1. ホーム
  2. ハローワークで転職活動
  3. ≫ハローワークの求人票と実際の待遇はこんな風に違う…実はブラック企業だったという場合も

ハローワークの求人票と実際の待遇はこんな風に違う…実はブラック企業だったという場合も

ハローワークにも存在するブラック企業に気をつける

ブラック企業

ハローワークでの仕事探しをすると、いろんな求人があると思います。「ここの求人、条件がよさそう。残業について一切記載がないし、頑張り次第で年収アップ。年収1000万の人もいるみたい。固定給+インセンティブ。固定給だけじゃギリギリだけどココでならやっていけそうだ」。こんな風に感じて就職したのが大間違いだったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ハローワークのブラック企業対策とは?

実際働いてみると毎日サービス残業で、何年働いてもまったく給料が上がらないという体験をした人もいるでしょう。求人票の内容と実際の仕事内容が違うことは、実はよくあることなのです。実際にどんな違いがあるのでしょうか。ブラック企業対策として、求人票とのよくある違い2つを上げるのでみてみましょう。

サービス残業が多すぎる

求人票に残業の記載がないことがありますが、実際には残業がないとは言い切れません。これはブラック企業の常套手段なのです。残業の記載がない=残業代を払うつもりはないと理解したほうがいいのかもしれません。ホワイト企業はたいてい残業代に関する記載が明確になされているものなのです。

ハローワークの求人は誰もが閲覧することができる求人です。ですので、どうしてもブラック企業の求人が集まりやすいのです。ブラック企業対策として求人票の中で残業について明確に触れられているものを探すのがよいでしょう。イメージだけで捉えるのは禁物なのです。

昇給しない

頑張ればお給料が上がると書いていたのに、ぜんぜん上がらない!このようなことも多いようです。ブラック企業の特徴として、給料がいかにも上がるように思わせることが多いようです。頑張れば昇給すると書いてあるのに、実際に入社した後は絶対に達成できないようなノルマを課され、サービス残業もたくさんさせられます。そしてどんなに頑張ってもノルマを達成することができないので、結局は昇給しないというパターンになるようです。

ブラック企業対策としてできることは、成果主義を強調している企業を選ばないということです。他にも求人票に書いてある年収の幅が広すぎるもの、たとえば「300万~1000万」なども注意が必要です。これは300万円の年収で1000万円をもらうほど働けという意味かもしれないのです。

 

妥協点を探すことも大切

 
できればブラック企業に勤めたくありませんよね。でも残念ながら今の日本はホワイト企業を探すほうが難しいようです。お給料もある程度あって昇給もある、残業代もしっかり払われて、福利厚生もしっかりしている、そんな企業はなかなかありません。実際には有名な大企業でも十分ではないところもあるのです。

転職を決めるポイントは、ここはブラックだからパスとすぐ決め付けないことです。例えば「年収面だけは譲らない」や「土日休みだけは譲らない」、「残業なしだけは譲らない」など、家族のことを考えて要求は少なめにして妥協点を探すことが重要なようです。実際に勤めてみると、求人票のイメージよりもいい会社だったなんてこともあるかもしれません。

ブラック企業リスト2017を参考に転職先として避けるべき企業をチェック!

価値あるブラック企業もある?

誰でも働くのであれば、やりがいがあって人間関係がよくて高い給料でと、より良い環境を求めていくのは当たり前でしょう。しかしそんな良い条件ばかりの企業は数少ないですし、条件が良いということはそれだけ高度なスキルを求められますので、その分努力も必要になってくるのです。

だからというわけではありませんが、待遇がすごく良いのに求人を多く出している企業はブラック企業の可能性が高いといわれていますよね。それは、ほぼ間違いないでしょう。ただ、ブラックだからといって、必ずしも敬遠する必要はないかもしれないのです。

例えば、週1日も休みがない、給料が安い、結果が出なければ怒鳴られるという企業は、ブラック企業に認定されてしまうでしょう。しかし、同じ業界のどの企業よりもスキルが磨ける、結果さえ出せば年収1000万も夢じゃない、なんて条件が付いてくれば話は変わってきますよね。今はネット検索で簡単にブラック企業を探すことができますが、それだけでブラック企業と判断すると、成長のチャンスを逃してしまうことになりかねません。

もしかしたら、ホワイト企業も危険かもしれない

待遇が悪いブラック企業に対して、待遇が良い企業のことを「ホワイト企業」という呼び方をします。有給休暇がいつでも取れたり、人間関係が良かったり、残業がゼロだったりと、サラリーマンが羨む待遇が揃っているのが特徴です。それだけ待遇が良いということは、その分利益を出している企業ということなので、将来性もあるだろうという人が多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか。

今の世の中、どんな大企業であっても倒産する可能性はあるので、絶対安泰といえる職業は公務員を含めてないでしょう。そんな世の中で、ホワイト企業でのんびりと過ごしていたら、いざ倒産やリストラにあった場合、同じ待遇の企業にはまず転職できないでしょう。

あくまで一つの考え方ではありますが、ホワイト企業なら絶対安泰と思っていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるかもしれません。

ブラック企業の定義が広くなっている?

 
サラリーマンであれば、日本を代表する企業で働いてみたいという夢を持ったことのある人もいるかもしれません。中にはその夢を現実のものにして、活躍しているサラリーマンもいるかもしれませんね。大企業には、その企業独特の文化やルールがあったりするので、慣れるまでは大変でしょう。しかし給料や休暇などの待遇に反映されるので、我慢することができるでしょう。

ただ、そんな大企業であってもちょっとしたことでブラック企業なんて呼ばれてしまうので、現在の会社は本当に大変なのです。残業が多かったり、ボーナスが例年よりも減ったりと、少しでも条件が悪くなると“ブラック”となってしまうのが、今の社会の特徴といえるかもしれません。

確かに、人を大事にしない企業をブラックと呼ぶのは間違いありませんが、転職するためには多少のことには目を瞑るのも大切です。