1. ホーム
  2. みんなのバイトコラム
  3. ≫自由時間を有効活用、大学生におすすめのアルバイト

自由時間を有効活用、大学生におすすめのアルバイト

大学生が選ぶと良いアルバイトを就活の話を交えてご紹介します

1a48c2c863725672d91068e144b3c804_s

高校生より、時間に余裕ができる大学生。そのほとんどは、小遣いや学費、生活費を稼ぐためにアルバイトをしているようです。高校生の時よりもできる仕事の数が増え、任せられる仕事も格段に増えていくことでしょう。では、大学生がアルバイト選びの際に気をつけておくべきことは何でしょうか。

勉強やサークル活動と両立できる仕事を選ぼう

大学の授業や研究活動アルバイトをする時間がほとんどないという方は、無理にアルバイトを始めるよりは、学業に専念した方がよさそうです。

従業員を雇う側も、できるだけ日数が多く、長時間働いてくれる人の方が来てくれてうれしいものです。週に1日、2時間しか働けない人よりは週3日6時間働ける人の方が歓迎されます。

本格的にアルバイトをしたい人はアルバイトの予定を優先できるようなライフスタイルを送ると良いでしょう。サークル活動や学業が忙しくて欠勤やシフト変更が多いと、職場の人に迷惑がかかるためです。

週に1日など、自分の都合に合わせて働けるアルバイトは探せば見つかるかもしれませんが、もしサークル活動や学業が忙しくて、アルバイトをする時間がほとんどない場合は、空いた日だけでできる単発のアルバイトがおすすめです。

派遣会社に登録して引っ越しや軽作業の単発の仕事を紹介してもらえます。現場が常に変わる環境は、その都度仕事を覚えるのが大変かもしれませんが、職場の人間関係に悩まされることはありませんね。

そして短期のアルバイトの一番の狙い時はゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇です。プールの監視員やイベントスタッフなど、自分の都合に合わせて働ける仕事が豊富にあります。

リゾートでのアルバイトも夏休みや冬休みに募集がたくさんかかるので、授業やサークル活動のない休みの時期にリゾートに行って短期間のアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。

大学生でもできる時給の良いアルバイトはコレ

時給が良くて大学生でも稼げる一押しのアルバイトは家庭教師や塾講師です。時給は1000円以上が当たり前ですし、受験勉強で得られた知識を活かせるので塾にとっても大学生のアルバイトは歓迎されます。

子ども達が塾を利用するのは学校が終わった後の夕方以降。同じく大学が終わった後の空いた時間に働きたい大学生の希望とマッチします。仕事自体は、教え子の成績が伸びた時にやりがいを感じられるし、教え子も教える側の講師もやる気が出てきます。

生徒に教えることで自分自身も受験勉強の時に覚えた知識を忘れていないので就活の際の入社試験やSPIの勉強に役に立ったという人もいます。

アルバイトの求人情報ではさまざまな塾・予備校で講師の募集があり、例えば塾の場合は個別指導または集団授業など選べるところもあれば、家庭教師なら勤務地を選べるところもあります。教員を目指している人や、自分も塾や家庭教師に教わった経験があるという方におすすめです。

自分の仕事に自信を持とう

就活を始めると、面接で「あなたは学生時代に何に力を入れてきましたか?」と高い確率で質問されます。アルバイトを一番頑張ったと答えるときはどのように頑張って、どのような成果を残し、何を感じたかなどの具体的なエピソードを求められます。

アルバイトをしている中で、印象に残ったことや、その時に感じたことなどをメモして残しておくとよりリアルな言葉で伝えられるでしょう。就活でアルバイトのことを話す機会がたくさんあるので、その時に何を伝えればいいのかを考えながら仕事に取り組みましょう。面接官の心をぐっとつかむようなエピソードがあれば尚良いですね。