った瞬間からもう面接は始まっているものと考え、言葉遣いにも注意しましょう。面接ではシフトの希望を聞かれるため、できるだけをお店の都合に合わせるというのも受かるためのポイントです。

仕事・職場になじむコツ

ファストフードのアルバイトでは覚えなければならないことがたくさんあります。そのため、初めのうちはできるだけ多めにシフトを入れてもらいましょう。なるべく長時間勤務した方が教える側としても一気に伝えられるため、ある程度仕事を覚えるまでは頻繁にシフトに入れてもらえないか相談すると好印象ですよ。

頻繁に職場に顔を出せばそれだけ必死に働いている人とコミュニケーションを取る機会にも繋がっていくため、自然と職場になじむことができます。わからない事があったら適当に聞き流すのではなくしっかり質問をする、こちらから確認を取るなどの基本的なことも重要です。習ったことを何度も聞き返すのは社会人としてのNGマナーです。忙しい時間に先輩の手を煩わせると、迷惑に思われることがあるため、しっかりメモをして忘れないようにしましょう。

忙しさの中にもやりがいを感じられるという声が多数!

ファストフード店からは多くの求人が出ています。そのため、求人情報を見つけること自体は難しくないでしょう。ただ、職場によって働きやすさや時給は全く違うので、気になる求人が見つかったら時給だけを重視して決めるのではなく、自分に向いているかどうかということも考えた方が良いです。

ファストフードのアルバイトについて調べるととにかく忙しい、大変という口コミが多く出てきますが、それと同じくやりがいがある、楽しいという打ち込みもたくさんあります。

接客と調理のどちらを担当することになったとしてもその他のアルバイトにも役立つ知識や経験が身につくため、初めてのアルバイトとしてもおすすめです。

>>ファストフード店のバイトをおススメのアルバイトサイトでチェック!