1. ホーム
  2. 薬剤師転職の基礎知識
  3. ≫薬剤師の転職年齢は何歳まで?40代、50代でも上手くいく?

薬剤師の転職年齢は何歳まで?40代、50代でも上手くいく?

20代~60代までの薬剤師の転職を世代別に紹介!何歳になっても転職先はきっと見つかる!

9d9ab7eeb6a3f2cd0964567b22368844_s

薬剤師はオンリーワンな職業であり、様々なニーズが求められるため比較的働き口の幅が広い傾向にあります。

それでも転職に踏み切るときは「本当に大丈夫だろうか?」「年齢がネックにならないだろう?」と心配になるもの。それは誰だって当然のことです。

職場にもよりますが、薬剤師は年齢に左右されにくく、一般的には若い方が有利だと言われています。しかし歳を重ねてきた中で培った経験、実績、スキル、資格は転職時に必ず役に立ってくれます。

また年功序列的な考え方に縛られず、年収にこだわらない働き方が選べるのも薬剤師の特徴。

ライフプランに合わせた働き方…例えば育児や出産に合わせて仕事の量をコントロールしたり、年齢による体力や気力に合わせて緩やかな職場を選んだりできるのは大きな強みです。

もちろんキャリアアップを目指すためにガツガツと働く転職だって実現可能。

今回は「薬剤師の転職は何歳までなのか」を主軸に、年代別・世代別の転職事情について紹介します。

20代は最低3年くらい同じ場所で働いてから転職するべき

最も若い世代となる20代はまさに薬剤師のスタートラインに立ったばかり。転職市場を見てみると、どの職場からも歓迎されていることが伺えます。

働く場所にもよりますが、特に製薬会社や病院は20代の若い薬剤師を積極的に採用し、長期的なキャリアプランで育てていきたい!と考えるところが多い傾向にあります。

同時に研修制度が充実しているケースも多く、これからのキャリアアップを目指すなら転職先を十分検討する必要があるでしょう。

ただ新卒で大手に入り、すぐに辞めて転職したい!という考え方は少し冷静になって自分を見つめ直した方が良いかもしれません。

6年制で卒業している方は24歳から働き始めることになり、20代の実働時間は6年間。

その6年間でコロコロと職場が変わってしまうと「この人は根気が無いのでは?」「またすぐに辞めるのでは?」「飽き性なのか、トラブルメーカーなのか…?」と不信感を持たれて転職に不利に働くことも考えられます。

できれば3年は同じ職場で働いてから転職に踏み切った方が無難と言えますね。もしキャリアアップや希望するキャリアパスを求めての転職だとしても、20代のうちの転職は1~2回に留めておくのが吉。

年収アップが期待できる&研修が充実する就職先を探し、確実なスキルアップを目指しましょう。

どうしても転職したい場合は20代の転職に強いファルマスタッフ

 

↓薬剤師の20代での転職事情↓

20代の薬剤師におすすめな転職サイト!転職を成功するために必要なこと

30代の転職はライフプランも意識して!自分の成長を視野に就職先を選ぶべき

30代はまだまだ薬剤師の転職市場が活発なので、さほど転職先に困ることは無いと思います。むしろ30代の転職はごくごく一般的と言えます。

病院や企業を未経験の人でも転職できるチャンスは十分。年齢がネックになって転職しづらい、ということはまだありません。

ただし30代後半になってくると少々環境が変わってくるのも事実。

これくらいの年齢になってくると、マネジメントスキルや教育側に回れるだけの経験や知識・スキルが求められるケースも増えてくるので徐々に難易度が高くなっていくよう感じられる可能性もあります。

20代後半から30代はライフイベントが連続しやすい時期でもあるため、環境の変化による転職を余儀なくされるケースも考えられます。例えば結婚、出産、育児、親の介護などなど。

こういった事情を考えると「家庭と仕事を両立できる、年収が多少下がっても仕事量に余裕がある職場に転職するべきか」「より多くの年収を求めて、特定の分野に特化するための転職に踏み切るべきか」など転職先を考える必要が出てくるかもしれません。

転職先で提供される研修制度だけに頼るのではなく、時には時間とお金を投資して自分自身の成長を促す勉強も必要になってくるでしょう。

スキルアップも踏まえた上で、自分がどんな風に成長したいのか、どんなキャリアプランを描くのかを見定めてから就業先を選ぶべきです。

30代のキャリアアップを強力サポートマイナビ薬剤師

 

↓30代の転職に必要なもの↓

30代の薬剤師でも満足できる転職を実現するためにはどうしたらいいのか?

