1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫薬剤師転職の中でも珍しい職種の求人が多い、スズケンは要チェック!

薬剤師転職の中でも珍しい職種の求人が多い、スズケンは要チェック!

医薬品卸の管理薬剤師の求人が豊富!その他の職種もある!

2016-12-28_191402

 
スズケンは、愛知県に本社を置く、医療用医薬品卸業の会社です。事業領域を「健康創造」をいい、連結対象子会社と連携して、医療や健康に関する事業展開を行っています。そのため、スズケンの薬剤師転職の中心は、医薬品卸の管理薬剤師となります。

そして、医薬品卸の各営業所には、必ず管理薬剤師を配属させなければならないと、薬事法で決められています。スズケンの場合は、医薬品卸の管理薬剤師以外にも、企業薬剤師として活躍できる場があるので、医療現場以外の仕事を目指すなら、検討してみることをおすすめします。

また、転職にあたって給与や待遇、実際に勤務した薬剤師の評判についてもまとめておくので、きちんとチェックしてみましょう。薬剤師としての新たなキャリアが、発見できるかもしれません。

スズケンの特徴とは?

スズケンの中途採用の特徴としては、医薬品卸の管理薬剤師の求人が多いことがあげられます。スズケンの各営業所に配属された管理薬剤師は、社会倉庫におかれた医薬品の品質管理やDI業務(医薬品情報管理)、製品の納入時の管理方法や薬事法関連について、MRや社員に指導を行うなど、業務は多岐にわたります。

また、病院薬剤師や薬局薬剤師異常に医薬品の知識を持ち、医療機関や薬局からの問い合わせに対応することで、医療現場に貢献していく仕事です。実際に薬を使う患者さんと関わることはありませんが、医薬品を通して数多くの命と関わることのできる、やりがいのある仕事といえます。

さらに、本社に勤務してDI業務を選任する、MRやMSになる、治験を行うなど、さまざまな企業薬剤師が、スズケンで働いています。

スズケンの給与や待遇は?

スズケンに新卒で就職した薬剤師の多くは、それほど初任給が高くないと感じることが多いようですが、経験豊富な中途採用の場合は、その限りではありません。スズケンに勤務する薬剤師の年収の目安は、30代で500~600万円、40代で650~700万円、50代で750万円以上とされています。

転職後に勤続年数が長くなるにつれて、年収アップを狙うことはできます。昇給は年1回、賞与は年2回、通勤手当や住宅手当、家族手当、地域手当、資格手当がつきます。

また、各種社会保険への加入はもちろん、財形貯蓄制度や退職金制度、社員持株会制度、育児休暇制度、介護休職制度、借り上げ住宅制度など、福利厚生も充実しています。さらに、薬剤師陪乗責任保険や定期健康診断、海外視察なども用意されています。

スズケンに勤めた薬剤師の評判は?

実際にスズケンに勤務経験のある薬剤師の評判を聞いてみると、

  • 勤務時間内に業務が終わることが多く、残業はあまりない
  • 土日祝日は基本的に休みなので、お子さんがいる人は働きやすいと思う
  • 仕事を通じて、対人コミュニケーション能力や、医療用の医薬品・医療機器・医療材料の知識が増える

といった、働きやすさを実感する声が多いようです。

一方で、

  • 細かな研修制度がないので、前任者が作成したマニュアルやノートを参照して業務を行っている
  • 近年、大量の希望退職を募り、大幅なコストカットをはかったことから、安定性には不安がある

という声も、寄せられていました。薬剤師だけでなく、営業や企画、事務職など多職種と関わることも多いので、業務範囲が広がる面もあるのかもしれません。

医薬品卸の管理薬剤師以外の求人もある

スズケンでは、医薬品卸の管理薬剤師だけでなく、DI業務、MS、MR、治験担当など、企業薬剤師としていろいろな職種の中途採用を行っているので、キャリアアップを目指す人にはおすすめです。ですが、管理栄養士などの場合は、実務経験があることが条件になることがあるので、きちんと確認しましょう。

また、自己学習制度や選抜型研修、公募型研修、部門別スキルアップ、階層別研修など、スキルアップの機会も用意されています。また、転勤の可能性もあるので、その点を理解した上で、応募する必要があるでしょう。

とはいえ、ミスマッチのない転職を希望するなら、転職エージェントなどを介して、自分とスズケンのマッチングしてもらうほうがよいかもしれません。