1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫薬剤師が転職しやすい職場は?私のキャリアでもいける?

薬剤師が転職しやすい職場は?私のキャリアでもいける?

売り手市場の薬剤師だが、病院勤務から、ドラッグストアや製薬会社への転職は簡単?

薬剤師の転職が他の業種に比べて、簡単と言われる。

一般的な理由は、薬業界先全般で、人手不足の傾向が強く、売り手市場であること、既に薬剤師の資格を有する者に限定しているので、競争が少ないこと。

従来よりも、製薬会社以外の企業なども積極的に作用するなど、幅広い職種があるということが大きいでしょう。

しかし、その職種、職場ならではの特別な事情も存在します。今回は、特に病院勤務薬剤師が、ドラッグストアと製薬会社に転職する場合に焦点をあてて、より、実態に迫っていきたいと思います。

転職が簡単というのは、それ相応の理由があります。プラス面、マイナス面の両方を、事前にしっかり、把握しておくと、必ず、転職には有利に働きます。

ドラッグストアに転職が簡単な理由

需要が一番多いこと

ドラッグストアは、年中、求人募集が出ていますし、新卒に限定する事もほぼ、ありません。特に昨今、個人運営のドラッグストアよりも、大型チェーン店が数多く存在していて、募集人数も多い傾向にあります。

年齢制限が緩いということ

ドラッグストアは、年齢制限がとても緩い傾向にあります。中には特に、制限を設けていないところもあります。

というのも、ドラッグストアは、市販品を売る事が主な仕事となっていて、特に大型チェーン店は、薬品も扱っている、ミニスーパーとなっているのが、実情で競合店は、薬局というより、地域のスーパーとなってしまっている場合が少なくありません。

つまり、それほど、薬剤師の専門性を要求されない傾向があるからです。しかし、登録販売者だけでは、販売出来る薬品の種類が限定されてしまい、どうしても、顧客の需要を満たす事は出来ません。

そこで、どうしても、一定数の薬剤師の常駐勤務が必要になってくる為、募集しているのです。

このように、転職が簡単な分、あまり、薬剤師としてのやりがいは感じにくい職場であるとも言えます。

その為、卒業間もない人は、転職先として、選ばない傾向にありますし、薬剤師としての、キャリアのステップアップとしても、あまり、つながりません。

待遇面もそれほど良くはない

年中、募集があると言う事は辞める人もそれだけ、多いという事です。つまり、待遇面が他と比べて、あまり良い職種とは言えません。

拘束時間が長かったり、その割に収入面もそれほど、多くありません。店長となれば、収入は多くなりますが、薬剤師というよりも、売り上げなど、営業面、マネジメント能力の方が問われます。

病院からドラッグストアへの転職について

病院では、調剤が主な仕事になります。そして、病院は特殊な縦社会で、あまり、世間一般の常識が通用しない傾向にあります。

その為、病院以外で勤務経験の無い人は、ドラッグストアに勤める場合、顧客が一般人である為、病院とは性質の異なる、コミニュケーション能力が要求されます。

病院でも、患者さんに薬の説明をする業務はありますが、一般市販薬と違って、一つずつ、紙に写真入りの説明がありますし、事前に医師からある程度の説明は受けているのが通常です。

ドラッグストアでは、一般人である顧客が頼れるのは、販売する薬剤師のみとなります。その為、一般人にも、わかるような言葉で、丁寧に説明する必要があります。

また、最近はミニスーパーと化した、大手ドラッグストアが多い中、医薬品以外を扱う事も少なくありません。あまり、薬剤師の資格とは関係のない業務も多く、こなす必要があります。

また、勤務実態も比較的、長時間労働になりがちです。パートタイムではなく、社員で働く場合は、時間拘束の長さも覚悟しなければなりません。それなりに体力が必要な事もあります。

ドラッグストアは入口は広き門ですが、長期間、勤める人が少ないのも、求人が多い理由の一つとなっています。
「転職は簡単と言えますが、それから、続けて勤務し続けるのは、個人の適正をよく考えて、する必要があるといえるカモ」

病院から製薬会社への転職について

製薬会社の新薬開発の研究職に就くのは、病院勤務経験はあまり、有利に働くとは言えません。仕事内容がまるで、違うからです。

一方、MR(薬品の営業担当者)だと、病院勤務の経験から、医師へのコネクションなどを持っている場合、有利に働く可能性が大きいでしょう。

ただし、病院勤務時代に医師とうまく、コミニュケ-ションが取れていることが必須です。営業ですから、相手に嫌われていて、うまくいくはずがありません。

MRは薬剤師というより、あくまで、営業職という認識を持たないといけません。自身にそういった資質があるのかどうかをよく、考えて、転職の判断材料としなければなりません。

まとめ

ドラッグストアは、転職の難易度は最も低いので、転職は簡単と言えます。ただし、転職が簡単という事は、それだけ、待遇も期待できないという事でもあります。

また、薬剤師ならではの知識や経験をあまり要求されない分、キャリアアップにもつながりません。

病院勤務から製薬会社へ転職希望する場合、研究職はかなり、難しいと言えます。

MRだと、比較的、転職は簡単な傾向にありますが、自身の適正をよく考えて、転職しないと、こんなはずではなかったという状況になりかねません。

つまり、どちらの職種も、転職後、仕事内容や環境が大きく、変わる事を覚悟しておく必要があります。