1. ホーム
  2. アパレル業界情報
  3. ≫子供の成長を家族と共に刻む、子供服ブランド企業への転職とは?

子供の成長を家族と共に刻む、子供服ブランド企業への転職とは?

Pocket

やりがいはアパレル業界随一!家族の人生の節目に立ち会う子供服ブランド企業への転職とそれに必要なものとは?

子ども服ブランド

少子化が社会的問題となる中、そもそもの子供の数が減っていることから子供服業界は苦戦を強いられていると言わざるを得ない現況です。一家族あたりにおける子供の数が少なくなる一方で、その分子供に掛ける服飾代の単価が上がるのではという期待もありました。しかし単価よりも買い上げ数が利益に大きく影響していることは否めません。

今後も子供の数は減っていくという試算が出ている中で子供服ブランドには厳しい経営が続くと予測されます。ですが一般大人向けアパレルとはまた一味違ったやりがいを感じられるのが子供服ブランド企業です。お気に入りの一着に出会えた子供ならではの心躍る表情や感動を間近に感じることが出来ます。

また、ご家族からも深くニーズを聞き出すことで信頼関係が生まれ、長く通ってくれる顧客を得られるというやりがいもあります。

厳しい状況の中にあって服作り、接客、経営においても細部まで考え込まれた丁寧さが求められる子供服ブランド企業。そこで働くためには何が必要となるのか、また働くことで何を得ることが出来るのかをお話していきます。

子供服ブランドで働く人々とは

「子供服」と聞くと接客する相手は子供とその親と簡単に考えがちですが、一口に子供と言ってもその年齢層はかなり幅広いものです。

就学前の幼児と小学校中・高学年とでは考え方から喋り方まで何から何まで全く違います。男の子と女の子でも当然好みや思考は違います。子供の接客だけでも年齢や性別に合わせて対応しなければなりません。

特に小学生中学年以上の男の子は自分の好みをあまり他人に話したがらないということがあります。その場合は親や祖父母にニーズを聞き出さなければなりません。若い夫婦の場合もあるでしょうし、晩婚化の進む近年ではやや高齢の夫婦もいるでしょう。

祖父母に関しても同様です。老若男女、全ての年代性別に寄り添える高いコミュニケーション力を有した人材が子供服ブランド企業で活躍しているのです。

カモアパレルからminiアドバイス

最近は習い事で忙しい子供が多くて、お洋服を選ぶのに本人抜きでお母さんやおばあちゃんだけでお店に来ることも結構あるみたいだよ!実際に着る本人がいない中でニーズを引き出すのって本当に難しいよね。

それでもお客様に満足してもらって購入に繋げるには幅広いトーク術をもってじっくりヒアリングを行うしか他に道は無いんだ。常日頃から親世代やおばあちゃん世代が興味を持つような話題をリサーチしておこう!

商品以外の話題に花が咲いてそこからヒントを得られるカモ!?

子供服ブランドに転職するには

一般的なアパレル企業と同様に就職する際に必要とされる資格や経験は特にありません。ファッションが好きであることは当然ですが、加えて子供が好きなこと、人を喜ばせることが好きであると良いですね。

先にも書いたように、子供やその家族に支持を得る必要があるブランドなので接客においても親だけに接客をしていては購入には繋がりません。子供にもヒアリングをし、ニーズを引き出せるようなトークや姿勢が必要です。保育園や幼稚園での就労経験があり子供への応対が得意であると転職の際にアピール出来て有利でしょう。

また今後業界全体で厳しい経営になることが予測されることから、それを打開し乗り越えられるようなアイデアマンを企業は求めています。

前職(現職)で企画や営業、MDを経験しているとかなり転職には有利になります。採用試験の際は自身の具体的な数字を提示して実績をアピールしましょう。それを踏まえて応募先企業で自分がどのように活躍し利益に貢献出来るのかをプレゼンしていきましょう。

子供服ブランドに勤めている方の転職

一般のアパレル企業の求人に比べてその数が少ないことが子供服ブランドの特徴です。大手の子供服企業なら転職サイトでも検索しやすいでしょうが、中小や零細の企業の求人ともなると検索にかけてもヒットしないことが多いです。

そのことからも転職を考える際はアパレル企業専門の転職・求人サイトを利用しましょう。アパレル業界の中でもニッチである子供服ブランド企業では人材の動きが少なく、アパレル企業専門の求人サイトを利用しても見つけづらいことも考えられます。

常日頃から求人サイトをチェックし転職のためのアンテナを張り巡らせておきましょう。現在子供服ブランド企業にお勤めでパタンナーや縫製に携わっている方なら転職にはかなり有利です。

子供服は大人向けの服よりもパターンが小さく、生地の裁断や縫製が難しいことから、既に子供服作りの経験があることは企業にとって非常に魅力的です。

求人数は少ないでしょうがデザイナーも企業に新しい風を吹き込むとして重宝されます。ブランドのイメージを根本から変えることは難しいですが、子供服ではデザインよりも耐久性や着心地を重視する消費者も少なくありません。他の企業との差別化を図るために、多くの消費者の支持を得られる画期的なデザインを生み出すデザイナーを企業は求めています。

子供服ブランドのこそ真のサービス業

店舗での販売員に限らず子供服ブランド企業本社で働く社員においても必要とされることは「どのような服を、どんな子供が、どのような場所で、どのような気持ちで着るのか」ということを常に考えながら仕事に臨むということです。

一般のアパレル企業でも必要な思考ではありますが「誰かを想って作る」という心構えは子供服ブランドならではでしょう。

子供の成長はとても早く、誕生してから小学校に入学するまでのほんの数年間に七五三や幼稚園の入園といった特別な行事が凝縮されています。子供の人生の節目に着る服を家族と選ぶことで成長を共に祝い喜ぶことが出来るのは子供服ブランド企業の社員だけです。

丁寧な接客と経営をすることで顧客と強い絆で結ばれ家族と共に成長出来る子供服ブランド企業こそ「真のサービス業」と言えるでしょう。

信頼される仕事をしたい、沢山の家族を幸せにしたい、子供の笑顔が見られる仕事がしたいとお考えの方は是非子供服ブランド企業への転職を一考してみて下さい。

Pocket