1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫病院勤務薬剤師はやりがいの多い職種?転職者にとってもやりがいはある?

病院勤務薬剤師はやりがいの多い職種?転職者にとってもやりがいはある?

病院勤務薬剤師の主な仕事内容から、そのやりがいを具体的に解説!

病院勤務薬剤師は、仕事が多岐にわたり、薬剤師としての、専門的な知識やスキルが幅広く、求められる事もあって、新卒者の就業先としては最も人気があります。

労働条件は比較的厳しく収入も高くない傾向がある病院でどうしてそれほど人気が集まるのかというと

それは単にキャリアップとしての価値だけでなく病院という臨床の現場ならではのやりがいを感じる場面が多いからだと言われています。

そして新卒者ではなく、転職者であったらどうなのか。

その辺りは、まず病院勤務薬剤師の多岐にわたる仕事内容をよく理解して転職希望者にとっても、やりがいを感じるのか

そして、何より転職自体が可能なのか、ご自身のキャリア、現在の環境を考慮して、転職先検討の材料にしてください。

病院勤務薬剤師の仕事内容

調剤
病院勤務薬剤師は就業先以外の医療機関の調剤は行いません。勤務先に診療所はほとんどなく、中規模以上の病院になりますので、多くの診療科用の、幅広い分野の調剤をする事になります。

また、医師に対する疑義照会を行う事も少なくありませんので、実践的な臨床薬学が身につき、薬剤師として、必要な経験のほとんどを病院で積むことができます。

服薬指導
患者さんへの薬の服用の仕方、注意点などの指導をする事を言います。特に病院ならではなのが、入院患者への服薬指導です。

入院期間中は実際に患者さんの経過を観察した上での指導となりますので、内容の深い実践的な指導を経験できます。

調剤薬局では外来の患者だけで、実際に自宅で正しく服用しているかどうかわかりませんので、この点も病院勤務薬剤師ならではの、やりがいと言えるでしょう。

製剤

病院薬剤師ならではの仕事としては、製剤があります。製剤と調剤の違いは、患者さんの個人的な状態や特性を考慮して、有効性、副作用などを総合的に検討し、薬剤の調整する事です。

単に処方箋通りにする調剤とは違って、医療現場で直接、薬剤師の立場として携われることが、何より、やりがいを感じる部分といえるでしょう。

DI
DIとはDrug Information(医薬品情報)の略称の事で、医薬品に関する情報を収集し、必要に応じて、医師など他の医療従事者に対して、情報提供する事が仕事です。

ちょうど、製薬会社のMRの仕事に類似しています。ただし、MRは自社の製品の事しか、情報提供しないのが原則です。この点、DIは海外も含めて、病院で使用する各社の製品、全てが範疇になります。

医薬品は日進月歩なので、常に最新の情報を取得しておくという業務は大変、重要な仕事と言えます。

その為、薬剤師の専門的な知識が必要になりますので、病院勤務薬剤師ならではのやりがいを感じる仕事と言えるでしょう。

特に海外では危険な副作用の情報があるが、日本ではまだ、臨床使用例がない場合など医療事故を未然に防ぐ事が出来る可能性もあるでしょう。

チーム医療としてのやりがい

何より、入院患者に対しては、医師を中心に看護師、理学療法士、検査技師など、他の医療従事者と連携して、一つのチームとして、患者の治療に当たることになります。

これも、他の職種では経験できない、病院勤務薬剤師ならではのやりがいといえるでしょう。

病院勤務薬剤師は、仕事の内容が幅広く、多岐にわたる為、就業経験の浅い人にとっては、キャリアが積めることが何より大きなやりがいにつながると言えるカモ

特定の分野、診療科に特化した薬剤師となる道が開ける可能性がある

認定薬剤師という制度があります。薬剤師と違って、永久ライセンスではなく、数年単位で更新しなければなりませんが特定の分野で高い収入を得ることができ

より高い専門性を武器に転職にも有利に働きます。看護師にも認定看護師制度がありますが、類似の制度と言ってよいでしょう。

医師も、国家資格は一つだけしかありませんが、実際は各診療科別に専門が別れています。

それはあまりに医療の範囲が広すぎる事と専門診療科に特化、分化する事により効率的かつ、高品質の医療が実施出来るからです。

この趣旨をそのまま、薬剤師にも当てはめる事が認定薬剤師の制度です。ただし、病院に勤めていれば、それだけで、認定薬剤師の資格が得られるわけではありません。認定される種類で資格取得の条件は異なります。

あくまで、その道が開かれやすいだけです。ただし、取得後は、待遇の向上が期待出来ますから、職場によっては、転職せずにキャリアップが見込めます。

最後に、病院薬剤師への転職時のポイント

薬剤師としてのやりがいを求める場合、病院勤務は最適な職場といえるでしょう。

ただし、収入面では厳しい上に、多用な職種の人がいるので、人間関係が複雑になりがちですし、夜勤があるなど、労働条件もキツイ職場が多いのも事実です。

そこで、長く務めるつもりなら公営病院か、療養型の病院の薬剤師を狙う事がポイントです。公営の場合、定期昇給がありますし、療養型だと比較的、労働条件が緩いです。

またキャリアップに重点を置く場合も、国立病院なら大きな設備や様々な診療科がそろっているので最も適しているでしょう。

何より病院は今後も絶対に無くなりませんから、将来さらに再転職する事になっても困る事は少ないカモ