1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫薬剤師が年収アップを目指すには!どんな職種を選ぶべき?より良い働き方を実現させるためのノウハウ

薬剤師が年収アップを目指すには!どんな職種を選ぶべき?より良い働き方を実現させるためのノウハウ

薬剤師は働き方によって年収が大きく変わる!働きやすさを選ぶか、収入の高さを選ぶかを判断基準に職場を考える

薬剤師にも様々な職種があり、人それぞれ働き方があります。周りを見てみて、近所のドラッグストアで働く薬剤師、調剤薬局で勤務している薬剤師、病院に勤める薬剤師、製薬会社で働く薬剤師…と本当にたくさんの働き方があることに気づかされます。

そして同時に「他の働き方だとどれくらいの年収が期待できるんだろう?」「自分の年収は他の薬剤師と比べてどうなんだろう?」と気になるものです。

そこで今回は薬剤師の年収事情、年収アップを目指すためにできることを重点的に紹介していきます。

職種別の平均年収

一般的な薬剤師の就職先として次の4つが挙げられます。

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 病院
  • 企業

自分が周囲の薬剤師と比べて年収が高いのか、低いのかも意識しながら見てみてください。

調剤薬局

調剤薬局の初任給は地域や店舗によって大きく異なります。概ね月22万円~30万円程度の月収、初年度の年収が350万円~400万円前後だと言われています。

調剤薬局で働くことは年収以外の魅力も考慮したいところです。というのが、女性の薬剤師が活躍しやすい場であり、働きやすさや福利厚生などライフスタイルに合わせた勤務に柔軟に対応している店舗が多いからです。

育児や出産など、どうしても現場を離れなくてはならない、ブランクが生じてしまうこともあります。こういったケースにも対応しやすいのは調剤薬局の魅力であり、多くの薬剤師から選ばれている理由として覚えておきましょう。

薬局の規模の大きさによる年収の違いはさほど大きくありませんが、管理薬剤師と一般薬剤師を比較した場合は随分と開きがありますよね。

以上のことから、調剤薬局で年収アップを目指したい、より良い待遇を目指していきたい、と考えるのなら、規模にはとらわれず、管理薬剤師など役職クラスを目指していく方向で考えなくてはならないでしょう。

ドラッグストア

正社員の場合、初任給は25~35万円前後、年収にすると350~450万円くらいだとされます。店舗によってはさらに薬剤師手当がプラスされることも。

大手ドラッグストアのファイナンス情報を見ると、平均年収は420~830万円と随分とばらつきがあります。

ウェルシアホールディングス 831万円
ツルハホールディングス 784万円
サンドラッグ 519万円
コスモス薬品 421万円
スギホールディングス 693万円

※参照:四季報オンライン

年収アップを目指すなら、どの店舗に入社・転職するかも大きな鍵となりますが、それ以上に管理職に就けるか否か、も大きいですね。

薬剤師業界全体で見ると年収が高めになっている上に、正社員として活躍する以外にもパートやバイトの募集もかなり積極的に行われているので仕事を見つけやすい、自分のペースで働きたい人にとっても有力候補と言えそうです。

病院

病院での薬剤師は意外と給与が低めで、初任給で20~25万円程度、年収で300~350万円くらいだと言われています。

年収に関してはどの形態の病院を選ぶか…よりもいかに専門性を身につけられるか、管理職のポストに就けるかが大きなポイントになってきます。

やりがいの強さ、専門性の高さから病院勤務は人気ですが、人件費の関係で他職種と比べるとなかなか年収が上がりづらい部分が見えるようです。

ただ病院勤務によって培われた経験は後々転職するときに強みとなるケースも多く、キャリアアップの一環として検討するのも悪くない判断と言えるでしょう。

製薬会社

必ずしも薬剤師資格を持っている必要はありませんが、資格が活きるケース(開発・研究・臨床、MR、PVなどなど)が多いので需要は割と高めです。

企業によって大きく変わりますが、初任給で20~25万円程度、年収は300万~350万円程度だと言われています。

初任給自体はさほど高いわけではありません。ですが「生涯収入」で考えると高くなりやすいのがポイント。専門性の高いスキルが求められやすいため、年齢を重ね、管理職ポストに就ければ一気に年収が上がっていく傾向にあります。

国内の有名製薬会社のファイナンス情報から、大まかな平均年収を算出すると950万円前後。薬剤師の中でも特定分野に特化した人材になることで年収も爆発的に上がっていることが見て取れます。

詳しくは後述する「製薬会社・企業年収ランキング」を参考に、どの企業がどれくらいの年収に設定しているのかを確認してみてください。

初任給の金額だけで判断するのは間違い!

