1. ホーム
  2. 転職面接の極意
  3. ≫役員面接が最終面接で行われることも…その会社の基本理念をチェックするといいカモ

役員面接が最終面接で行われることも…その会社の基本理念をチェックするといいカモ

採用する基準に合致した人材に行われる役員面接

役員面接

何度か面接を行って、最後の最後に役員による面接を実施している会社は結構あります。役員面接といわれると、緊張する人も多いのではないでしょうか。役員は何人出て来るのだろうかとか面接を受ける側は個人なのか?グループなのか?何を聞かれるのだろうか?など、いろいろと不安もあるでしょう。

役員面接にたどり着けるのは、人事部が採用要件を満たしていると判断した人材だけです。つまり内定が十分もらえる人だけが受けられるのが役員面接なので、ある程度自信を持って臨んでも構わないでしょう。

そのため、この役員面接の場でもう一度しっかりと「御社に転職する決意はできています」ということを改めてしっかりアピールしましょう。まずは面接の始まりに自己紹介と時間をつくっていただいたことに対しての感謝の気持ちを忘れずにお伝えしてくださいね。

役員面接を行う理由とは?

人事部の面接官が面接をして残した人材なわけですから、あなたは会社の求める条件を満たしているといえるでしょう。それでもなお役員面接を行うのは、企業理念に共感しているか、経営者が大事と思っているものを持っているかなどの確認をすることが目的でしょう。そんな役員面接を受けるとき、事前にどのような準備をすればいいか困ってしまいますよね。

役員面接の面接官は、長きにわたりいろいろな人達を見てきて、いろいろな人達と話をしてきています。役員はそれぞれたくさんの苦労・努力をしてここまでのぼりつめて来たのだと思います。ですから自分を良く見せようと本当の自分と少し違うことを言ってみても、すぐに見抜かれてしまうでしょう。

逆に切り返されることもあるかもしれません。無理に難しいことをいう必要はないのです。慌てて頭の中が真っ白なんてことにならないように、しっかり事前準備をして、自分が思っていることを思うままに相手をしっかり見て堂々と発言できりようにしましょう。いつも通りの自分で大丈夫ですよ。

役員面接への準備

企業理念に共感しているかどうか、もう一度その会社の理念を確認しましょう。ホームページなどに掲載されているはずですので、こちらをチェックすると良いかもしれません。またホームページなどの中には、実際にその企業で働いている人のインタビューが掲載されていることもあります。この内容をチェックすると、どのような価値観で仕事をしているのかがわかりますから、企業理念をより深く理解するための参考になるはずです。

大企業の社長や創業者になると、書籍を発表していることもあります。もし役員面接を受ける会社に関する書籍があれば、本を読んでおくのもひとつの手です。ビジネス誌に記事が掲載されていることもありますから、図書館などに行って読み返しておくのもおすすめですよ。

通常の面接より大幅に長い!小手先のテクニックには注意が必要!

 
通常の面接は15~30分くらいで終了する場合が多いでしょう。しかし役員面接の場合、少なくても1時間、長いところになると2時間も行われるこあるようです。それだけ役員は「一緒に仕事することになるだろう人材のことをしっかり理解しておきたい」と思っていることが多いのです。逆にいえば1時間や2時間時間があるので、余裕を持って臨むと良いでしょう。

おそらく役員は仕事をするにあたって、皆さんに理解してほしいことをいろいろと伝えてくると思います。その話をしっかり聞いて理解し、その上で自分が何を思ったのかなどを率直に意見すれば問題はありません。

仕事をするにあたっての会社の価値観をいろいろと伝えてくれるので、その意味をしっかりと理解できるように心がけましょう。よくインターネットや書籍などに書かれている面接テクニックのような、小手先のやり方は通用しないと思った方が良いと思います。

役員の呼び方には注意

役員面接を受けるときに、相手をどう呼べばいいか悩んでしまうこともあるでしょう。これはケースバイケースです。もし相手が自分の役職を伝えてきた場合には、「○○社長」とか「○○専務」のような呼び方をしても良いでしょう。

役員の地位がわからない時には、「○○様」「○○さん」でも構わないません。「○○様」の方が「○○さん」よりも敬意を込めた呼び方をしている感じがありますから、役員面接のときに好ましい呼び方かもしれませんね。よく失敗してしまうのは「○○社長様」「○○専務様」といった感じで役職と様を両方使ってしまうパターンです。

役職が一種の敬称になっているので、それにさらに様をつけるのは二重敬語のような状態で好ましくありません。両方使うときには「社長の○○様」や「専務の○○様」と呼ぶのが正しい呼び方です。「あなた」と呼ぶのは少し失礼ですから、避けた方がいいですね。

面接の冒頭で面接官も自己紹介をするでしょうから、その名前は忘れないようにきちんと記憶しましょう。役員面接では、あまり小手先のテクニックに頼らずに率直に自分の気持ちをぶつけてみるのがいいかもしれませんね。会社のことを理解した上で就職すれば、後悔も生まれないでしょう。

↓最後の最後オファー面談の心得↓

油断するのはまだ早い!?後で後悔しないためにオファー面談で確認すべきこと!