1. ホーム
  2. 転職面接の極意
  3. ≫曖昧な志望動機や印象の良くない志望動機には注意カモ!

曖昧な志望動機や印象の良くない志望動機には注意カモ!

こんな志望動機は嫌だ!言ってはいけない志望動機3選

reason01
転職のための面接では必ず志望動機を聞かれるよね。あなたに優れた実績やスキルがあっても、志望動機が曖昧だったり印象の良くないものだったりすると結果は不採用になってしまうカモしれないよね。今回は転職の志望動機について特に注意しておきたいNGなものをいくつか紹介するので参考にしてね。

漠然とした志望動機はNGカモ!

志望動機が具体的に決まっていないために、とりあえず熱意だけを訴えるというのはNGだね。面接官はなぜあなたがこの会社を選んだのかを知りたいのだから、どうしてこの会社を選んだのか、自分の経験やスキルなどをこの会社でどのように活かしていきたいのかなどを志望動機としてアピールする必要があるよ。

待遇ばかりを志望動機にするのはNGカモ!

例えば「高い給料が期待できそうなので志望しました。」などと発言すると「じゃあもっと高い給料がもらえる会社があれば転職するの?」と思われてしまうカモしれないよ。転職を希望する側としては給料や休日や残業の有無などが気になるのは当然だし、面接で待遇について交渉することなども必要だけど、だからといってそれを志望動機に盛り込むのはNGだよ。

教育制度や研修制度を志望動機にするのはNGカモ!

転職でキャリアアップやスキルアップを目指したいと考えるのは悪いことではないんだけど、志望動機に教育制度や研修制度などをあげるのはNGだよ。まずは今の自分に何ができてどのように会社に貢献することができるのかということを志望動機としてアピールするのが先決だよね。”