ここまで各業種の大まかな初任給、そして平均年収を紹介しました。お気づきのとおり、初任給の金額はさほど大きな違いはありません。しかしその後の年収にはかなりの開きが。

生涯収入を考えると、製薬会社やドラッグストアが大きいことが伺えます。

もちろんお金のためだけに働くわけではありません。やりがいだったり、人それぞれのライフスタイルに合う働き方を希望する方だってたくさんいらっしゃるでしょう。

自分がこの先どんな風に歩んで行きたいのか、薬剤師として活躍できるのか…大きな視野で考えたいものです。

薬剤師の職種別年収ランキング!稼げるのはどれ?

平均収入の視点で、各薬剤師職種の年収ランキングを見てみたいと思います。

勤務先 平均年収
調剤薬局 522.1万円
ドラッグストア 556.3万円
病院 490.8万円
企業 532万円

※参照:薬キャリ

薬剤師の就職先のスタンダードである「病院」と「調剤薬局」が意外にも下位にランクイン。そして上位2つが「ドラッグストア」「製薬企業」という順になりました。

製薬会社については一般企業と比較しても年収が高い業種になるので納得できる部分も大きいと思います。長くキャリアを積み、それに比例して年収がアップしやすい環境が整っているからです。

またキャリアやスキルによっては外資企業に転職するチャンスもあり、実現すればこれまでと比べ物にならない年収を得られる可能性も秘めています。

ドラッグストアは言うまでもなくニーズの高さの割に薬剤師が不足していることから相応の給料が得られている結果です。

また薬剤師としての働き以外にもドラッグストアならではの雑務や接客も込みで、幅広いスキルが求められるのも考慮したいところ。

調剤薬局については働き方次第。特に管理薬剤師といったポジションに就くことができれば年収が一気に高まります。また地方の薬剤師が絶対的に足りていない地域だと都市部以上の年収をあっさりと稼げるケースも珍しくありません。

最後に病院。なんとなく稼げるイメージを持っている人もいるかもしれませんが、病院内での薬剤師の立ち位置は優位なものとは言い難いものです。もちろん専門性を磨き、現場ごとにキャリア・スキルを積めるのは大きなメリットですし、やりがいも大きいでしょう。

ですが他職種と比べてしまうと報酬面で不満を抱くケースは決して珍しくはないのが現状です。

薬剤師企業年収ランキング!より年収の高い企業はどこだ?

次に薬剤師が活躍できる企業を年収ごとにランキング形式で紹介していきます。年収の参考は四季報オンライン(2017年時点)となります。

製薬会社ランキング

四季報オンラインの順位には多少変動が伴います。

1位:第一三共

大手国内製薬会社。循環器や感染症の薬が強く、がん治療薬にも注力しています。私たちの身近な薬品も多く販売。平均年収1,133万円、平均年齢43.4歳。

2位:大塚ホールディングス

ポカリスウェットでお馴染み。国内製薬会社大手で抗精神病薬が主力です。世界中に工場を持ち、機能性食品の拡大も視野に。平均年収1,078万円、平均年齢44.5歳。

3位:アステラス製薬

国内2位の実績を持つアステラス製薬は新薬に強い企業として有名です。泌尿器や移植分野に力を入れており、またアメリカ社買収から抗がん剤分野を育成中とのこと。平均年収1,073万円、平均年齢42.6歳。

