1. ホーム
  2. 地域別の薬剤師転職情報
  3. ≫鳥取県の薬剤師の求人はどうなの?転職に向いているのか?

鳥取県の薬剤師の求人はどうなの?転職に向いているのか?

鳥取県での転職を成功させるために薬剤師が気をつけるべきポイントとは

日本四名山にも数えられる大山や、日本最大の砂丘である鳥取砂丘、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた投入堂などなど、心動かされる観光地が豊富な鳥取県。

雄大な自然や温泉地などの癒しスポットも数多くあり、遊ぶにも暮らすにも魅力的なエリアですね。また鳥取県には真面目なのんびり屋さんが多く、同僚や上司として共に働くにもピッタリな県民性が根付いているようです。

薬剤師不足が叫ばれて久しい鳥取県ですが、高収入や好条件など目先のメリットだけに飛びついた転職活動は失敗の元です。

今回は、鳥取県の薬剤師求人を徹底解剖して分かりやすく説明します。

鳥取県の転職におすすめの転職サイト

転職サイト選びに迷った際には、ぜひ県内の薬剤師求人を多く抱えているサイトに注目してみてください。

サイトが握っている求人が多ければ多いほど、転職での可能性は広がります。たくさんの求人に出会った数だけ、転職成功に近づけるはず。

以下ではおすすめのサイトを紹介していきます。

ファルマスタッフ

日本調剤をはじめとする全国の調剤薬局求人が豊富なエージェントです。もちろん病院やドラッグストアーなどの求人も扱っています。

またコンサルタントによる濃度の高い情報提供も評判で、転職後のミスマッチが少ないと多くの薬剤師に支持されています。

リクナビ薬剤師


県内で求人が多かったのは、大手人材会社リクルートから展開されたリクナビ薬剤師。専任のコンサルタントによるレスポンスの早さから、「最短3日で転職先が見つかる!」と人気を集めるエージェントです。

鳥取県の薬剤師求人と給料の例

まずは、鳥取県で発生している薬剤師求人についてを覗いてみましょう。以下では、人気の高い薬剤師転職支援サイトで公開されていた求人のほんの一部から、転職の際に気になる勤務地と給与をピックアップして紹介します。

鳥取駅徒歩圏!ドラッグストアー求人(掲載サイト:リクナビ薬剤師)

勤務地:鳥取県鳥取市
給与:年収420万円~650万円/時給2000円~2500円

年収800万円も目指せる!調剤薬局求人(掲載サイト:リクナビ薬剤師)

勤務地:鳥取県日野郡江府町
給与:年収450万円~800万円/時給2200円~2500円

三本松口駅徒歩圏!高収入な調剤薬局(掲載サイト:メディプラ(元メディカルプラネット))

勤務地:鳥取県米子市
給与:年収650万円~800万円

高時給な派遣!調剤薬局(掲載サイト:ファルマスタッフ)

勤務地:鳥取県倉吉市
給与:時給3,000円~4,000円

鳥取県での転職の評判

鳥取を始めとする山陰地方には薬学部をもつ大学が一つもありません。

それにも関わらず、病棟配置薬剤師に診療報酬加算制度が設けられ急性病院からの求人が増加している事や、厚生労働省が打ち出した“患者のための薬局ビジョン”により業務内容が在宅医療等へシフトされ薬局での求人が増加している事などから、鳥取県では年々薬剤師不足が加速しています。

この事から、薬剤師を必要とする企業や病院は貴重な人材(薬剤師)を確保するため、魅力的な条件や高い収入を掲げて人材を募る必要がある様子。

そのため鳥取県で働いている薬剤師の平均年収は、東京都や大阪府など大都市を上回るほど高額になっています。県内で職探しをする立場にとって、とても好都合な環境であると言っても過言ではないでしょう。

求人は鳥取市などの都市部に集まる傾向がありますが、そのぶん薬剤師の人材も街中へ集中しがちでしょう。

そのため、転職先として比較的人気の低い郊外エリアの方が薬剤師不足は深刻になり、好条件・高収入の求人が発生しやすい傾向があります。

とはいえ、もちろん職探しで重視すべきポイントは収入面ばかりではありません。業務内容や労働環境、人間関係など、転職を成功させるためにはお金以外の多様な要因が存在しています。

収入アップが狙いやすい鳥取県の転職活動では、収入や条件など目先のメリットばかりに注目するのではなく、求人を出している病院・企業を様々なアングルから吟味し選び抜く事をオススメします。

まとめ

薬科大学や、薬学部を持つ大学が存在しない鳥取県では、深刻な薬剤師不足が続いていました。

そのため、発生する求人には好条件や高収入なものも多く、転職を希望する薬剤師にとっては好ましい環境が整っています。

給与以外の要素(業務内容、労働環境、人間関係など)にも注目することで、納得できる転職へと近づくことができるでしょう。