1. ホーム
  2. 転職面接の極意
  3. ≫面接は入室から退出までが見られる、本編だけでないので気を抜いちゃダメカモ!

面接は入室から退出までが見られる、本編だけでないので気を抜いちゃダメカモ!

面接室から入室・退出するときの注意点は?

面接の入出も気をつけよう

面接は質疑応答形式で進められていることは、広く知られているね。でも質問に対する答え方だけでなく、入室した瞬間から退出する所までを見られていると思った方がいいカモしれないね。入室はまず、部屋に入る際のノックからだよね。自分の番が来たらノックをするけれども、ゆっくりと「コン、コン」という感じでやろうね。目安としては、ノックは3回くらいと思った方がいいよ。すでに面接室のドアが開いている場合もあるけれども、そんなときにもノックするのがマナーだよ。

ノックをすると「どうぞ」とか「お入りください」みたいなリアクションが面接官からするはずだね。一呼吸くらい置いてドアを半分くらいあけたところで、まず面接官の目を見て「失礼いたします」って挨拶をしようね。

そして体が完全に部屋の中に入ったところで、いったんドアの方に向いて音をなるべくたてないようにドアを閉めるんだ。椅子が面接会場には用意されているから、そこまで行って自分の名前を名乗り、「本日はお時間いただきありがとうございます、よろしくお願いいたします」ともう一回挨拶をしようね。椅子に座る前に着席を面接官から促されるだろうから、その時に座ることだね。勝手に座らないように注意した方がいいカモね。カバンやコートのような荷物があれば、イスの横に置いておくと良いよ。

一番気が抜けやすい退出時は気をつけよう

せっかく質疑応答で良い印象を面接官に抱かせても、退出するときに失敗したらもったいないよね。退出するときにもマナーがあるから、転職成功のためにも押さえておこうね。面接が終了したところで、「本日はありがとうございました」と面接官に挨拶をしようね。そして「よろしくお願いします」といいながら一礼するんだ。この時口角を上げてほほ笑むような表情を作ると、面接官の印象もよくなるよ。荷物がある場合には荷物を持って、イスから立ち上がるよね。この時椅子が少しずれてしまったのであれば、さりげなく直す、こんな気遣いも好印象になるよ。そしてドアの前まで行くよ。

そこでもう一度面接官の方を振り返って、「失礼いたします」とあいさつをしようね。最後の挨拶をした所でドアを開けて退出するんだけれども、この時面接官の方に振り向いたときにもう一度面接官と目を合わせて、会釈のような軽いお辞儀をすると良いカモね。入室した時と同じで、ドアを最後まで持って大きな音をたてないように注意しながら閉めることだよ。

控室での振る舞いも注意しておこう

もしかするといきなり面接ではなくて、まずは控室で待機することもあるカモしれないよ。応募者の多い会社の場合、いったん待機は結構多いね。控室での立ち振る舞いも採用の可否に影響を及ぼすこともあるから、注意したいところだね。この時絶対にやっておきたいのは、携帯電話の電源をオフにすることだね。面接途中に携帯電話が鳴ってしまえば、それだけでも致命的だよ。少なくてもマナーモードにはしておこうね。

タバコを吸う人の中には、面接前に一服しておきたいと思うカモしれないね。これ見よがしに控室に灰皿が置いてあって、タバコを吸っても良いような雰囲気を出している会社もあるよ。でも灰皿がたとえ置いてあったとしても、面接会場ではタバコを吸うのは控えた方がいいね。面接官が見ていなくても、控え室内の行動を社員がチェックしていて、面接官に報告しているケースもあるからね。

面接官のいない所でも、決して油断をしてはいけないのが面接試験だと思ってね。会社にいったんはいったら面接がスタートしている、面接が終わっても会社を出るまではすべてが終わったわけではないという気持ちを持って臨んだ方が、いい結果が出るはずだよ。

会社は戦場、面接は会社を出るまで気を抜かないカモ