1. ホーム
  2. 薬剤師転職の基礎知識
  3. ≫薬剤師転職の成功例にみる、自分の希望を叶える方法

薬剤師転職の成功例にみる、自分の希望を叶える方法

薬剤師転職の明暗をわけるポイントとは?

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_s

調剤薬局や大手ドラッグストアチェーンが出店数を増やしているいま、薬剤師の中途採用の求人は増加傾向が続いています。病院や企業からの求人は、エリアによっては少ないものの、転職市場でみると薬剤師は売り手市場であることに変わりはありません。

ですが、転職を果たした薬剤師は、明暗が分かれています。では、薬剤師転職を成功と失敗に分ける理由は何なのでしょうか。薬剤師転職の成功例をふり返りながら、納得のいく結果を引き出す方法を考えると、そこにはいろいろな工夫がみられるようです。

いくつか事例を紹介しますので、ぜひ参考にして、転職活動を成功させる一助にしてくださいね。

薬剤師転職の成功例にはどんなものがあるの?

では、薬剤師転職の成功例を紹介しましょう。

製品メーカーでの開発や漢方相談薬局チェーン店に勤務経験のある30代の女性が、激務で体調を崩して、親の介護をすることになったことから、自宅の側で働ける仕事を探し、調剤薬局に勤務することになりました。

調剤業務は初めての経験ながら、漢方の処方がある職場だったことから過去の経験が生き、設備も監視システムも充実していて、いろいろな経験を積めること、職場の人間関係がよいことから、多少の残業は苦にならないと満足そうです。

このように、転職に満足できるのは、自分の優先順位が明確で、業務内容は違っても、自分の過去に培った接客スキルや知識を活かせ、人間関係のストレスが少ない職場を選べたからです。

また、30代の男性薬剤師では、興味のある処方科目を極めたいという目標を持ち、社会の教育体制が充実した調剤薬局に転職。

希望していた処方科目の症例が多い調剤薬局に配属され、通勤時間の短縮と年収維持を叶えつつ、やりがいのある仕事をしているという成功例もあります。

この他にも、調剤薬局から病院薬剤師、パートから正社員など、薬剤師転職の成功例は枚挙にいとまがありません。

薬剤師転職に成功している人の活動の進め方は?

このように、薬剤師転職に成功している人には、実は共通点があります。それは、自分が転職するにあたり、優先したい条件が明確であるということです。そこで、これから薬剤師転職を始める予定のみなさんに、お伝えしたいことがあります。

まず、転職活動を始める前に、転職を考える理由と薬剤師として自分が何を実現したいのかを、明確にすることです。これが、キャリアの棚卸しとキャリアプランの再構築というプロセスです。同時に、自己分析も行っておきましょう。

また、薬剤師の職場は多岐にわたるので、種別と仕事内容についても見直しておくのがおすすめです。そこで、自分が目指したい転職と、職種や年収、通勤時間、社内の教育制度、勤務形態など、自分の中での優先事項を整理したら、転職計画をたて、それをスケジュールに落とし込みます。

その上で求人を探し、きちんと企業研究した上で、履歴書と職務経歴書を作成し、面接に臨みます。自分のことを客観視し、応募先のこともきちんと調べることが、薬剤師転職には不可欠なのです。

薬剤師転職に成功したいならプロも上手に活用する

とはいえ、薬剤師転職は在職中に行う方が有利なので、転職活動に十分時間を割けずに悩んでいる人もいるでしょうし、個人が情報収集するのには、限界があります。そんな時に活用したいのが、薬剤師転職に強い転職エージェントです。

転職エージェントに登録し、最初のカウンセリングでキャリアコンサルタントときちんと話ができていれば、あなたの要望にあった求人を紹介してもらえるはずです。求人サイトでは、自分で情報収集から面接日の交渉まで行わなければなりませんが、転職エージェントであれば希望を伝えるだけで、調整をしてくれます。

複数の転職エージェントに登録すると、求人サイトではみられない非公開求人を紹介してもらえるチャンスもアップします。上手にプロのサポートを活用しましょう。