40~50代は人間関係重視?調剤経験者は優遇される傾向に

一般的に40代以降で転職すると「何かあったの?」「クビにされたの?」と心配されがちですが、今は40代、50代からの転職も当たり前の時代に。

そしてありがたいことに薬剤師は転職先選びもさほど困ることはありません。

まず最初に考えなくてはならないのが「定年までやっていけるのか」ということ。これまでに培ってきたキャリア、経験、知識、スキルは千差万別。

転職者自身も「本当にやっていけるのかな?」と不安になるかもしれませんが、雇用側もリスクを考えます。「年齢相応の給料を払うだけの価値があるのか?」「求めるだけの活躍を期待しても良いのか?」といった具合です。

実際に30代までに培った経験をベースに判断されるので、未経験で企業や病院への転職は厳しい状況。やはり新卒から育てたいと考えるところが圧倒的です。

しかし一方でドラッグストアや調剤薬局は40代以降の薬剤師を歓迎しています。誰でもOK!とまでは行きませんが、かなりハードルは低め。

まずドラッグストアについてですが、各店舗ごとでやり方が違い、取り扱う商品も違えば接客経験も求められますし、薬以外の知識も身につけなくてはなりません。つまり40代、50代でも新人として扱う傾向にあります。

今までのキャリアが通用しないとも言えますが、これから薬剤師として新しい働き方を希望するならうってつけと言えるでしょう。

また正社員でなくともバイト、パートなど非正規雇用のニーズも多いので柔軟な働き方ができるかもしれません。

次に調剤薬局ですが、こちらはキャリアが薄い人でも、雇える薬剤師が増える=扱う処方箋の枚数が上がるため、40代以降の人でも大歓迎。さらに言えば土日完全休みなど働き方にも自由度が利くこともしばしば。もちろん調剤経験者ならより一層優遇され、転職に大きなアドバンテージをもたらしてくれます。

大手調剤薬局ともなれば、新人研修をしっかりと準備していることが多いので調剤薬局に初めてチャレンジする人や、ブランクがあって再就職を希望する薬剤師さんにとっても狙い目と言えるのでは。

ただどんな職場にも言えることですが「職場に馴染める人材か?」はとても重要視されるポイントです。40代ともなると仕事にプライドをもち、若い人たちと同列に扱われることを嫌がる人もいますよね。

ですが転職先からすると「仲良くやってくれる、感じの良い人」を求めているわけですので、その辺は覚悟しておく必要はあります。

↓40歳のベテラン薬剤師やブランク明けのママさん薬剤師の転職↓

40代薬剤師の転職、注意するべきことは?特に重要視されるのは即戦力として働ける実績!

60代以降は再雇用対象として雇われるケースが多い

昔は定年退職が60歳だったので「60歳からの転職?」となりがちでしたが、今は65歳が定年退職の時代ですので転職するのもそう珍しくはありません。

60代の求人が多いのは調剤薬局です。特に地方は人手不足が申告なので需要は結構高め。60歳でも70歳でも薬剤師の資格を持っていれば定年を気にせず、健康であれば働き続けられる職場はたくさんあります。

もし対応できるなら、夜間の求人を狙ってみるのもアリ。求人の多さとは裏腹に働く人が少ないので転職先候補として優秀です。

また調剤薬局だけでなくドラッグストアの求人も多い傾向に。こちらも年齢は特に制限されず、薬剤師の資格を持っていて健康であれば歓迎、といったところでしょうか。

こちらは接客スキルも問われますし、若い世代の人たちと一緒に働くことになるので、そこに柔軟に対応できるか否かも重要なポイントとなってきます。

正社員として働くことを第一に考えたくなる気持ちもわかりますが、転職先がなかなか見つからないようであれば、派遣やパート、バイトとしての雇用も検討する必要があるかもしれません。

正社員よりは給料がいくらか劣ってしまいますが、自分のペースに合わせた柔軟な働き方が選べるのはメリットだと思います。

もし調剤経験が薄い、あるいは製薬企業などで勤務していて定年を迎えた方は最初のうちは苦労するかもしれません。

ですが60代以上でも未経験OKの求人はたくさんありますし、新人研修が充実しているところもあります。

自分のスキル、体力、気力に合わせて転職先をじっくりと吟味してみましょう。

40~50代が狙い目の職場とは?定番のドラッグストア、調剤薬局は候補に入れたい

40代~50代での転職、となると基本的に未経験の職場は厳しいものになります。どの職場にしても、新卒、第二新卒と若い世代・若い人材を育てていこうという風潮が強いからです。

