1. ホーム
  2. 薬剤師転職の基礎知識
  3. ≫薬剤師の転職のタイミングの選び方!何年目に転職するのがベスト?

薬剤師の転職のタイミングの選び方!何年目に転職するのがベスト?

薬剤師の転職タイミングを見計らってスムーズな転職活動につなげよう!

0289732553ed4aa56290db6175762fd1_s

薬剤師の転職のタイミングはいつがベストなのか。なかなか悩ましいテーマですね。

ほとんどの職場は人数ギリギリで回しているので「今私がいなくなったら職場は大変になってしまうのでは…?」と不安になるこもあるでしょう。

そこで今回は最適な転職のタイミング、気をつけるべきこと、スムーズな転職活動へのつなげ方について紹介していきます。

何年目が転職のタイミングになりやすい?

薬剤師は3年スパンで転職を繰り返す人が多いと言われています。他の職業でも3年目が1つの節目となり、転職のタイミングだと言われているのですが、業界全体でみると薬剤師は転職回数が多いと言われています。

やはり「薬剤師」という国家資格を持っていることから、転職先に困ることがほとんど無い、自分の希望する条件の職場を探しやすい…といったポイントが大きいと考えられます。

ということで、1つの転職のタイミングとして3年目に転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

現職場のタイミングに合わせる

転職するタイミングを見極める一つのポイントとして今の職場から離れても大丈夫そうな時期を見計らうことが挙げられます。

例えば「かなり複雑な仕事内容で、簡単に引き継ぎができるような物ではない…」という職場なら早めに転職の意思を伝える必要があります。専門性の高い仕事内容なら、上司に半年~1年前に転職の話をしておいた方がスムーズな転職に繋がります。

逆に「私でなくても薬剤師ならある程度誰でもこなせる仕事」だと思えば、2~3ヶ月前くらいで良いと思います。

一般的に「退職の意思は1ヶ月前に伝えれば十分」と言われていますが、新しい人を雇う時間が必要ですし、引き継ぎにも時間を割かなくてはならないので2ヶ月以上前が理想的です。

転職先が待ってくれるとより安心

薬剤師の求人を出している転職先がいつまでも待ってくれるとは限りません。「今すぐ働けないのなら、他の人を雇う!」というスタンスだと転職のタイミングを見計らうのが難しくなってしまいますよね。

しかし「今の職場をすぐに辞められないのなら、2~3ヶ月くらいは待ちますよ!」という転職先なら安心できますね。

面接などでこれらのことを伝えるのはプレッシャーに感じられるでしょう。しかし、いつ働き始められるのかを明確にするのが難しいなら、待ってくれる転職先を探してみるべきです。

まとめ

転職のタイミングはなかなか難しいものですが、今回紹介したポイントを踏まえて考えていけば「そろそろ良いタイミングなのかな?」と思える時が来ると思います。

「一度退職してから転職先を探せばタイミングも計りやすいんじゃない?」と考える方もいらっしゃると思います。もちろんそれも悪くない方法なのですが、短期間でもブランクが開くのは、いかに薬剤師と言えど歓迎できることではありません。

なので薬剤師を専門に扱っている転職サイトや転職エージェントなどを上手に活用して、今の仕事を続けながら効率良く転職活動ができるように工夫してみましょう。転職エージェントを上手に活用できれば、面接や入社時期の調整なども代理で交渉してくれるのでより安心できますね。