1. ホーム
  2. 転職エージェントを探す
  3. ≫リクナビ薬剤師の評判や口コミはどうなの?薬剤師転職におすすめ?

リクナビ薬剤師の評判や口コミはどうなの?薬剤師転職におすすめ?

リクナビ薬剤師は国内トップクラスの求人数と満足度・認知度の高さが魅力!良質な求人で希望通りの転職を実現できるチャンス

リクナビ薬剤師は認知度・満足度、そして求人数国内トップクラスの「薬剤師のための」転職支援サービスです。

就職や転職でお馴染みのリクルートグループが運営しているサービスなので安心感も抜群!満足度の高い転職を実現できると高く評価されています。

今回はリクナビ薬剤師が選ばれている理由や、他の求人サイトと比較するポイントを紹介していきます。

↓今すぐ登録↓

リクナビ薬剤師で紹介されている求人について…

リクナビといえば、薬剤師に限らず様々な職種で就職・転職サポートを行う、業界最大手のポータルサイトです。就職・転職活動を経験した方であれば、誰しもが一度は見聞きした経験を持っているはず!…と、言っても過言ではないでしょう。

多くの方がご存知の通り、もともとリクナビは薬剤師の転職シーンに登場する以前より、企業からの求人案件を扱っていました。

そのため薬剤師向けに作られた「リクナビ薬剤師」も、大手企業へのパイプが太く、くわえて対企業へのアプローチ方法に関しても豊富なノウハウを握っています。

その傾向は、実際にリクナビ薬剤師で公開されている求人案件からも伺うことができるでしょう。

公式サイトで35,000件以上も公開されている求人案件をチェックしてみると、大手企業による案件が多数発生していました。

実際にリクナビ薬剤師を利用した方による口コミからも、以下のような意見が多く見受けられます。

「公開されている求人やコンサルタントからの提案は、大手企業による求人案件が中心だった。『転職するなら、やっぱり大手が安心だ』と感じるタイプなので、リクナビ薬剤師で収集できる情報は、自分が求めるものとマッチしていたと思う。」

「病院薬剤師として働いていたけど、収入面に不満を抱き転職を決意。コンサルタントへ『収入アップを目指している』と相談し、常勤高収入求人に絞った職探しを進めてもらった。アドバイスにより勤務地の視野を広げ、調剤薬局への転職で大幅な収入アップを叶えることができた。」

「高収入求人が多いドラッグストアーへの転職を考えていた際、同業者から『ドラッグストアーなら、リクナビ薬剤師を使うべき』と助言を受けた。ウワサ通り、リクナビでは希望条件に近い求人情報や、大手へのアプローチ方法にまつわるアドバイスを聞くことができた。転職活動へ、多くのメリットをもたらしたツールだと思う。」

ドラッグストアー求人や、高収入求人にも強い特徴がある様なので、イメージする転職が「大手企業」「ドラッグストアー」「収入アップ」といったキーワードに当てはまるのであれば、リクナビで紹介されている求人と相性が良いカモしれませんね。

大手志向の強い方や、収入アップにこだわった職探しを望む方、またドラッグストアーに焦点を当てた転職活動をお考えの場合には、利用する転職エージェントの候補にリクナビ薬剤師をくわえておくべきなのではないでしょうか。

リクナビ薬剤師の特長について

一般的な転職サービスは正社員(常勤など)の募集が多い傾向にあるのですが、リクナビ薬剤師はバイト・パートの求人も豊富なんです。

サイトや連絡について…

リクナビ薬剤師にまつわる口コミや評判をリサーチしていると、しばしば気になるデメリットを目にする事があります。

「好条件な求人は、案外少ない…」
「連絡がしつこい…」
「コンサルタントが強引…」

このような意見を知り、リクナビ薬剤師への登録に踏み切る事のできない方も多いのではないでしょうか。

以下では、リクナビ薬剤師で懸念される上記の欠点について、その理由や、使いこなすためのコツを説明します。

【サイトの欠点!?】好条件な求人は、案外少ないって本当?

上記(『リクナビ薬剤師で紹介されている求人について…』)でもお話しした通り、大手転職エージェントを担うリクナビ薬剤師は、他会社と比較しても圧倒的な求人数を誇る存在です。

とうぜんサイトに掲載されている案件の数も膨大なので、一つひとつの条件や給与には様々な傾向が見られるでしょう。

情報量の多さは、リクナビ薬剤師の利用で期待できる「希望条件に近い求人との出会いやすさ」をもたらしています。しかし、その反面、「自分にはメリットのない求人と出くわす可能性」を高める事につながる点も否めません。

