1. ホーム
  2. 有名企業の年収チェック
  3. ≫世界に多くの拠点を持ち、グローバル・ロジスティクス・パートナーを目指す近鉄エクスプレス

世界に多くの拠点を持ち、グローバル・ロジスティクス・パートナーを目指す近鉄エクスプレス


スケールの大きな仕事に関われる、近鉄エクスプレスに転職したいときに知っておきたいこと

近鉄エクスプレス

海外46カ国・351都市・848拠点のネットワークを持ち、航空貨物、海上貨物輸送や倉庫管理を行う、大手国際物流企業の株式会社近鉄エクスプレス(以下、近鉄エクスプレス)。
2016年度は売上4202億5200万円を記録し、売上としては、業界内でもトップ10に入ります。

近鉄エクスプレスは1948年に近畿日本鉄道が国際貨物、旅客の取り扱いを始めたことから端を発し、その後会社として独立を果たします。2003年には東証一部上場をし、現在も多様化・高度化している国際物流ビジネスの中で、さらなる上質のサービスを提供するべく成長を続けています。

国内外多くの拠点でグローバルにサービスを提供する近鉄エクスプレスの年収と採用情報についてまとめてみました。

近鉄エクスプレスの年収と、業界比較。現在の事業は?

2016年度の有価証券報告書では、平均年収は735万円とされています。これは、業界の中でトップ3にも入る年収です。こちらのサイトで物流業界の平均年収は450万程度という記事もありますが、そこと比較してもかなり高い年収が期待できることがわかります。

近鉄エクスプレスは、「世界五極経営体制」という世界を5つの拠点に分け、経営の効率化とスピード化を図る体制を作っており、このようなネットワークを駆使し、航空貨物輸送や海上貨物輸送、3PLといったロジスティクス事業にも取り組んでいます。このような状況から、国内外、両方の分野で活躍するフィールドがあるといえます。

求める人材像は?

新卒の採用ページには、人事部長からのメッセージで次のように語られています。

このように文字通りのグローバル企業であるKWEにおいてスタッフに求めるものは、バイタリティ、忍耐力、コミュニケーションの3つです。

※参照:人事部長メッセージ|採用情報|近鉄エクスプレス

キーワードに、バイタリティ、忍耐力、コミュニケーションの3つがあげられていました。もう少し詳しく見てみましょう。

まず1つ目、バイタリティについてですが、これはどの企業でも求められる重要な資質です。その業務にやる気を持ち、挑戦していけるか。どんなに能力が高い人や、ノウハウがある人でも、企業としてはやる気がない人を雇おうとは思いません。

2つ目、忍耐力です。補足的にも書かれていますが、我慢をし続けるということではなく、能動的に問題について考え、課題を設定し、解決していけるか。ここでいう忍耐は、そういった問題解決力について触れられています。

3つ目、コミュニケーションは、ただこちらの言いたいことを伝えられる人というだけでも、相手の言いたいことを受け取るだけでもなく、両方の側面を持ち、お互いにとってのベストなコミュニ―ションができる人、と読み取れます。海外展開をしている企業にとって、理解力、伝達力、両方の能力が必要とされるのです。

次に、社長メッセージを見てみると、次のようなことが語られています。

今後もグローバルで事業を展開するお客様に選ばれる“Global Logistics Partner”として、従業員一丸となって付加価値の高いサービスを提供し、物流を通じて社会の発展に貢献してまいります。

※参照:社長メッセージ | 株式会社近鉄エクスプレス

ポイントは、「付加価値の高いサービス」です。要は、さらなる顧客満足の向上を目指す、ということです。グローバルに事業を展開していくなかで、ニーズはさらに多様化していきます。そのような多様化するニーズをとらえ、顧客満足をさらに向上できるビジネス感覚も中途採用の人には求められてくるでしょう。

まとめると、求める人材として必要とされている資質・能力として、「バイタリティ、忍耐力、コミュニケーション力、顧客視点のビジネス感覚」となります。

仕事内容、募集内容

それでは、近鉄エクスプレスの職種について見ていきます。職種には、大きく2つに分かれており、「総合職」と「エリア職」になります。

総合職について

転居の異動を伴い、海外事業所勤務の可能性もあります。業務内容については、営業、営業事務、通関、オペレーション、情報システム、経理他、国際物流事業などがあります。

エリア職について

選択したエリア内での国内事業所が拠点となります。業務内容としては、総合職と同様です。
更に、障がいを持った方や、外交人留学生を対象とした採用も行っており、様々なバックグラウンドをもった人たちを求めていることが伺えます。

具体的な採用情報としては、現在中途採用についての記述はされておらず、新卒のみの採用のようです。今後もサービスを拡大させていく中で人材を必要とした場合に採用が行われる可能性もあるので、ホームページなので確認するといいかもしれません。

気になる入社後の待遇は?

入社後の待遇としては、大手だけあって、かなりしっかりとした教育制度が整っています。実務知識や階層別の研修はもちろん、若手社員の人を対象に海外研修や、エリア職のひとにも短期の選抜制の海外研修が準備されており、さらに、資格取得の支援制度も準備されています。自発的に能力を磨いていきたい人にとって、充実した環境といえるでしょう。

福利厚生についても、十分な制度が整っています。財形や保養所、育児求職制度などは当然のこと、時短勤務の期間が法律で制定されている期間よりさらに長い、子供が小学校3年生まで取得可能と設定されています。

物流をキーワードに世界へと羽ばたきたい人に!

近鉄エクスプレスは、世界46ヵ国、351都市、848拠点のネットワークとその拠点を繋ぐグローバルITシステムを活用し、高品質な物流サービスを提供しています。縁の下の力持ちのように、見えないところで世界の物流を支える立役者、といえるでしょう。「物流」を軸に世界で活躍したい人にはおすすめの企業です。