1. ホーム
  2. ハローワークで転職活動
  3. ≫45歳以上で起業すれば、助成金最大500万円受け取れる国の制度知っていた?

45歳以上で起業すれば、助成金最大500万円受け取れる国の制度知っていた?


45歳すぎれば転職より起業を目指そう

助成金制度

今の就職難の時代、40過ぎると突然会社から解雇通告っていうこともあるよね。年齢的にはまだまだ働けるんだけど、突然の解雇は自分にも家族にも大きな打撃、どうすれば年金がもらえる65歳まで生きていくのか心配になるカモね。

実は日本国もこうした企業の傾向をつかんでいて、ハローワークに行けば45歳以上の人が起業する場合に助成金を出すという制度を用意しているんだ。どういう制度なのか。この助成金をもらうためにはどんな条件を必要か見ていこうね。

助成金制度って何

企業をするには資本がいるよね。とくに最初の半年は企業に必要な投資がいろいろかかるもの、会社を設立する1ヶ月前から企業後半年の計7ヶ月間にかかった費用の2分の1~3分の2を国が助成金として支払おうという制度なのね。最大金額は500万円だから単純に企業に750万円掛かったとすると375万~500万ほどは助成金が受け取れるという制度なのだ。これは使わない手はないカモ。

助成金を受け取れる条件

助成金には受け取れる条件というのがあって、それを満たしていないといくら45歳以上で起業しても受け取れないよ。次の4つが条件を満たす必要があるみたいだね。

  • 45歳以上の人3人が共同出資
  • その3人ともリストラが倒産など会社側の都合で解雇された人
  • 雇用保険該当者である人
  • 45歳以上の人を一人雇う

とくに注意が必要なのは2番目で、3人の共同出資者は家族や親族同士でもいいんだけど、その3人とも会社都合でクビになってないといけないという点だね。一人でも自分の都合で退職した人がいると助成金が受け取れないので、要注意カモよ。

企業の前には意見の一致を

容易に予想できることと思うけど、45歳以上の人が3人お金を出し合って企業をする場合、どんな問題が発生しやすいかな?45歳以上ともなると3人が3人自分の意見を主張し、それぞれ会社を向わせる方向性が違うゆえに、会社運営がうまくいかないということもよくあるみたいだね。

助成金をうまく使って企業に成功している人たちは、3人の中から先にリーダーとなる人を選別しているみたい。助成金の申請よりも会社の運営のほうが重要だから、まずは良く話し合って方向性をしっかり定めてから助成金を申請するということが必要カモよ。

45歳で転職するのは無謀カモ?

どんなにフレッシュなビジネスマンであっても、いずれは必ずベテランと呼ばれる日がくるよね。その時に、出来れば課長や部長、役員として会社で活躍する事が出来れば、社会的には成功者って言えると思うんだ。でも、今の日本経済は不況真っただ中だから、出世どころか大企業であってもリストラに合う事もあるし、会社自体が倒産してしまう可能性だってあるよね。

そうなってしまったら、やっぱり起業よりも転職する事を考えなきゃいけないと思うけど、「30歳が転職の限界だ」なんて話もあるくらい、転職には年齢がネックになるっていわれているんだよ。ちなみに、40代で転職する事ができる確率は40%以下って言われているんだけど、これは正社員だけじゃなくて、派遣社員やアルバイトなんかも含めた数字になってるみたいなんだ。

そう考えると、希望の年収や職種につけた人は、半分もいないんじゃないかな。
優秀な人であれば年齢に関係なく転職できるだろうけど、やっぱりベテランになると転職するのは厳しい道なのかも知れないよ。