1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫スギホールディングス(スギ薬局)は転職先としておすすめ?

スギホールディングス(スギ薬局)は転職先としておすすめ?

ドラッグストアと調剤薬局を持つスギホールディングス(スギ薬局)

cfs

 
スギホールディングス(スギ薬局)は、中部や関東、関西に770店以上の店舗を展開している、ドラッグストアチェーンです。近年は、調剤薬局を併設する店舗も増えています。薬剤師の中でも、ドラッグストア志望の方に人気が高い企業の一つです。

では、スギホールディングス(スギ薬局)の人気が高い理由は何か、気になりますよね。そこで今回は、薬剤師が転職する前に知っておきたい、スギホールディングス(スギ薬局)の勤務条件や福利厚生、キャリアパスなどについて、お話しします。

合わせて、スギホールディングス(スギ薬局)の評判もまとめておきますので、応募する前に読んで、足りない情報を収集してください。それが、満足できる転職を実現する方法です。

スギホールディングス(スギ薬局)の強みとは?

スギホールディングス(スギ薬局)の本社は、愛知県安城市になり、「スギ薬局」という薬局と「スギドラッグ」というドラッグストアを展開する、業界4位の企業です。

総合病院やクリニックの門前薬局としてだけでなく、ロードサイトにも出店しています。スギホールディングス(スギ薬局)が転職先として魅力なのは、調剤コーナーを設ける店舗が多く、地域のかかりつけ薬局として、在宅医療の推進を行っていることです。つまり、入社後のキャリアパスが豊富で、人材育成のための社員教育制度も充実しているのです。

調剤技術を高めるフォローアップ研修だけでなく、セルフメディケーション研修、ビューティー・ヘルスケア研修など、ドラッグストアで必要とされるスキルについて学べます。また、認定薬剤師取得支援制度や真似地面度研修など、キャリアップを奨励しているところも魅力です。

スギホールディングス(スギ薬局)が募集している職種と勤務条件

スギホールディングス(スギ薬局)が中途採用しているのは、調剤薬剤師と総合薬剤師の二つです。どちらを希望するかで、年収や勤務体系が変わります。また、勤務地域を限定するのか、転勤可にするのかでも、勤務条件が異なります。

まず、スギホールディングス(スギ薬局)で調剤薬剤師として勤務する場合、年収は450~550万円程度です。それが、総合薬剤師になると、500~650万円になります。

薬剤師が転職する場合の平均年収は400万円前後のことが多いので、比較的高めといえるでしょう。そして驚きなのが、スギホールディングス(スギ薬局)の平均年収が713万円だということです。

30代の平均が495万円、40代の平均が531万円というのは、かなりの好待遇といえます。ボーナスが業績連動型なので一定額ではありませんが、年間100万円前後の社員が多いそうです。

スギホールディングス(スギ薬局)の評判はいい?

では、スギホールディングス(スギ薬局)の職場としての評判は、実際どんな感じなのでしょうか。スギホールディングス(スギ薬局)の方針としては、残業削減を打ち出しているようです。

ですが、残業時間は店舗によって異なるようです。これは、店舗の規模や忙しさ、売り上げと人員数に関わるので、自分がどの地域での勤務を希望するかによって、違いがありそうです。

転職サイトなどの口コミ情報をチェックしてみると、

  • 忙しくなければ定時に帰れるので、プライベートな時間がもてる
  • がんばれば、昇給や昇格が期待できる

といった好意的なものがある反面、

  • 社内のコミュニケーションが活発ではない
  • 面接時と入職してからの対応が異なる
  • スタッフが少なく残業が多い

という声も寄せられていました。

職種や店舗によって、職場環境の差が激しいと考えられます。

面接時の交渉によっては高年収の可能性も!

とはいえ、スギホールディングス(スギ薬局)は福利厚生も手厚く、産前産後休暇はもちろん、最大1年半の育児休業制度、子どもが小学校3年生になるまで最大2時間の時短勤務が可能など、女性が働きやすい職場です。

また、教育制度もキャリアアップの選択肢も豊富なので、働きながら自分のやりたい仕事を見つけることもできそうです。さらに、面接時にこれまでのスキルやキャリアについて自己PRすることで、スギホールディングス(スギ薬局)から高額年収を提示されたり、自ら交渉にあたることもできます。

もし、キャリアップだけでなく、年収アップも目指すなら、転職エージェントを通じて応募し、勤務条件の交渉をしてもらうことをおすすめします。意欲のある人には、おすすめの職場といえそうです。