しかし中には「過去のキャリアはあまり気にせず、未経験者歓迎。しかも求人が多い」と40代以降の転職者にとって夢のような職場もいくつかあります。

そこでここからは40代~50代が狙い目の職場を紹介していきましょう。ズバリ外せないのは「ドラッグストア」と「調剤薬局」です。

ドラッグストア

いわずと知れた、今最も薬剤師需要が高い職場はドラッグストアで間違いありません。

全国各地、エリアによってはちょっと歩いただけで他の店舗と出会うくらい数多くのドラッグストアが存在します。もはやちょっとしたコンビニ感覚です。

今やドラッグストアに薬剤師は必要不可欠。薬剤師が在籍していると販売できるお薬の種類が一気に増えるため、お店は多少の人件費がかかっても絶対に薬剤師を雇いたいと考えます。

しかも最近のドラッグストアは年中無休、夜遅くまで営業していることも珍しくありません。つまりそれだけ薬剤師が足りていないのが現状です。

調剤併設であろうとそうでなかろうと、ドラッグストアにとって、まず「薬剤師が在籍していること」が重要であり、同時に医薬品の商品など幅広い薬の知識を備えていればそれでOK。

厳密に言えば接客や品出し、店舗によってはマーケティング(商品の配列やポップの作成など売り出し方)も薬剤師の力を借りたいと考えるところもあるのでこれらのスキルを持っていればさらに良し。

最近は漢方の商品も増え続けているので、漢方関連の知識や経験、資格を持っているとさらに優遇されやすい傾向も見られます。

ここまで読んでもらえばわかるとおり、ドラッグストアの薬剤師需要は決して若くある必要はありません。だから40代、50代、60代を歓迎する求人も多く出ていますし、実際に活躍している方々がたくさんいらっしゃいます。

未経験者でもまったく問題ありません。あなたに求められる価値は「薬剤師であること」なのですから。接客やレジ打ちは働き始めてから覚えてもらえば十分だと考えます。

ドラッグストア自体は初めての経験だとしても、過去に接客経験があったり、提案・プレゼンした経験を持っているとより一層採用されるパターンが高まります。

加えてドラッグストアをおすすめする大きな理由のひとつに「雇用体系の柔軟性が高い」点も挙げられます。職場にもよりますが、薬剤師が活躍できるフィールドはフルタイムでの求人が多い傾向にあります。

しかし家庭の事情だったり、自身の体力・気力から「フルタイムで働くのはちょっと…」という方もいらっしゃるでしょう。

安心してください。ドラッグストアはフルタイムだけでなく、バイト、パートといった雇用体系が用意されていることが圧倒的に多いです。正社員以外の働き方も選べるのは大きなメリットですよね。

  • 週2回は絶対に休む
  • 時間の都合をつけやすい働き方が良い
  • 毎日午前中だけ働きたい
  • 時間に余裕があるので時給の高い夜に働きたい

などそれぞれのライフスタイルに合わせた働き方を実現するチャンスです。

ドラッグストアの求人に強い転職サイトは?

調剤薬局

薬剤師にとってスタンダードな転職先な調剤薬局。新卒を始めとした若い世代からはあまり人気がありませんが、40代、50代となれば話は別です。転職希望者が多いのも調剤薬局の特徴。

ではなぜ調剤薬局が人気を集めているのか。それは次の4点が魅力的だからです。

  • 働きやすい環境
  • 転職しやすい(求人が多い)
  • 転勤や異動に対応しやすい
  • 安定した働き方を実現しやすい

最初の魅力である「働きやすい環境」ですが、基本的に残業がありませんし、あっても多少レベル。また完全週休2日制を採用しているところも多いので勤務条件としては優秀です。

