1. ホーム
  2. 転職面接の極意
  3. ≫履歴書の記入欄に書いたほうがいいことと書かないほうがいいことってどんなこと?

履歴書の記入欄に書いたほうがいいことと書かないほうがいいことってどんなこと?

書きすぎ要注意!履歴書の記入欄は全体のバランスを考えてほどほどに

履歴書の記入欄

履歴書の記入欄には、氏名や住所、学歴や職歴など、絶対的に記載の必要な個人についての基本情報以外にもいくつかの項目があります。メールアドレスを記入するのか、本人希望欄に書いたほうがいいことと書かないほうがいいことは何か、資格欄はどうするかなど、全体的に内容をよく練ってから履歴書を作り込んでいくようにすると、採用担当者に伝えたいことを浮き上がらせることができるでしょう。

履歴書の記入欄どこまで書けばいいのか

転職活動では、メールが主な連絡ツールとしてよく活用されているので、メールアドレスは履歴書に記入しておいたほうがいいのですが、いくつかの注意点があります。また、本人希望欄や資格欄などの各種記入欄はスペースに限りがあるので、重要なこととそうでないことを仕分けして記入事項の絞り込みをしていく必要があります。では、具体的にはどうしていけばよいでしょうか。

メールアドレスは記入しておいたほうが安全

履歴書のメアド

履歴書には住所や電話番号などと一緒にメールアドレスを記載する欄があります。メールアドレスに関しては必須の記入事項ではありませんが、書いておいたほうが無難です。ただ、どんなメールアドレスでもいいかというとそこは少し慎重に考える必要があります。

推奨はパソコンのメールアドレス

メールさえ受信することができればどんなアドレスでも要件のやりとりは可能なので、携帯電話やスマートフォンのメールアドレスでも対応はできるのですが、添付ファイルなどがある時にも対応できるよう、パソコンのメールアドレスを連絡先として履歴書に記入しておくのが最も安全です。リアルタイムでメールの着信を確認できるよう、持ち歩いている端末に転送される設定にしておけばすぐに対応することができます。

フリーメールでもOK!

転職活動にフリーメールの使用はNGとされていた時期もありましたが、今ではフリーメールが一般的に広く活用されていることもあってか、履歴書にフリーメールアドレスを記載しても特に問題になることはありません。ただし、いくつものアドレスを持っている人は、受信した重要なメールが他のメールに埋もれてしまうことのないよう注意が必要です。

普段はあまりメールを使わない人だと、メールの着信があっても気づかないなんてこともあるから、大事なメールを見逃してしまわないように気をつけたほうがいいカモね。

NGなメールアドレスとは?

メールアドレスがカジュアル過ぎるものは、履歴書では避けたほうが無難です。カジュアルだから書類選考で落ちてしまうというところまではいかなくても、正式な書類にはあまりそぐわないアドレスはマイナスの印象を持たれてしまう可能性もあります。そして、絶対に記載してはいけないのが在職中のビジネスメール用個人アドレスです。いくら個人用のアドレスとはいえこれは完全なマナー違反です。

転職活動専用にメールアドレスを設定するならば、氏名を含むアドレスにすると先方にもわかりやすくて便利カモ。

本人希望欄は必要最低限にしておくのが基本

本人希望欄は、本人の希望に関することならどんなことでも書ける場所ですが、細かい希望をそのまま書く場所という意味ではなく、最低限伝えておきたいことを書く場所という認識を持っておきましょう。では、実際どのような書き方をすればいいのでしょうか、また、書かないほうがいいこととはどのようなものでしょうか。

本人希望欄の書き方

本人希望欄にはまず「希望職種」を書きます。勤務地が複数あるようなら「希望勤務地」も書きましょう。次に「連絡がつく時間帯、つかない時間帯」、在職中に転職活動をしているなら「入社可能日」を書きます。各項目は箇条書きにして、できるだけ簡潔でわかりやすい内容にすることがポイントです。特に何もなければ「貴社の規定に従います」の一言があれば大丈夫です。

本人希望欄に書かないほうがいいこと

履歴書で先に知らせておいたほうがいい情報は本人希望欄に記載すべきですが、給与面などの細かい希望条件を書くのはできるだけ控えて、面接で直接話すようにしましょう。また、「特になし」や「空欄」は印象が悪いのでやめましょう。

「希望職種」は、募集している職種が一つでも複数でも書いておくのが基本だよ。希望を言い出せばいろいろあるカモしれないけど、書類選考では最低限にしておいたほうが通過しやすいカモ。

資格欄はどうすればいい?

採用担当者が資格欄を見て知りたいのは、業務に必要なスキルがあるかどうかということです。人によっては細かいものも含めれば記入しきれないほどいろいろな資格を持っているかもしれませんが、その全てを資格欄に記載しなければならないわけではないので、書く必要がある資格とそうでない資格はしっかりと分けるようにしましょう。

資格欄に書くべきこと

まず、募集の中で指定されている資格があればそれを筆頭に関連する資格を全て書きます。運転免許や難易度の高い資格などは、直接業務に関係なくても書いておいたほうがいいでしょう。資格が特にない場合には、「特になし」と正直に書きましょう。もしスキルアップのためのスクールに通っていたり、セミナー受講歴があったりするようならば、空欄にしておくよりは書いておいたほうがプラスになるかもしれません。

資格欄に書く必要がない資格とは

英検や漢検などで級の低いものは、書くメリットがあまりないので省きます。なお英検や漢検は略語なので、「実用英語技能検定」「日本漢字能力検定」などのように正式名称で書くのが基本です。

これから取得するつもりの資格あれば「資格取得に向けて勉強中」とすることもできるけど、資格取得が確定していることではないので、資格欄に書くことが全くない時の安全策にしたほうがいいカモ。

記入欄がたりない!そんな時はどうする?

書くべきことが多すぎて履歴書の記入欄に入りきらないなら、詳しいことは職務経歴書に書くようにして、履歴書の内容が文字でいっぱいにならないよう工夫しましょう。転職回数が多い場合には、転職用の履歴書用紙を選ぶようにすると、記入欄が一般用より多いので対応できるかもしれません。それでも入りきらないならば自作の履歴書にするのも一つの方法です。

まずは書類選考を通過することが目標だから、履歴書で全部を伝えようとするのではなく、必要な情報だけを詰め込むようにするといいカモね。

履歴書には「書きたいこと」ではなく「書く必要のあること」を

履歴書と職務経歴書を読んだ採用担当者が、「この人に直接会って具体的な話をもっと聞いてみたい」と思えれば書類選考は通過できるので、全ての情報を履歴書に無理に入れようと思う必要はありません。履歴書にはいくつもの種類があり、記入欄もそれぞれです。どのようなタイプの履歴書にすることが望ましいかはケースバイケースなので、募集要項に指定がないかをまずはよくチェックするようにしましょう。

履歴書を書くときは、ここで紹介したいくつかのポイントを参考にして、書くべきこととそうでないことを上手に仕分けしてみよう。転職専門のコンサルタントに依頼すれば履歴書を添削してくれるから、念のため相談しておくといいカモしれないね。