4位:エーザイ

神経系や消化器系、さらに認知症薬や抗潰瘍薬なども世界規模に展開しています。また米MGI買収により、がん関連分野にも注力。平均年収1,038万円、平均年齢44.3歳。

5位:武田薬品工業

国内製薬首位である武田薬品工業。主にがん、中枢神経、消化器領域に重点を置いていることで知られています。平均年収は1,015万円。平均年齢は40.4歳。

医薬品卸会社ランキング

1位:メディパルホールディングス(メディセオ)

傘下に医薬品卸トップクラスのメディセオを持つメディパルホールディングス。大型物流の最大手として知られています。平均年収795万円、平均年齢は42.8歳。

2位:アルフレッサホールディングス

国内首位の医薬品卸で一般用の医薬品を企業買収で拡充しています。また医薬品等製造事業にも注力。平均年収684万円、平均年齢46.9歳。

3位:スズケン

大手医薬品卸でM&Aを含めて全国に拡大中。また子会社に糖尿病薬などの医薬品製造も持っています。平均年収683万円、平均年齢44.6歳。

治験支援会社ランキング

1位:シミックホールディングス

CROの先駆けであり業界トップクラス。医薬品の受託製造から長期収載品、希少疾病薬などにも手広く進出。平均年収834万円、平均年齢43.4歳。

2位:イーピーエス

CROの受託営業をメインに、医薬品販売支援も行っています。また国内だけでなく中国にも注力しています。平均年収814万円、平均年齢51.4歳。

3位:リニカル

急成長中のCROとして注目されています。がん、中枢神経、免疫系など臨床後期に特化しているのが他企業との差別化となります。平均年収659万円、平均年齢32.5歳。

ドラッグストアランキング

1位:ウェルシアHLD

ドラッグストアチェーン店の最高大手クラス。イオングループの子会社でもあります。調剤併設や24時間営業で他ドラッグストアとの大きな差別化を図っています。平均年収831万円、平均年齢56.0歳。

2位:マツキヨHLD

都市型に特化したドラッグストアチェーン店。中小チェーンの買収を繰り返したことで全国区エリアまで拡大しています。現在は関東を中心に展開中。平均年収734万円、平均年齢45.3歳。

3位:スギHLD

東海地方を中心に展開中のドラッグストア「スギ薬局」で有名。ディスカウント関連の商品も手広く取り扱っています。平均年収693万円、平均年齢38.8歳。

4位:ツルハHLD

ドラッグストア最大手の1つ。北海道から九州までほぼ全国を網羅。ツルハドラッグ以外にもレデイ薬局、福太郎などを傘下に持ちます。平均年収636万円、平均年齢44.1歳。

5位:ココカラファイン

関東の「セイジョー」と関西の「セガミ」などが統合し、2008年に誕生したドラッグストア大手です。平均年収630万円、平均年齢45.3歳。

6位:サンドラッグ

東京西部を地盤としたドラッグストア大手の1つ。ローコスト経営を徹底していることで有名。また西日本を中心にディスカウントストアも展開中です。平均年収519万円、平均年齢33.0歳。

7位:コスモス薬品

九州を中心に展開中の大手ドラッグストア。小商圏にも次々と店舗を展開する強気な姿勢も注目。徹底したディスカウントで顧客からの人気も高い。平均年収は427万円、平均年齢29.0歳。

※参照:四季報オンライン

薬剤師が収入アップを実現するためにはどうすれば良いのか?

薬剤師として年収をアップさせるためには具体的に何をすれば良いのか、どういったことを意識するべきなのかを各業種ごとに考えてみましょう。

また単純に年収、給料がアップすることだけを考えるのではなく、自身のライフスタイルに合わせた働き方ができるか、業務のバランスはきちんと取れているのか、将来性に期待できるのかなど総合的に考えることも大切です。

調剤薬局の場合

大手調剤薬局チェーンへの転職を検討する

調剤薬局で収入アップを目指す場合、マネジメント系の職に就くか、本社勤務を目指すか、といった選択肢が有力です。中小調剤薬局とは異なり、大手調剤薬局には実にさまざまなキャリアプランが用意されていて、いずれも年収アップが期待できるものばかり。