また女性薬剤師が多く在籍しているケースが多く、育児休暇、産休、育休など福利厚生が充実するところが大半となります。

しかも勤続手当を支給する調剤薬局も増えていて、家庭と仕事を両立させたいママさん薬剤師から大人気なのも納得です。

調剤薬局は店舗数が多いのも転職先としておすすめする理由になります。病院周辺には必ずありますし、都心部から地方まで働き口がたくさんあります。

最近は街中に店舗を構えることも多く、2015年総務省の統計局資料によるとコンビニよりも店舗数が多いのだとか。薬剤師の数は限られているので、当然求人も多い。なので40代以降の転職者も大歓迎されています。

またチェーン展開している調剤薬局もたくさんあるので、店舗異動ができる制度を導入するところも多いです。配偶者など身内に転勤族がいても安心。

もちろん家族の事情だけでなく「人間関係に疲れた」「この職場から離れたい」と思ったときにも、退職ではなく「異動」という手段を取れます。魅力的ですね。

ただ調剤薬局は年収がなかなか上がらないのがネック。新卒と比べてもあまり大きく上昇しないので、一般的には調剤薬局は薬剤師が選べる職場の中でも年収が低めに位置されます。

管理薬剤師など役職経験があれば、それを活かした年収の高い調剤薬局を選べる可能性もあります。もし持っていないのなら、調剤薬局で働きつつ、年収アップに繋がる資格を取得するのがベターです。

また地方にある小規模かつ年収の高い、いわゆる「穴場調剤薬局」に転職するのも収入アップのヒントになります。

都市圏以外や薬学部がある大学が周辺に無い地域だと薬剤師需要が非常に高く、当然調剤薬局も年収を上げざるを得ません。デメリットとして店舗異動が利きづらいなどの面もありますが、収入が上がるなら割り切った働き方もできそうです。

調剤薬局に狙いを絞るならこのサイト

病院

40~50代の病院への転職はあまり振るわないことが多いかもしれません。病院勤務はどうしても新卒が優先されるので、転職者の枠そのものが少なく、求人自体が少なめとなってしまいます。

特に人気の病院になってくると、採用枠が出る=欠員ができる、ですのでどれだけ狭き門かが伺えます。

ですがこれまでに病院に勤めていた人なら話は別です。確かに求人は少ないですが、経験を活かして活躍できる場があるのもまた事実。即戦力として活躍できる経験とスキルがあれば大丈夫です。

病院薬剤師といえばチーム医療。医師、看護師、コ・メディカルと連携しながら臨床現場に関わっていくのは大きなやりがいがあります。

ただ年収自体は他の薬剤師よりもちょっと上程度。忙しさとは裏腹に、待遇はさほどよくないのも事実です。それでも人気があるのは専門性の向上が見込めること、そしてやりがいを求めて叩く人が多いことが挙げられます。

もし病院への転職を希望するなら、少ないチャンスをモノにするためにも面接などの準備を怠らずに備えておくようにしましょう。


病院薬剤師への転職はこのサイトにおまかせ

企業

企業薬剤師にも色々な職種があります。ざっくりとまとめると次のとおり。

  • 研究:新薬の開発・研究
  • 開発:安全性や有能性の確認
  • 治験コーディネーター:臨床試験
  • 管理薬剤師:薬の品質管理
  • MR:薬の営業
  • 学術・DI:医薬品関連の情報収集・管理
  • 薬事:新薬の申請

それぞれで求められるスキルや経験は異なりますが、いずれも年収は高めで転職に成功すれば年収アップが見込めます。

また企業ならではの安定した働き方が実現できるのも大きなメリット。実力次第では1,000万円クラスの年収が得られることもあります。

企業によって異なりますが、未経験者OKで研修制度を充実させているところも多いのですが、やはり40代、50代となると求人そのものを見かけることがなくなってきます。

企業薬剤師出身の人でさえ転職先を探すのが大変。未経験者だとまず厳しいと言わざるを得ません。

経験者で企業薬剤師への転職を希望する際に重要視されるのはこれまでのキャリア。特にマネジメントスキルを持っていると採用されやすくなるのは間違いありません。

入社時点でチームをまとめあげ、様々なプロジェクトを成功させた経験があれば選考で大いに有利となります。どの企業も人材育成が出来るスキルが不足しているので、マネジメントスキルは大きな武器となってくれるでしょう。

転職サイトの個性を捉えて、転職サイト3社をうまく利用する

ここまでのポイントを振り返ると、薬剤師の転職にとってメリットが大きいのは調剤薬局か、調剤併設のドラッグストアとなりそうです。

40代以降の薬剤師は転職先がある程度絞られてくるので、それらの中からベストな職場を探し当てる必要が出てきます。

数多くの選択肢が存在する中、どこを選ぶべきなのか、そもそもどの職場があるのかを自分だけで見つけて判断するのはちょっと大変。働きながら転職活動に踏み込みたい人は尚更です。

