1. ホーム
  2. 外資系企業
  3. ≫外資系企業での年収は実力次第カモ!

外資系企業での年収は実力次第カモ!


外資系企業に転職した場合の年収について

income01
外資系企業への転職を希望する人の場合には自分の能力に自信を持っていることが多いんじゃないかな。もちろんそれに見合う年収も期待しているよね。

外資系企業は日本の企業に比べると年収が高そうだというイメージを持った人が多いんだけど、実際同じ業種で比較してみると日本企業よりも外資系企業の方が平均で20%から50%程度年収が高いみたいだよ。

特に金融の業界では格差が大きいみたいだから、成果次第では高額な年収も期待できるカモしれないよね。

年収には成果が反映されるのでやりがいがあるカモ!

外資系企業だからって全ての人が高額な年収をもらえるわけじゃないよ。高額な年収をもらうためにはそれなりの実力や実績が必要なんだね。外資系企業の場合は日本企業と違って年齢や勤続年数はあまり考慮せず、実力と実績で年収が決まるんだよ。

日本企業の場合は大きな成果をあげても勤続年数や周りとの兼ね合いなどであまり給料は変らないカモしれないけど、外資系企業の場合成果が大きければ莫大な報酬がもらえるという可能性もあるんだね。ただし実力がすべてだから成果をあげることができなければ年収は下がってしまうし、会社に必要ないと判断されたらリストラの対象になる場合もあるカモしれないね。実力主義にはこのようにメリットとリスクが同時にあるんだけど、自分の実力を試してみたいという前向きな人にはおすすめだよ。

さらに高額年収を狙うならマネジメント系がおすすめカモ!

比較的高額な年収が期待できるのが外資系企業なんだけど、そのポジションによってもらえる年収は変ってくるよね。特に高い年収が期待できるのはマネジメント系のポジションだけど、実際には多くの人がその地位を目指して競い合っている難易度の高いポジションなんだよ。外資系企業ではマネジメント経験のある人物は常に求められているから、高い能力や経験があると認められれば高額の報酬を得ることも夢ではないカモしれないね。