キャリアアップや給料アップを目指したい人は大手調剤薬局チェーンへの転職を検討し、その中で自分が成長できる道を探すのが最も手っ取り早い方法でしょう。

中小調剤薬局の管理薬剤師を目指す

今回の記事の中で何度も紹介しているように、管理薬剤師のポストに就くことができれば年収が大幅にアップします。平均以上の給与が期待できるため、仕事のやりがいもアップし、より働く楽しみが高まるかもしれません。

稼ぎとライフスタイルの両立なら派遣薬剤師も悪くない

ある程度しっかりと稼ぐことができ、かつ人間関係や面倒な雑務、残業などに追われることなく仕事に集中できる派遣薬剤師も候補の1つになります。

例えば都内近郊なら時給3000円クラスも珍しくありませんし、薬剤師が絶対的に不足している地方なら時給4000円オーバーも見付かるかもしれません。

ライフスタイル重視ならパートとして勤務することも視野に

特にママさん薬剤師に多いと思いますが、仕事よりも家庭に割く時間を多めにとりたい…例えば子供が急に体調崩してしまって仕事に出られないことがあるかもしれない!といった場合はパート勤務がオススメ。

もし可能なら大型調剤薬局を優先すると良いでしょう。単純に人数が多いこと、バックアップ体制が充実していることが理由です。また同じような境遇のパート薬剤師が多いのも心強いですよね。

ドラッグストアの場合

調剤併設ドラッグストアを選ぶと基本給が上がる

ドラッグストアには調剤併設店もあり、そちらを選ぶと基本給がアップするケースがほとんどです。手っ取り早く年収を上げたいなら検討してみましょう。

転職OKの条件ならさらに給料が上がる

転勤の有無を希望できるドラッグストアがほとんどですが、転職OKにすると給料が高くなる傾向にあります。特に全国転勤OKなら相応の年収アップが期待できます。

地方勤務は高賃金になりやすい

地方だと薬剤師が不足していることも珍しくなく、ドラッグストアからすれば多少給料が高くなっても手に入れたい人材です。全国転勤OK、地方勤務OKの人なら年収アップに近づけます。

店舗の忙しさやみなし残業の有無は必ず事前に確認を

なにかと忙しいドラッグストアの薬剤師。年棒にみなし産業として残業手当が含まれているケースも多いです。また店舗によって忙しさが随分と違うことも。これらは事前に確認できるものなので、後悔しないためにも必ず事前チェックを。

病院の場合

年収アップよりもスキルアップを重視

病院や診療所での年収アップは他業種と比べて大きく見込むのは難しいです。しかし一方で医療チームの一員として知識やスキルを磨くチャンスが多いのもまた事実。

今の年収アップよりも後々のキャリアアップ、年収アップに繋げる、という考え方をもった方が良いでしょう。

転職求人自体が少なめ!チャンスは逃さず

病院もそうなのですが、クリニックや診療所は特に転職求人が少ない傾向にあります。

そのため新たなフィールドで活躍したい、新しい知識を得たい、と転職を考えたときに良いタイミングで求人が見付かるとは限りません。もしも条件に合う求人を見つけたらできるだけ早く行動に移すようにしましょう。

企業の場合

医薬品卸で活躍することも視野に

医薬品卸会社は薬剤師の募集を積極的に行っています。管理薬剤師、DI業務など。年収自体はさほど高いわけではありませんが、土日祝日にきちんと休めるなど労働環境が良いことが多く、仕事とプライベートをきちんと両立させたい人には良い候補の1つとなってくれるでしょう。

最大の魅力は福利厚生?

年収の高い企業に転職するのはなかなかハードルが高いのですが、その人気の理由は年収が高いことだけではありません。福利厚生が充実している企業が圧倒的に多い点も見逃せません。

例えば薬剤師手当に加えて、住宅手当などを支給しているところもあります。産休や育休を徹底しているところもあるので、ある程度ブランクが空いても安心して復帰できるのも魅力的ですよね。

十分な経験とスキルがあるなら製薬会社にチャレンジ

国内製薬会社は特に平均年収が高く、転職できればかなりの高給が期待できます。ただし相応のスキルや実績を持つ人でなければかなり難しく、誰でも簡単にとは行きません。募集条件をしっかりと読み込み、採用される可能性があるかを見極めてみましょう。

年収アップにオススメの職種はどれ?