やはり転職は転職のプロに相談しつつ、楽をしながら最高の結果を迎えられればそれがベストですよね。となると転職サイトの活用をおすすめします。

ここでは特におすすめしたい3つの転職サイトを紹介します。しかしどれかひとつに偏らせるのではなく、3つとも有効活用するのもOK。並行して使っても良いですし、ひとつずつ試してみるのも良いでしょう。

薬キャリ


転職大手の「m3.com」が提供する、薬剤師のための転職サイトです。全国の薬剤師求人を取り扱っていて、どの地域に住んでいる方でも活用できます。取扱求人情報は薬剤師転職サイトの中でトップクラス。

求人数が多ければ、それだけ40~50代の求人も探しやすくなり、選択肢の幅も広がります。これは他には無い大きなメリットですね。

常駐コンサルタントを用意し、今後のキャリアプランの相談から適正年収の職場の紹介、非公開求人の紹介など柔軟に対応。

もちろんこちらのニーズに合わせて求人を紹介してくれます。なお対応は電話orメールとなっているので、コンサルタントに直接会って話をすることはできませんが、忙しいときにもスキマ時間を使って相談できるのはありがたいところ。

調剤薬局、ドラッグストアの好条件求人が豊富で、特に非公開求人の内容はとても魅力的です。積極的に狙ってみましょう。

マイナビ薬剤師


就職・転職でお馴染みのマイナビが運営する薬剤師のための転職支援サービス。コンサルタントがマンツーマンで転職活動を支えてくれる、しっかりと向き合う体制がもたらす安心感こそ最大の特徴です。

コンサルタントの質が高く、提供されるサービスはハイクオリティ。キャリアカウンセリングから始まり、個人面談、面接対策、そして面接同行、条件交渉など最初から最後まで徹底的にサポートします。

用意されている求人は正社員やパートが大多数を占めていて、派遣の求人は控えめ。正社員、パートの転職を希望する人にマッチしやすい傾向が強いと判断できます。

求人は一人ひとりの希望条件にマッチするものを厳選して紹介してくれるので、無駄が少なく、余計な時間に煩わされることもありません。またいざ働き始めてから仕事のミスマッチが起こりにくいのも嬉しいポイント。

初めての転職、あるいは転職活動が苦手な人、不安を感じている人はマイナビ薬剤師を検討してみましょう。

ファルマスタッフ


業界最大手の薬剤師の求人、転職、派遣を取り扱う転職サイト。中でも派遣とパートに強く、派遣の求人数は他を圧倒するボリュームとなっています。

ファルマスタッフには医療系人材コンサルタントが在籍していて、マンツーマンでしっかりと転職をサポート。ひとりひとりの働き方に合わせた、満足度の高いきめ細やかなサポートが魅力です。

個人面接によるキャリアカウンセリング、面接対策、面接同行にも対応しているので初めての転職でも安心。

またコンサルタントは職場環境のリサーチにも力を入れていて、募集に至った背景や経営状況など求人票では分からない情報まで教えてくれます。

仕事のミスマッチが少ないと評されるのはこういった努力のおかげでしょう。

コンサルタントと一緒に問題をひとつひとつ考え、理想的な転職を目指していきたい人、正社員も良いけれど派遣として働くことも視野に入れている人におすすめです。

薬剤師は何歳でも転職が利きやすい!

今や転職はどの年代、世代の人たちにとっても当たり前の時代になってきました。以前までは40代以降の転職はリスクがあるイメージだったかもしれませんが、今はそんなことはありません。

薬剤師の資格を持っていると様々な職場で活躍できますし、あらゆる方面からニーズが寄せられます。自身のライフスタイルや希望するキャリアパス、あるいは単純に年収だったり、待遇だったり、人間関係だったりと転職の理由は様々。

大事なことは「転職したのに思っていたのと違う…」と転職のミスマッチを極力避けること。そのためにも、転職サイト、転職支援サービスの活用を検討するべきです。

ありがたいことに無料で上質な転職サービスが利用できる時代になりました。これを活用しない手はありません。

今は転職するつもりがなくても、いずれは転職するかもしれないと思っている人も気軽に利用して大丈夫なので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。