リクナビ薬剤師で情報収集をすれば、母数が多い分、自分とは無縁な案件とも出会いやすい…というわけですね。

数多の求人の中から、希望にマッチした案件を見つけ出すガイド役として、コンサルタントによるサポートをかしこく利用したいところです。

注意!コンサルタントに希望がしっかり伝わっていない場合は…

リクナビ薬剤師のコンサルタントは、転職希望者に対して大手エージェントが持つ情報網をフルに提供する上で、非常に重要な役割を担っています。

しかし、もしもコンサルタントに希望する条件が伝わっていないまま求人選びのサポートを受けた場合、

「紹介される求人は、どれもピンとこない…」

という事態に陥ってしまう可能性が高くなるでしょう。

リクナビ薬剤師は、実に数多くの求人情報を抱えています。

その中から本人にピッタリな職場を見つけ出すためには、「どんな転職を望んでいるのか?」、「これまでにどんなキャリアやスキルを培ってきたのか?」など、できるだけ多くのデータが必須です。

リクナビ薬剤師によるサポートをかしこく使いこなすためには、コンサルタントに自分の希望をしっかりと伝えておく事が重要なポイントとなるカモしれません。

すでに提案を受けている段階であっても、「なんだか、自分がイメージしている内容とは違うな」と感じる節があれば、ぜひ遠慮せずにコンサルタントへ伝えてください。

【コンサルタントの欠点!?】連絡がしつこい、強引って本当?

リクナビ薬剤師を利用するデメリットとして、しばしば「コンサルタントは、連絡がしつこくて強引…」という意見を目にする事があります。

このウワサには、リクナビ薬剤師のコンサルタントに見られる以下の特徴が関わっているのではないでしょうか。

  • レスポンスが非常に迅速
  • 提案力が高いため、紹介数が多い

リクナビ薬剤師は、登録が完了次第スピーディーに担当者からの連絡が入り、迅速に次のステップへ進む事が多い様子です。

また求人数が豊富で、さらにコンサルタントの提案力が高い事をウリにしているため、他エージェントと比較して紹介数が多い事も特徴だと言えるでしょう。

いずれもリクナビ薬剤師ならではのメリットをもたらしている要素なのですが、これらの特徴から「しつこい」、「強引だ」といったネガティブな印象を与えてしまう事も少なくはないようです。

とくに、「まだ転職するとは決めてない…」という段階でリクナビ薬剤師を利用した場合は、意図せず次々に転職ステップを勧められてしまう事や、何件も求人を紹介される…という事に、プレッシャーや不快感を覚えるリスクも考えられるでしょう。

リクナビ薬剤師をかしこく使いこなすためにも、あらかじめコンサルタントが持つ特色を理解しておく事がポイントとなるのではないでしょうか。

リクナビ薬剤師のコンサルタントについて…

利用するエージェントのコンサルタントとの相性は、転職活動を有意義なものにできるか?というポイントに大きく関わります。

エージェント選びの際には、ぜひ転職支援を行うコンサルタントの特徴をよく理解して、自分との相性を的確に見定めておきたいところ…。また、コンサルタントによるサポートをフルに使いこなすためにも、どのような傾向があるのかを知っておくべきでしょう。

以下では、リクナビ薬剤師のコンサルタントについて、知っておくべき2つの特徴を紹介します。

コンサルタントの提案力が強み!

リクナビ薬剤師のコンサルタントの強みは、なんといっても「提案力」の高さです

「自力では、希望条件を満たした求人を見つけ出すことができなかった…」という方でも、リクナビを使えば、すんなりと希望条件にマッチした転職先を提案されるケースも珍しくありません。

このようなコンサルタントの提案力には、リクナビ薬剤師に見られる以下の要素が関わっているのカモ。

  • 圧倒的な求人数
  • リクルート系列に見られる成果主義な傾向
  • 数多くの転職に携わってきた経験値

第一に、業界最大手であるリクナビ薬剤師は、膨大な量の求人案件を抱えています。

コンサルタントは日々それらの情報に触れ続けているので、自力で収集する情報量をはるかに凌ぐ母数の中から、本人にベストマッチな案件をピックアップすることができるのです。

また、リクルート系列のエージェントには、成果主義の傾向が見られます。

「成果主義=条件に合っていない求人でも、強引に勧めてくる…ってことでしょ?」
「とにかく採用件数を稼ごうと、適当なサポートをされるのは困るんだけど!」

と、「成果主義」というキーワードにネガティブな印象を持っている方も多いでしょうが、リクナビの場合はこの傾向こそが、コンサルタントの提案力に繋がっている様子。多くの転職に携わってきたこれまでの経験値が、迅速かつ的確に「本人にピッタリな求人」をあぶり出す嗅覚を高めているのです。

リクナビ薬剤師は、質問・要望をコンサルタントへしっかりと伝えることができれば、それに十分対応できるだけのポテンシャルをもった転職エージェントだと言えるでしょう。

コンサルタントへ、転職に関するワガママを十分に伝えることが、リクナビ薬剤師を使いこなす上で重要なポイントとなりそうです。

注意!勢いであちら側に流されないように、自分の転職を成功させること!