次に年収アップが見込めるオススメの職種をいくつか紹介します。

認定薬剤師

日本薬剤師研修センターや日病薬や日薬、集合・実習研修会実施機関として登録されている団体が行う研修を受け、一定の知識とスキルを身に付けた人を証明するものです。

認定薬剤師になれば、医療従事者や患者さんからの信頼が高められるだけでなく、時代に即した薬学的なアプローチができる人材である証明となります。

管理薬剤師

薬局や店舗、製造業など拠点ごとに設置が義務付けられている薬剤師の責任者になります。特に「管理薬剤師」という資格があるわけではないので、管理能力のある薬剤師なら誰でもアプローチ可能です。

ただ転職条件などを見てみると、実務経験が3年以上などある程度の経験や実績が求められるのも事実。しかもただ単純に薬剤師としての力量だけでなく、医療保険やその他の業務に関する知識や指導力も要求されます。

とはいえ管理薬剤師になれば大幅な年収アップが見込めるので狙う価値は十分あるでしょう。

かかりつけ薬剤師

患者さんの自宅に訪問して健康や薬に関する相談に乗るなど一人ひとりの処方薬や市販薬を正確に把握し、きちんと薬の効果が出ているか、副作用はないかなど継続的にチェックするお仕事です。

店舗によっては24時間対応の所もあり、多少忙しさはあるでしょうが、外出が難しい高齢者などの患者さんを薬剤師という視点からしっかりとサポートできるのは何よりもやりがいを感じられるはずです。

国としても今後はかかりつけ薬剤師を推進する方向で進めているようで、ニーズは高まる一方だと考えられます。早い段階でスキルや実績を身に付けておくと役に立つかもしれません。

薬剤師の年収アップにおすすめの転職サイトはこれだ!

ここまで薬剤師の年収に関する話を進めてきました。もちろん今働いている職場で給料アップの交渉をするのも良いでしょう。

ですがなかなか実現できないのは誰よりもあなた自身が感じていることではないでしょうか。

キャリアアップ、スキルアップ、年収アップを目指すなら転職を検討するのが一般的ですし、間違いのないことだと思います。

しかし転職となると不安に感じることがいくつも出てくるものです。例えば…

  • 希望する条件で転職することができるのか
  • 本当に年収はアップするのか
  • そもそも雇ってくれるところは見付かるのか
  • 転職先で上手くやっていけるのか

など挙げればキリがないほどです。そんな方にぜひ検討してみて欲しいのが転職サイトの存在。

転職サイトは早い話が、転職のプロフェッショナルであるコンサルタントがあなたの転職活動をサポートしてくれる、というサービスになります。

キャリアカウンセリングで転職の条件を明確にし、それに合わせてコンサルタントが求人情報をいくつか紹介してくれます。あとは転職したいと思えるところを選び、面接日を設定してもらって面接に挑むだけ。

もちろん履歴書や職務経歴書、面接対策もバッチリ受けられます。

薬キャリ(エムスリーキャリア)


薬剤師専門の転職支援サービス「薬キャリ」は完全無料で利用できる安心と実績の転職サイトです。過去に登録した薬剤師の数No.1、コンサルタントの満足度95%、安心と実績の医療業界専門エムスリーグループが運営しているなど申し分無しのスペックとなっています。

薬キャリは専任のコンサルタントが非公開求人の中から満足のいく求人情報を提案。そのため基本的に年収アップが見込めるものだと考えて間違いありません。

もちろん年収アップのためだけでなく、契約社員、派遣、パートの取り扱いもあるので、家庭と仕事を両立させたいから転職を希望する…といったニーズにもきちんと応えてくれます。

働きやすく高収入が見込める派遣薬剤師のお仕事を考えている方も薬キャリに相談してみることを強くオススメします。

 

