1. ホーム
  2. 地域別の薬剤師転職情報
  3. ≫東京都で薬剤師が転職を成功させるためにすべきこととは?

東京都で薬剤師が転職を成功させるためにすべきこととは?

薬剤師人口が多く競争率が高い転職に打ち勝つために

2684d781927827e1758c6911d507d2ff_s

日本の首都である東京都は、総人口に比例して、在籍する薬剤師の数も全国トップクラスです。そして、近隣の件から通勤する人や地方から上京して転職する人も多く、薬剤師求人は買い手市場です。

病院や調剤薬局、ドラッグストアだけでなく、製薬会社や化粧品メーカーなどの求人も、他の地域に比べれば豊富です。

東京都の転職に強い転職サイトとは?

それでは東京都の薬剤師転職に強い転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア)


薬キャリは病院への転職するには最適の転職サイトだと言われています。

その理由としては、エムスリーキャリア自体が医師のコンサルタントも行っているため、医療業界へ太いパイプを握っていて、他社の転職サイトよりも病院薬剤師求人を多く扱っているという訳です。

マイナビ薬剤師


人材業界でトップクラスの知名度を誇るマイナビグループによる、薬剤師のための老舗転職エージェントです。これまで多くの就職・転職に携わってきた経験と、親身な対応で的確な求人を紹介してくれると評判。

職場の雰囲気や詳細をみることができるサービスも行っており、転職前の情報収集にもピッタリです。

リクナビ薬剤師


幅広い業界で就職・転職に携わる大手人材会社による、薬剤師向け転職エージェントです。コンサルタントのレスポンスが早いと評判で、「最短3日で転職が決まった!」という声もあるほど。

ベテランの頼れるコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるでしょう。

地方から人口が流入する東京都の薬剤師転職市場のこと

ですが、東京都で薬剤師が転職しようとすると、ライバルが多く競争率が高いので、必ずしもキャリアや年収のアップにつながらないという現実があることを、覚えておく必要があります。

東京都の調剤薬局に努める薬剤師の平均年収は380~500万円と、全国平均と比較しても低めです。ただし、深夜営業や土日祝日に営業している調剤薬局に勤務すると、手当がつく分、年収があがる傾向があるようです。

そして東京都では、製薬会社などに企業の求人も多いのですが、そうなると年収は700~1000万円と跳ね上がります。ただし、相応のスキルやキャリアを求められるので、薬剤師のキャリアチェンジ転職を実現するのは、容易ではないでしょう。

年収アップを目指して転職するなら、ドラッグストアがおすすめです。求人数は豊富なので、自分の希望条件を明確にしてから、求人情報を探すことが、希望の転職を果たす早道になります。

東京都で薬剤師が転職に成功するためのポイントとは?

東京都と一口にいっても、勤務エリアは広大です。23区内での転職を希望するのか、都内であればどこでもよいのかでも、求人数や勤務条件が変わってきます。

薬剤師の転職が買い手市場だからこそ、自分にプラスになる転職を実現するためには、転職サイトや転職エージェントの活用が不可欠です。

薬剤師としての職種の幅が広いので、キャリアプランを明確にしよう!

薬剤師の転職先と聞くと、ほとんどの人が病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などを思い浮かべることと思います。ですが、東京都で薬剤師が活躍できるフィールドは、もっと幅が広いです。

具体的には、治験を行う企業やメディカルライターなどがあげられます。そのため、薬剤師として自分がどのようなキャリアを積んでいきたいのか、きちんとキャリアビジョンを再構築しなければ、選択肢があり過ぎることで、かえって迷うことが多いのです。

また、職種によっては年収が低い、年収アップを望めば転勤の可能性があるなど、考慮しなければならない要素がたくさんあります。

もし、転職の意志はあってもキャリアプランが不明確なら、まず転職エージェントに登録して、キャリア相談してみることをおすすめします。

←神奈川県で薬剤師が働く場合の年収とは?求人について


千葉県の薬剤師の求人状況とは?年収はどのくらいなのか?→