毎日多くの薬剤師転職に携わり続けているリクナビ薬剤師のコンサルタントを、簡単に表現するなら「バリバリ仕事をこなすタイプ」です。

そのため対応には勢いがあり、自己主張しないままサポートを受けていると「希望条件とは、ちょっと違うカモ…」といった求人への応募へ押し切られてしまう可能性も考えられるでしょう。

そのようなリスクを回避するためにも、コンサルタントには希望条件やワガママをしっかりと伝え、自分にマッチしない提案はきっちり断る事が重要です。

勢いであちら側に流されてしまわない様に、ぜひ自分の転職を成功させる事を大切にしてください。

コンサルタントとは、基本的に電話とメールのやりとり

リクナビ薬剤師を利用する上で、「直接面談はできない」というというポイントは理解しておくべきカモしれません。

転職カウンセリングや提案など、コンサルタントとのやりとりは基本的に電話・メールで行われます。したがって、「直接顔を見て相談したい…」というタイプにはあまりオススメできません。

どのようなスタイルでやりとりが行われるのかは、エージェントごとに異なるので、直接会って話したい場合は別の支援会社への登録を検討するべきでしょう。

リクナビ薬剤師で行われている電話・メールでのやりとりは、以下のようなタイプの転職希望者に向いています。

  • 「コンサルタントと直接会うのが面倒臭い!」
  • 「仕事をしながらの転職活動だから、コンサルタントと面談をする時間が取れない!」
  • 「転職エージェントに望むのは、『私にぴったりな提案をしてくれること』だけ!」

とくに仕事をしながらの転職活動の場合は、わざわざコンサルタントと会って話をする時間が作れないケースも少なくはないでしょう。

また、「とにかくピッタリな求人と出会いたい!」という事が目的なのであれば、わざわざ会って相談する必要もないカモしれませんね。

望んでいる転職活動のイメージと照らし合わせて、ぜひリクナビの特徴を活かした職探しにつなげてください。

リクナビ薬剤師の評判・口コミ

求人が多くて候補がたくさん!

非公開求人も合わせると、膨大な数の求人がヒットします。これに加えてキャリアアドバイザーからの提案もあるので、転職先候補がたくさん。

魅力的な求人ばかりなので、決めるのにかなり悩みました。さすがリクナビだな~と痛感させられました。

年収アップで転職大成功!

家庭のこともあるので、できれば土日が休み、かつ年収アップという贅沢な転職希望条件でキャリアアドバイザーの方とお話しました。

以前までは変則シフトだったので、どうしても家族との時間がとりづらかったのですが、思っていた以上にたくさんの求人を紹介してもらえました。スムーズに採用が決まり、今まで以上に気持ちよく働いています。

女性目線の仕事が多い

珍しいのかもしれませんが、転職前の職場は男性ばかりだったので、子どもが熱を出したから早退…など家庭の事情が通じにくい環境でした。

そこで女性が多い職場への転職を希望していたのですが、キャリアアドバイザーの方が親身になって丁寧に紹介くださいました。

以前までは「女性とか男性とか関係ない。理解のある人もそうでない人もいる」と思っていた時期もありましたが、やっぱり女性が多い職場の方が融通が効きやすいですね。

念願の託児所つきの職場へ!

子どもがまだ小さいので、仕事に専念できない、けれど家計のために働かないといけない。

ずっと悩んでいたのですが、リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーと話をして「託児所付きの職場を探してみましょうか!」と提案していただきました。

件数は少ないものの、割と近所に該当するものがあったのでエントリー。無事に採用され、仕事に集中できるようになりました!

リクナビ薬剤師の会社情報

300x250

運営会社 株式会社 リクルートメディカルキャリア
本社所在地 東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル4F
設立日 1979年9月
資本金 4,500万円
事業内容 医師・看護師・薬剤師転職支援事業、
医師・看護師・薬剤師採用支援事業、
医師対象情報誌出版事業
対応エリア 全国

転職の意思が固まっているのであれば、とても強力なサポートになるカモ!

リクナビ薬剤師には「迅速さ」や「提案力」、「情報量」などのメリットがある反面、タイプによってはコンサルタントの「押しの強さ」がストレスになりうる欠点がありました。

とはいえ、そのデメリットも、ポイントを抑えれば長所としてうまく使いこなす事が可能です。

とくに転職の意思が固まっている場合や、希望条件が明確に見えているケースでは、強力なサポーターとして転職活動をバックアップしてくれるでしょう。

どんな転職活動を望んでいるのか?
これまでどのようなキャリアやスキルを培ってきたのか?
希望条件はどのような内容か?

など、できるだけ多くのヒントをコンサルタントへ伝えることができれば、転職活動での有効なツールとして活躍するだけの十分なポテンシャルを持ったエージェントです。

リクナビ薬剤師ならではのメリットをしっかりと活かして、ぜひ有意義な再スタートを目指してみてはいかがでしょうか。

↓薬剤師の転職相談へ↓