1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫アパレルの仕事探しには転職エージェントが役立つ!

アパレルの仕事探しには転職エージェントが役立つ!

Pocket

転職サイトではアパレルの求人も豊富に揃う

アパレル転職エージェント

洋服やファッションに興味があり、アパレル業界への転職を希望している人は多いでしょう。

だたしアパレルといっても、実際には販売やデザイナー、パタンナーなど様々な職種があります。場合によって、専門的なスキルが必要になる職業です。

なんとなくアパレルの仕事に興味があるけど、実際にどんな仕事を希望すればいいのかがわからないという人も多いでしょう。

そういった方には転職エージェントを活用することをおすすめします。転職エージェントを上手に利用して、アパレル業界への転職を成功させましょう。

転職エージェントって何?

これまで転職カモの中でも何度か紹介してきましたが、転職エージェントは転職について全面的にバックアップしてくれる、あなたの強い味方です。

転職に関する疑問や不安についても相談できます。また転職エージェントは業界のリサーチを普段から積極的に行っているので、アパレル業界の情報についても豊富です。

近年のアパレル業界では全国展開を進めているお店が多く、求人を行っている店舗も多いです。

転職エージェントで転職の旬な情報を活用することで、あなたのアパレル業界への転職を成功させるために役立つでしょう。

転職エージェントに頼り過ぎは危険?

転職エージェントは活動のサポートしてくれるため、スムーズに行動できます。また面接の日程調整や対策、企業情報についてはもちろん、履歴書や職務経歴書の添削まで無料でやってくれるので使わない手はありません。

ただあまり頼りすぎてしまうと、逆に良い企業を逃してしまうこともあるので、注意が必要です。

転職エージェントは求人をだしている企業から依頼を受け、転職希望者を募集しています。そのため採用が決定しないと利益はでません。

するとエージェント側としては、内定が決まった企業に入社して欲しいと思っているはずです。

しかし、どんな転職希望者も1社だけではなく、いくつも企業を受けているでしょう。必ずしもそのエージェントから内定が出た企業に入社するわけではないのです。

転職エージェント頼りすぎてしまうと言葉巧みに誘導され、自分の希望から少しずれた企業に入社してしまう可能性もあります。

その点においてしっかりと頭の片隅に入れながら、満足のいく転職を成功させましょう。

アパレル業界への転職で役に立つスキルは何?

アパレル業界への転職活動は実際、はなかなか難しくて大変かもしれません。求人の数自体が少ないため、人気のあるブランドは応募が殺到する場合が多いのです。

そのため人気ブランドの場合は、求人を掲載するときに応募条件として「スキルがある人限定」とすることが多いのでしょう。

実際の求人では、語学のスキルなどが高く評価されます。近年では海外からの輸入を行っている企業も多いため、語学力が高ければ現地で商談などにも役に立ちます。

アパレル業界は特に人とのコニュニケーション能力を要求される職種なので、向き不向きがはっきりしているかもしれません。

もし、あなたが人と接することが好きな性格ならば、努力次第でステップアップできるアパレル業界はやりがいのある魅力的な職場です。

実際の転職に成功するために、転職エージェントの活用が役に立ちますので、ぜひ検討してみてくださいね。

アパレル業界の年収ってどれくらい?

どんな業界に転職しても、絶対に切り離すことが出来ないことのは「やりがいと年収」ですね。

やりがいの無い仕事を続けてても、いつしか再び「転職」という選択肢が頭に浮かんでくるでしょう。また年収があまりに低いと、日々の生活が苦しくなってしまいます。

この2つは転職において、非常に重要だと考えている人が多いでしょう。しかし、やりがいは経験を積んでいくうちに見出すこともあります。

一方で年収は業界によって、ずっと低いままということがあります。そのため転職前に年収状況について、事前に知っておきたいと考える人も多いです。それはアパレル業界でも同じでしょう。

ちなみにアパレル業界の平均年収は、約400万といわれています。全体の平均と比べると、少し低いのかも知れません。

夢ややりたいことも大切ですが、転職後の生活も忘れないようにしなければなりません。

1,000万も夢じゃ無いカモ?

高い年収が貰える業界というと、マスコミや金融、医療なんかを思い浮かべる人が多いと思います。しかし実はアパレル業界も平均こそ低めではありますが、企業によってはそれに近い年収を稼げるケースもあるのです。

例えば「五大陸」など、高級スーツで有名なオンワード、芸能人を使ったCMでおなじみのリクルートスーツのAOKIなど、カジュアルよりもビジネス寄りに展開していると、年収が高くなるようです。

例として挙げた2つの企業は、どちらも平均年収は700万以上となっているので、出世すれば1000万も夢ではないかも知れません。

さらに日本を代表するアパレルメーカーとなったユニクロは、企業資産でも世界トップクラスです。

以上をふまえたうえで、アパレル業界で成功したい人にとっては夢があるのではないでしょうか。

これは、どのような業界でもいえることですが、一部の大企業は不況に関係なく利益を挙げています。

まずは、あきらめずに仕事をしていれば、いずれチャンスにめぐり合えるかも知れません。

Pocket