1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫異業種への転職を成功させるためには志望動機が重要カモ!

異業種への転職を成功させるためには志望動機が重要カモ!

異業種の転職で注意するべき事

different01

異業種への転職を希望する場合には、今までの仕事の経験やスキルを活かせる業種にするか、または全く新しい業種に挑戦するか、どちらかを選ぶことになるよね。経験やスキルを活かせる業種なら転職はスムースだと思うけど、全く新しい業種にチャレンジする場合には苦労するカモしれないね。異業種への転職に成功するためのポイントについて考えてみたから参考にしてね。

志望動機や自己アピールが重要カモ!

どの業種への転職の場合でもそうだと思うけど、特に異業種への転職を希望する場合には志望動機や自己アピールが重視されるカモしれないよ。採用の担当者は志望動機などについては特に厳しくチェックしているから、納得できるようなアピールができないと採用は難しいカモしれないね。

でも自分にどんな経験やスキルがあって新しい業界でどのように活かせるのか、またどのような経緯で新しい業界で働きたいと思うようになったのかなどを、きちんと担当者に伝えて納得してもらうことができればあなたのことを評価してもらえる場合もあるから、しっかりとした理由を考えて積極的にアピールしてみるといいカモしれないよ。できるだけポジティブシンキングで前向きな気持ちでチャレンジしてみようね。

異業種からの転職が活発な業種を選ぶといいカモ!

転職にはいろんな業種があるけど、異業種から転職してくる人の多い業界もあるから狙い目カモね。特に医薬品メーカーとかドラッグストアとかのメディカル関連や、商社とか流通とかの業者などでは異業種からの転職者の割合が高いみたいだよ。異業種への転職を目指しているけどなかなかうまくいかないって人は、これらの業種を考えてみるのがいいカモしれないね。

志望動機にも数字を入れると良いカモ

異業種への転職は、同業種への転職と比べると、どうしても難しくなりがちなんだよ。当然だけど、候補者が二人いたら、教育の手間とか活躍しそうな期待なんかを考えると、同業種の経験者を採用したいと思うはずだからね。では、どうすれば異業種への転職を成功させることが出来るのかな。

これに答えがあるわけじゃないけど、志望動機の中でこれまでの成果をしっかりと明記する必要があると思うんだ。熱意はもちろんなんだけど、どんな工夫をしてこれまで仕事をしてきかたを伝える事ができれば、それが異業種であっても通用するというアピールにもなるからね。

その志望動機には、出来れば数字でアピールできるのがベストだって言われてるよ。前の会社ではどんな結果を残してきたのか、これを志望動機に加えておけば、異業種への転職も怖くないカモ知れないよ。

経験が全く無い異業種への転職は、自己PRが重要

1bf185b95b362d81053dd713c8eb9452_s

転職する理由については、色々とあるかと思うけど、やりがいを全く求めない転職なんてないよね。これまではエンジニアで機械相手だったけど、接客業へ転職して、人と多く関わるような仕事をしたいと思うような、経験なしの異業種へ転職したい人だって沢山いる。

でも、その思いを相手に理解してもらう事が出来ないと、希望する業界へ入社することが出来ない。そんな時に重要になるのが、自己PRだと思うんだよ。文字通り自己PRは、自分自身の事をPRするためのものだから、何で転職したいのかをしっかりと伝えるためには持って来いなんだ。しかも、自己PRは文字数に制限なんてないから、職務経歴書の1ページを丸々使ってアプローチする方法だってありカモ知れない。

どうしても異業種へ入りたいって思いがあれば、まずは提出する書類から変えていく事がおすすめカモ。

異業種への転職で気をつけたい事って何?

これまでの経歴を一度リセットしてでも別の業界へ飛び込むのは、ある意味では凄く勇気のいる事だと思う。もちろん、サラリーマンとして働くのは同じだけど、業界が変わればルールや文化も多少の違いがあるから、それに慣れるまでは大変だよね。

それだけじゃなくて、知識もゼロからのスタートになるから、ベテランになってからは勉強も多く必要になってくるはず。だからこそ、異業種へ転職しようと決断する前には、色々と考えておくことが大事なんじゃないかと思うんだよ。その中でも特に気をつけたい事として、次に転職したいと思った場合はどうするかって事があるんだ。

意外かもしれないけど、異業種へ転職した後、また最初と同じ業種へ戻りたいって人は結構いるって言われているんだよ。そうなると、異業種へ転職した意味がほとんどなくなってしまうから、経歴に問題があるって感じる採用担当者もいるカモ知れない。それだけじゃなくて、同業種へ戻るためには、またその業界知識や技術を勉強し直さないといけないから、時間も掛かってくるよね。もし、異業種へ転職しようと考えているのであれば、転職前にもう一度よく考える事が大事かも知れないよ。