1. ホーム
  2. ハローワークで転職活動
  3. ≫ブラック企業だ!求人票と実際の待遇はこんな風に違う場合があるカモ

ブラック企業だ!求人票と実際の待遇はこんな風に違う場合があるカモ


ハローワークにも存在するブラック企業に気をつける

ブラック企業

ハローワークでの仕事探し。「おっココの求人条件がよさそうだぞ。残業について一切記載がないし、頑張り次第で年収アップ。年収1000万の人もいるみたい。固定給+インセンティブ。固定給だけじゃギリギリだけどココでならやっていけそうだぞ」。こんな風に感じて就職したのが大間違い!

実際働いてみると、毎日サービス残業、何年働いてもぜんぜん給料が上がらないのだ。求人票の内容と実際の仕事内容が違うことってよくあるカモよ。実際にどんな違いがあるのかな。ブラック企業対策として求人票とのよくある違い2つを上げていこうね。

サービス残業が多すぎる

求人票に残業の記載がない場合、残業がないとは限らないカモね。これはブラック企業の常套手段だよ。残業の記載がない=残業代を払うつもりはないと理解したほうがいいのカモ。ホワイト企業はたいてい残業代に関する記載が明確になされているもの。

ハローワークの求人は誰もが触れることができる求人がなので、どうしてもブラック企業が集まりやすいみたいだから、ブラック企業対策として求人票の中で残業について明確に触れられているものを探すといいカモね。イメージだけで捉えるのは禁物なわけだな。

ぜんぜん昇給しない

あれだけ頑張ればお給料が上がると書いていたのに、ぜんぜん上がらない!こんな違いも多いみたいだね。ブラック企業の特徴として給料がいかにも上がるように思わせるだけというのも多いようだよ。入社した後は絶対に達成できないようなノルマを課してサービス残業もいっぱいさせて、どんなに頑張ってもノルマには達成しないから、結局は昇給しないというパターンみたい。

ブラック企業対策としては成果主義を強調している企業を選ばないことみたいだよ。あと求人票に書いてある年収の幅が広すぎるもの。たとえば「300万~1000万」なども注意が必要カモね、これは300万円の年収で1000万円をもらうほど働けという意味カモよ。

妥協点を探すことも大切

できればブラック企業に勤めたくないよね。でも残念ながら今の日本はホワイト企業を探すほうが難しいみたい。お給料もある程度あって昇給もある、残業代もしっかり払われて、福利厚生もしっかりしている。実際には有名な大企業でも十分じゃないみたい。

転職を決めるポイントは、ここはブラックだからパスとすぐ決め付けないで、年収面だけは譲らないとか、土日休みだけは譲らないとか、残業無しだけは譲らないとか家族のことを考えて要求は少なめにし妥協点を探すことみたいだよ。実際に勤めてみると求人票のイメージよりもいい会社だったという思わぬ違いもあるカモね。

価値あるブラック企業もある?

9b2a68a679beee690dcefa0c3b74b5a3_s

誰だって働くのであれば、やりがいがあって、人間関係がよくて、高い給料でと、より良い環境を求めていくのは当たり前だと思う。でも、そんな良い条件ばかりの企業は数少ないし、条件が良いという事は、それだけ高度なスキルを求められるから、その分努力も必要になってくるよね。

だからと言う訳ではないけど、待遇が凄く良いのに求人を多く出している企業はブラック企業の可能性が高いって言われるのは、ほぼ間違いない事実だと思うんだよね。ただ、ブラックだからと言って、必ずしも敬遠する必要はないんじゃないかな。

例えば、週1日も休みがない、給料が安い、結果が出なければ怒鳴られるなんていう企業は、ブラック企業に認定されると思うんだ。でも、同じ業界のどの企業よりもスキルが磨ける、結果さえ出せば年収1000万も夢じゃない、なんて条件が付いて来れば、話は違変わっているよね。今はネット検索で簡単にブラック企業を探す事が出来るけど、それだけでブラックと判断すると、成長のチャンスを逃してしまうカモ知れないよ。

もしかしたら、ホワイト企業も危険かもしれない

待遇が悪い企業ブラック企業に対して、待遇が良い企業の事を「ホワイト企業」なんて呼び方をしているね。有給休暇がいつでも取れたり、人間関係が凄く良かったり、残業がゼロだったりと、サラリーマンが羨む待遇が揃っているのが特徴だね。それだけ待遇が良いってことは、その分利益を出している企業ってことだから、将来性もあるから言う事ないって人が多いと思うけど、実際はどうかな。

今の世の中、どんな大企業であっても倒産する可能性があるから、絶対安泰なんて言える職業は公務員を含めて無いと思う。そんな世の中で、ホワイト企業でのんびりと過ごしていたら、いざ倒産やリストラなんて目にあったら、同じ待遇の企業なんてまずないから、転職できなくなってしまうだろうね。

あくまで考え方の話にはなるんだけど、ホワイト企業なら絶対安泰なんて思っていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうなんて事があるカモ知れないよ。

ブラック企業の定義が広くなっているカモ?

サラリーマンであれば、誰でも一度は日本を代表する企業で働いてみたいって目標を持つと思う。中にはその目標を現実のものにして、活躍しているサラリーマンもいるんじゃないかな。大企業には、その企業独特の文化やルールがあったりするから、慣れるまでは大変だけど、給料や休暇などの待遇に反映されるから我慢も出来ちゃうよね。

ただ、そんな大企業であってもちょっとした事でブラック企業なんて呼ばれてしまうから、現在の会社は本当に大変なんだ。残業が多かったり、ボーナスが例年よりも減ったりと、少しの事でも条件が悪くなると”ブラック”となってしまうのが、今の社会の特徴と言えるカモ知れないね。

確かに、人を大事にしない企業をブラックと呼ぶのは間違いないけど、多少の事には目を瞑るのも大切じゃないかな。