1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫転職回数が多いと転職に不利になるカモ?ならないカモ?

転職回数が多いと転職に不利になるカモ?ならないカモ?


転職回数が多いと不利になると言われるのはなぜ?

times01
みんなは転職回数が多いと転職に不利だと思う?それとも思わない?「転職の回数が多いと就職には不利だと思う」って考えている人が多いみたいだけど、実際転職回数が多い人は面接などでも印象が良くないみたいだね。会社の採用担当の人は転職回数が多い人には何か問題があるからだって考えてるみたいだし、ある程度は気にしたほうがいいのカモしれないね。でも転職の回数が多い場合でも納得できる理由があれば問題ない場合もあるから転職回数が多い人もあきらめずに頑張ろうね。

転職回数が1~2回なら大丈夫カモ!

実際に人事担当の人に話を聞いてみると、転職回数が1~2回程度なら気にしない人が多いみたいだよ。それから転職が多い人の場合でも業種によっては気にしないという場合も多いみたいだからあなたが希望する職種についてチェックしてみてね。一般的には転職回数が3回以上だと気になる人事担当者が増えてくるカモ。覚えておこうね。

実績や経験があれば転職が多くても大丈夫カモ!

転職の回数が多い人の場合でも実績や経験が豊富なら大丈夫カモしれないよ。実際経験や実績を重視する会社では多少転職回数が多くても気にしないという場合が多いみたいだよ。だから転職回数が多い人の場合には自分の実績や経験を積極的にアピールするのが転職に成功するポイントなのカモしれないね。

納得できる理由があれば転職が多くても大丈夫カモ!

転職回数が多いと印象はあまり良くないけど、採用担当者を納得させられるようなしっかりとした理由があれば大丈夫カモしれないよ。例えば「キャリアアップを目指して転職しました」などは良い印象を持ってもらえるカモしれないね。転職回数が多いのはそれだけ仕事について高い意識を持って熱心に取り組んでいるからだってアピールしてみたらどうかな。採用担当者に意欲が伝われば良い結果につながるカモしれないよ。健康上の都合による転職については、あまりはっきり言わないほうがいいカモしれないね。仕方のない部分もあるかもしれないけど、採用する側に敬遠されてしまうカモしれないから、他の理由を考えておくのがオススメだよ。

転職すると給料が減る?

転職しようかどうかを悩む理由はいくつかあると思うけど、どんな人であっても給料や待遇を上げたいと考えるよね。同じような内容の仕事でも年収がアップすれば、その分頑張がいもあるから、より一層仕事に励めると思うんだ。そう考えて、今の企業から転職しようと考えるのは良く分かるんだけど、今のご時世、転職すれば必ずしも年収がアップするとは限らないんだよ。むしろ、良く考えない転職は年収だけじゃなくて、人間関係まで悪化してしまうカモ知れないよ。

例えば、仕事の同僚に流されて転職してしまうケース。同期の仲間が転職して給料がアップした、結婚を機に時間が自由になる職場に変わったなど、色々な理由で同じようなスキル・経験を持った仲間が希望する環境に転職できると、つい自分まで出来る気になって、勢いで転職してしまう。

当然だけど、転職はスキル・経験だけじゃなくて、良い企業に巡り合う運も大切だから、同期が上手く転職できても、自分の転職が上手く行くとは限らないよね。これは一例だけど、とにかく準備不足での転職には危険が付き物なんだ。年収や待遇のアップを目指して転職するなら、自分の能力を見直して、準備万端で転職活動する事をオススメするよ。

ブラック企業だと思ったら、すぐ転職する方が良いカモ

内定をもらうまでの転職活動期間は、平均約3か月と言われているから、思ったよりも長い期間が必要だって事がわかるよね。履歴書と職務経歴書の準備から始まり、何社も面接してようやく内定を貰えた企業なんだから、出来れば定年まで勤めたいと考えるよね。

でも、もしその企業がブラック企業なのであれば、すぐに転職してしまう方が良いカモ知れないんだよ。転職の専門サイトや本なんかだと、ブラック企業であっても「最低1年は続けないとダメ」「自己責任だから我慢して」など、色々と書かれてると思うんだ。

この言い分が分からない訳じゃないけど、

無茶な環境で体や心を壊したりして、働けなくなったら、そっちの方が困るんじゃないかな。それに、経験やスキルにならない仕事を長くやってしまうと、その分年を取ってしまうから、より転職し辛くなるっていう悪循環に陥ってしまうカモ。確かに短期間で企業を辞めるのは勇気がいるけど、早めに行動しておかないと、取り返しがつかない事になってしまうカモ知れないよ。

転職回数よりもスキルと経験が重要カモ

外資系の企業と違って、日本企業は正社員になれば定年まで働ける企業がほとんどだから、どうしても転職には後ろ向きな傾向が強いよね。ある企業が掲載しているデータだと、転職回数が3回以上になると企業からは、マイナス評価を受ける傾向が高くなるとも言われているんだ。

また、企業の採用担当者から見ると、30代なら3回、40代なら5回以上の転職経験があると、懸念してしまうというデータもあるんだよね。やっぱり、転職回数が多いと採用され辛いというのが現実だとは思う。だけど、インターネットや転職の紹介記事では、10回近く転職しても管理職として働いている人もいるんだよね。

そういう人達は、とにかく仕事の経験値が高くて、専門的なスキルも多く持っているから転職出来たんだと思うんだ。でも、逆に考えれば、自分にしかない技術を磨いていけば、いつでも転職できるという証明でもあるよね。多く転職するのが怖くて、自分のやりたい事が出来ていない人は、転職回数の事よりも、スキルアップと経験を気にした方がより結果に繋がるのカモ知れないね。