1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫タイミングはしっかりと、ボーナスをがっちりもらってから転職したいカモ!

タイミングはしっかりと、ボーナスをがっちりもらってから転職したいカモ!

ボーナスをもらって転職したい

bonus01
転職したい場合には前の会社のボーナスについても、しっかりがっちりもらいたいよね。日本の企業ではボーナスを生活費の一部だって考える傾向があるみたいだよ。

企業ごとや業種ごとにそれぞれだけどタイミングをしっかりと考えれば、前の会社でのボーナスをもらいながら新しい会社に転職することもOKみたいだよ。それでは実際にボーナスをもらってから転職するためには何に気をつければいいのかについて見てみようね。

就業規則はしっかり確認するカモ!

ボーナスの受給条件などはその企業の就業規則で決まっているから、ボーナスをもらうためにはボーナスの支給基準日がいつなのかを確認するのが大切だよ。ボーナスの支給基準日に会社に在籍していればボーナスをもらう権利ができるから、退職の予定日はそれ以降にしておこうね。

ただし「退職予定者にはボーナスは出しません」という規則を定めている場合もあるから、そういう企業に勤めている人はボーナスをもらってから退職届けを提出するのがいいカモしれないね。

スケジュールを事前に考えるカモ!

いつまで会社に在籍していればボーナスをもらえるのかがわかったら、次は転職のスケジュールを考えようね。転職に成功するにはどのぐらいの時間がかかるのかは実際に転職活動をやってみないとわからないけど、転職のための段取りを考えてそれぞれにどのぐらいの時間が必要なのかを考えればおよそのスケジュールを立てることができるよね。

在職中の転職活動ってことになるから、実際の面接などの日には有給を使う場合が多くなるカモしれないよ。使える有給がどのぐらい残っているのかについてもしっかり確認してから転職活動を始めるようにしようね。

転職活動を始めるタイミングが重要カモ

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

転職をしたことが無い人は、どの時期に求人が多いかなんて全く分からないよね。とりあえず、転職サイトやエージェントに登録するけど、肝心のいつ辞めるかが適当では良い転職活動は出来ないカモ知れない。では、いつから転職活動をするのがベストかと言うと、8月末からと2月末が非常におすすめなんだよ。

実は企業が人を採用するための求人ピークは、3月と9月からスタートして、約1ヶ月程度続くって言われているんだ。そのため、8月末と2月末から準備を始めれば、その求人ピークに応募する事ができるため、自分が理想とする企業が見つかりやすい可能性が高いんだよね。

特に8月の場合はボーナスを貰えることもあって、転職活動がすごく活性化するのを企業の採用担当者も分かってるから、対応も他の月と比べるとスムーズカモ知れない。仕事もそうだけど、何事もタイミングが重要なんだよね。

辞め方次第でボーナスに影響が出るカモ?

転職しようと決めた切っ掛けは、人それぞれあるかと思うけど、どんな理由であれ辞められる会社としては良いものでは無いはずだね。当たり前だけど、辞められてしまったら、別の人を雇わないといけない場合がほとんどだから、採用準備もそうだし、多額の費用も掛かってくるんだよね。

もちろん、これまで貢献してくれた社員だからと暖かく送り出してくれる企業がほとんどだと思うけど、中にはトラブルになってしまうケースもあるんだよ。そうなると、ボーナスは何割カットするとか、もしかしたら支給しないなんて事態に発展してしまうカモ知れない。

そうなったら目も当てれらないので、辞める時はその万が一を考えて、伝え方を良く考えるようにしなきゃいけないね。伝え方の例としては、「担当している業務の引継の関係から~」とか、自分が迷惑かけずに辞める事をアピールするのが一番大切だと思うよ。辞めるのは個人の自由だけど、ボーナスの支給も企業が自由にできるから、気を付けてね。

辞める事を伝えるのは、ボーナスを貰ってからにしよう

辞める時も伝え方が大切なのが分かったところで、では、どのタイミングで社内に伝えるのがベストになるのか。これは、出来ればボーナスを満額貰ってから伝えた方が良いと思うんだ。もちろん、伝え方はこれまで話したようにしっかりと考えるのは当然として、既に貰ってさえいれば、返金しろとまでは言われないはず。

それだけじゃなく、辞めてしまう事で上司や同僚にも少なからず影響がでて、場合によっては上司もボーナスが減額してしまうなんて事があるカモ知れないんだ。辞める時は、とにかく何よりも周囲へ迷惑を掛けない事を最優先に考えて、出来る限り万全の準備をする事が重要なんだよ。

それさえしっかり出来ていれば、転職するのは当たり前の時代だから、勤めていた企業も理解してくれるはずだよ。人間関係をよく考えるのは、仕事中だけじゃなくて、辞めるときにも凄く重要になるはずだよ。