1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫女性の転職では女性ならではの職場選びが大切カモ!

女性の転職では女性ならではの職場選びが大切カモ!

女性が転職を考えたら知っておきたいこと

女性の転職

女性の方が男性よりも転職をする機会が多いのカモしれないね。女性の場合には結婚、妊娠、出産などの人生のイベントが多いから、その都度転職などについて考える必要があって大変だよね。でも実際にはなかなか人には相談しにくいし、一人で悩んでいる女性が多いのカモね。今回は転職を希望する女性のために役立つ情報を紹介するよ。特に結婚や出産の予定のある女性は参考にしてみてね。

結婚を機の転職では育児制度が大事カモ!

女性の場合は結婚を機会にして引っ越したり、家事に専念するために退職したり、新しい仕事に転職したりといった場合が多いカモしれないけど、そんな場合の転職では育児制度が成功のための大きなポイントになるんだよ。

結婚をした後には当然出産や育児といった流れになるから、育児制度が整っていない職場だとせっかく転職したのに結局子育てのために退職することになるカモしれないからね。だから女性の転職では育児制度についてしっかり確認しておくことが長く働くためには重要だよ。

ただしあまり育児制度にこだわりすぎると採用が難しくなる場合もあるから、そんな時には仕事に取り組む心構えややる気をアピールすると採用に有利になるカモしれないね。

→女性に人気のアパレル業界への転職

残業や休日については事前に確認しておくことが必要カモ!

実際に働いていると残業や休日出勤は断りづらいよね。働いているのだから仕方がないって考えている女性も多いカモね。
でも女性の場合にはどうしても家事や育児があって残業が難しかったり、休日出勤が厳しかったり、子供の体調不良などで臨時で休まないといけない場合などもあるので、あまり拘束時間が長すぎる職場や自由のきかない職場だったりすると、せっかく転職しても結局長続きしないかカモしれないよ。

女性が転職する場合には残業や休日についてもある程度事前に確認しておいたほうが、長い眼で見たら有利に働けるのカモしれないね。

専門性の高い仕事がおすすめカモ

仕事の能力は男性と女性で差が無いけど、体力面ではどうしても男性のほうが有利になりがちだよね。残業や業務量が多かったり、力仕事もあったりしたら、社員は男性が多くなると思うんだ。そうなると、女性が転職して目指すべきことは、男性では出来ない仕事、いわゆる「専門性を磨く」ことが重要なのかも知れないね。

例えば、英語力とITという専門性を持てれば、外資系企業でも勤めることが出来るから、当然待遇も良くなるはずだよね。それだけじゃなく、女性は妊娠や出産するため長い休暇を取る場合もあるから、専門性を生かした仕事に就くことで、より復帰しやすくなると思うんだ。
もちろん、転職だけじゃなく、独立して仕事をする場合も、人にはないスキルがあれば、自分の好きな時間に働く事だって考えられるよね。

そうなれば、子育てをするために一時的に自宅で仕事を獲得する事だって、難しくないカモ知れない。男性よりもライフイベントが多い女性には、専門性を高めることが出来る仕事へ転職するのがおすすめだよ。

転職は独身のうちにしたほうが良いカモ?

1b5fcfbdd7f17aa436565c1a14d508c4_s

今や働く女性の多くがより良い環境を求めて、転職しようと考えているみたいなんだ。ある人材企業のデータによると、20代の女性の内、約8割が転職を検討しているなんて結果もあるんだよね。
でも、女性の転職は独身と既婚者とで、かなり差があるって言われているんだ。

企業の採用担当者は、女性を採用する時に、直に妊娠して休職や退職したりしないか、シビアに見ている事が多いんだよ。特に転職する女性は結婚適齢期の場合が多いから、採用基準の一つとして、長く働けるのかをしっかり確認しているはず。そうなると、既に結婚している女性の場合、直に妊娠する可能性もあるから、企業に懸念されてしまうカモ。

逆に独身女性なら、既婚者の女性よりは妊娠する可能性は低いから、その分採用ハードルは低くなりがちなんだ。年齢的には20代後半から30代前半の既婚の女性は、転職のハードルが少し高めだと考えておくと、良いカモ知れないね。

転職するなら、女性が働きやすい業界を目指そう

企業も女性管理職を増やすことで、会社をより成長させようとする動きが出てきたよね。インターネットの情報サイトだと、女性管理職が全体の2割にも及ぶ企業もあるって言われているんだよ。
転職しようと考えた時、色々と希望はあるだろうけど、女性であれば、「女性が働きやすい業界」をよく知っておくのが転職成功の一つカモ知れないよ。

その理由の一つとして、女性が働きやすいと言われている会社は、子育てや介護などのライフイベントに会社を辞めなくても対応できるような制度を設けている企業が多いんだ。若いうちは興味がなくても、年齢が経つと、気持ちも変わってくるカモ知れないから、より制度が充実した企業で働いているほうが、後々自分のためになる可能性が高いよね。

誰よりも高い年収を目指して転職するのもアリだけど、将来の自分をイメージして、制度が充実している会社を目指す事も大切だよ。