1. ホーム
  2. 地域別の薬剤師転職情報
  3. ≫秋田県の薬剤師は不足している?求人募集について

秋田県の薬剤師は不足している?求人募集について

秋田県の薬剤師転職はライバル少なめ!?秋田県での薬剤師求人を徹底解剖!

夏が短い北国型気候の秋田県は、季節の区分がハッキリしているため四季折々の楽しみが豊富。自然豊かな観光地や温泉など癒しの場もたくさんあり、また美味しいお米やお酒、「秋田美人」などなど…楽しみの多いエリアです。

くわえて秋田県には明るくて物腰の柔らかい人が多く、同時に真面目で粘り強い特徴も。転職先のメンバーとして申し分のない県民性カモしれませんね。そんな秋田県で転職をお考えの薬剤師の皆様へ。

いいところも多い秋田県ですが、そのイメージには「田舎だから、良い求人があまりないのでは…?」というネガティブなものも多く、不安に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

果たして、薬剤師による秋田県での転職は正解なのか、それとも…!?

そこで今回は、秋田県での薬剤師求人について徹底解剖いたします。よりスムーズで実りの多い転職を成功させるヒントに、ご覧ください。

秋田県での転職でおすすめの転職サイト

転職による収入アップを目指す薬剤師にとって好都合かと思われる秋田県ですが、薬剤師不足のしわ寄せとして労働環境が悪くなりやすいデメリットがある様子です。

これから秋田県で転職先を探す薬剤師の皆様は、条件や年収などのメリットだけでなく、職場の環境や人間関係など、より深い情報を集める事が必要になってくるでしょう。

マイナビ薬剤師

人材業界でトップクラスの知名度を誇るマイナビグループによる、薬剤師のための老舗転職エージェントです。これまで多くの就職・転職に携わってきた経験と、親身な対応で的確な求人を紹介してくれると評判。

職場の雰囲気や詳細をみることができるサービスも行っており、転職前の情報収集にもピッタリです。

リクナビ薬剤師

幅広い業界で就職・転職に携わる大手人材会社による、薬剤師向け転職エージェントです。コンサルタントのレスポンスが早いと評判で、「最短3日で転職が決まった!」という声もあるほど。

ベテランの頼れるコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるでしょう。

秋田県の薬剤師求人と給料の例

秋田県での転職を始める薬剤師の皆様へ!まずは、秋田県にある薬剤師の求人には具体的にどのようなものが発生しているのかを覗いてみましょう。

以下で紹介するのは、薬剤師に特化した転職支援サイトで掲載されていた求人情報のごく一部です。

東大館駅から歩いて15分!高収入な調剤薬局(掲載サイト:ヤクステ)

勤務地:秋田県大館市
給与:年収700万円~800万円/時給2800円~3500円

福利厚生も充実の調剤薬局(掲載サイト:マイナビ薬剤師)

勤務地:秋田県秋田市
給与:年収502万円~615万円

ドラッグストアーの正社員・アルバイト求人(掲載サイト:リクナビ薬剤師)

勤務地:秋田県能代市
給与:年収420~550万円/時給2000~2300円

土日祝お休みの病院薬剤師!(掲載サイト:ファルマスタッフ)

勤務地:秋田県北秋田市
給与:年収420万円~500万円

秋田県での転職の評判

薬科大学、あるいは薬学部のある大学は全国に73校ありますが、薬学部が一つもない都道府県も存在しています。この度紹介している秋田県も、そのひとつ。

とはいえ秋田県内にも当然クリニックや病院、薬局など薬剤師を必要としている場があり、そういった職場では限られた薬剤師を確保するために好条件を提示し人材を募っている状態です。

したがって秋田県での薬剤師転職シーンは、求職者にとって大変好都合な環境であると言えるでしょう。

薬剤師不足の傾向は郊外に行くほど強く、より好条件・高収入での転職を叶えやすくなるはずです。もちろん都市部での求人も見逃せませんが、豊富な求人に出会うためにもぜひ幅広いエリアでの情報収集を意識してみてください。

しかし大手ドラッグストアーや病院による求人には注意が必要です。秋田県は大規模な企業の参入が遅れている事や、病院の数が少ないなどの理由から、ドラッグストアーや病院の求人が発生しにくい傾向があります。

事実、秋田県の調剤薬局で活躍する薬剤師は全国的に見ても高収入であることが分かっていますが、ドラッグストアー・病院勤務の年収はあまり高くはありません。(もちろんすべての求人に共通している訳ではありません…)

まとめ

薬科大学や薬学部のある大学が一つもない秋田県での転職活動にはライバルが少なく、また求人を出す側も数少ない薬剤師の確保に躍起になっているとのことでした。

とくに調剤薬局による求人は高収入・好条件であるケースが多く、これから転職をお考えの方にとって大変望ましい環境となっています。

しかし、転職シーンを明るくする“薬剤師不足”という現象には、薬剤師の労働環境を悪化させやすいというデメリットもありましたね。

転職後のミスマッチを防ぐためにも、職場の雰囲気や社風、環境など、濃度の濃い情報収集が成功のカギとなるでしょう。

自己流での転職活動では入手することのできない情報は、転職支援サイトの活用で補ってはいかがでしょうか。