マイナビ薬剤師

求人や転職でおなじみのマイナビが運営している薬剤師のための転職サイトです。5年連続利用者満足度No.1の実績を獲得するなどたくさんの薬剤師から支持されているサービスとしても注目。

マイナビグループならではの圧倒的な求人数が魅力となっていて、これが同時に年収アップにつながりやすいポイントとなります。

求人数が多い=選択肢が多い。つまり今自分自身が持っている経験や実績を活かした年収アップのための転職を実現するならうってつけ、と考えられますよね。

なおマイナビ薬剤師は全国各地で積極的に相談会を実施しています。例えば「初めての転職を考えている人向け」「セカンドキャリアのための転職」「キャリアチェンジのための転職」「職場復帰のための相談会」などなど。

今はまだ転職するつもりはないけれど、そのうち転職するかも…?という方も気軽に利用OKなので検討してみてはいかがでしょう。

 

ファルマスタッフ

医療系人材コンサルティングサービスを提供している株式会社メディカルリソースによる、薬剤師のための転職サイトサービスです。

全国15拠点を持ち、北海道から沖縄まで全国各地をしっかりとカバー。入念なキャリアカウンセリングと徹底した各募集条件のリサーチを行っているため、仕事のミスマッチが少ないことで高く評価されています。

正社員として働き、さらなる年収アップを目指したい!という方はもちろん、家庭と仕事を両立させたいパートやアルバイトを希望する方、しっかりと稼ぎつつ必要以上に働きたくない方のための派遣、派遣として働きつつゆくゆくは正社員を目指せる紹介予定派遣など柔軟な働き方が選べるのもファルマスタッフの魅力の1つです。

十分なスキルや実績をお持ちの方なら、厳選された年収700万円以上の高収入求人をチェックしてみましょう。

 

リクナビ薬剤師

リクルートが運営している薬剤師の転職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーが入念なキャリアカウンセリングを行い、安心のサポート体制の中で転職活動に打ち込めます。

なんといっても用意されている求人数の多さこそリクナビ薬剤師の魅力です。同時に非公開求人の数も多く、一般募集すると方々が殺到するような優良案件もたっぷり。つまり年収アップを目指しやすい転職サイトの1つ、と言えます。

「年収が高くても働きたくない職場だったら嫌だな」と心配する必要もありません。というのがリクナビ薬剤師は求人先を徹底的に事前リサーチし、その情報も考慮した上で仕事の紹介を行っているからです。

この徹底的なリサーチによって転職者も、この先も満足できる仕事のマッチを実現しています。

リクナビ薬剤師は働きながらでも転職活動が進められるようにサポートしてくれるので、仕事の穴を空けたくない、できるだけブランクを作りたくない方にもオススメです。

 

年収アップを目指すなら転職サイトに相談を!

ということで今回は薬剤師の年収に関する情報についてまとめてきました。今の職場で年収アップを目指すには、もっと上のポジションを狙っていくのが現実的です。

しかし、管理職などのポジションはなろうと思ってもなれないのが普通です。

絶対に年収アップに繋がる、というわけではありませんが、可能性の高さで言えばやはり転職することを候補の1つとして考える時期がきているのかもしれません。

そのためにはまず自分自身の転職希望条件だったり、自身の持つスキルやキャリアが転職市場に通用するものなのかを知る必要があります。

こういったことはなかなか主観的に判断できませんよね。だからこそ転職サイトの活用を検討するべきなんです。

転職サイトは転職に関するプロフェッショナル。特に今回紹介した薬剤師専門の転職サイトは数ある業界の中でも調剤薬局やドラッグストア、病院、企業に精通しているわけで、しかも無料でキャリアカウンセリングが受けられる。これに頼らない手はありません。

今の環境を変えるのは怖いことかもしれません。もしかすると転職が原因で年収が下がってしまう可能性も絶対に無いとは言い切れません。

年収アップを目指すなら、まずは行動を起こさないことには何も始まりませんよね。その第一歩目に転職サイトを考えてみてはいかがでしょうか。