1. ホーム
  2. カモちゃんの転職なんでもコラム
  3. ≫急がば回れで転職に成功するカモ!のんびり転職がおすすめ

急がば回れで転職に成功するカモ!のんびり転職がおすすめ


転職は「のんびり」がいい?

slow01
実際の転職ではできるだけ早く転職に成功したいと考える人が多い。特に仕事を続けながら転職活動を行っている人の場合には時間の確保が大変になりますし、精神的なプレッシャーも大きいので、転職活動が長引いてしまうと普段の仕事に支障をきたすこともあります。

あせって転職活動を行うと様々なリスクが発生する可能性があります。そこで今回は自分のペースでのんびりと転職活動を進めていく「のんびり転職」を考えてみます。

自分のペースでタイミングを計ることができる

のんびり転職では自分の好きなタイミングで転職が可能なのがポイントです。例えばまずはしっかりと実績を作ってから転職に取り組むとか、あるいはボーナスをしっかりもらってから転職に取り組むといったように、あせらずに気長にのんびりと転職に取り組むことでかえって自分に有利なタイミングで転職をすすめることができるます。

精神的な負担が軽くなる

今の職場に何か精神的な負担を感じて、そのために転職を希望しているという人も多いのではないでしょうか。だからといって今の仕事をおろそかにしたり、逃げ出したりというわけにもいかずに困ってしまいます。

そんな場合でものんびり転職を考えていれば、「どうせそのうちに転職するんだからそこまで気にする必要もないよね」と気持ちの余裕をもって仕事をすることができます。精神的な余裕をもって仕事に取り組むことで逆に今まで以上にうまくいく場合などもあるのでおすすめです。

でも、いくらやめるからのんびりするっていっても投げやりな仕事をしちゃダメだよ。もっと精神的な負担をかけられちゃうと大変だしね。

デメリットもので注意しましょう

のんびり転職では精神的なプレッシャーが少なくなるし、タイミングを待ってからの転職ができるなどのメリットがありますが、デメリットもあるので注意してください。デメリットの代表的なものといえば、折角ベストな転職先が見つかったときにもすぐに転職ができないということもあります。

転職のためには前職を退職しなければなりませんが、周りに迷惑をかけないようにしっかりと引継ぎを行う時間が必要になります。予想以上に引き継ぎに時間がかかったらり、引き継ぎが難しい案件に着手していればすぐに退職というのは困難になるでしょう。

何かから逃れるかのように、とにかくどこでもいいから入れるところならぐらいの勢いで転職しても本当に良いことはないと思うよ。

なんでって、転職先の業態も経営状況も規模も詳細までわかっていないわけだから、いざ転職したら実はも資金繰りが大変で、とにかく、ひたすら新規開拓営業をやらされたりして「こんなはずでは…」ってこともないとは言えないよね。

現状の会社でどうしても辞めたい事情(何か明らかに悪質なイジメとかパワハラ・セクハラなど)があるならば、一旦長期休暇を取得するなりして、一度気持ちを落ち着かせるのも一つの手段だよ。

絶対慌てちゃダメだよ。とりあえず、一旦休もうよ。心が落ち着けば自分はどの道を行くべきか答えが見えてくるうよ。

ただし原因がイジメなら転職しよう。また同じこと繰り返すからね。

コツコツ情報収集していれば必ずここぞというチャンスが来る

特に急いでいないが、転職は考えているという人も世の中にたくさんいます。年齢的に言えば転職の大きな転機と言われる30歳を区切りに考えている人が多いようです。

30代に突入しての転職は狭き門になる場合が多くなってきますし、選択肢も徐々に減少してきます。女性なら「結婚」「出産」などのタイミングも転職と大きく関係してきますね。子育て後のことも考えて、出産して復職した後のフォロー体制も調べておくと安心です。

長期的に転職活動するなら、テレビ・新聞・電車の中吊り・雑誌・転職フェア・ネットあらゆる手段でコツコツ情報収集して行きましょう。いつでもスタートラインに立てるようにしておきながら合わせて、履歴書・職務経歴書の整理をしておくとさらにスピーディーにスタートできます。ほとんどに企業ではまずは書類選考から始まります。そこで落選すれば面接にもたどりつけない厳しい道のりなのです。

しっかり決めていない転職プランの強み

特に急いでいないということは、特に行きたい先(業界や職種)も決まっていない場合も多い。ざっくりのイメージでもコツコツ情報収集していればきっと「あっ、ここで働いてみたい」と思う企業がきっと見つかるでしょう。

おすすめなのは年齢層関係なくいろいろな人と会い話すことです。自分が興味のある業界や職種の話をうまく聞き出せるかもしれませんし、考えていなかった業界に興味が持てたりします。

自分の働く業界について質問されて嫌な顔する人って少ないよね。そこで思わぬ転職につながるような出会いがあるカモ。プラスになることは多いのでまずは身近な友人から声をかけてみようよ

ゆっくり転職活動するならスキルアップもおすすめ

もし時間的にも金銭的にも余裕があるなら、自分の武器となるものを見に付けましょう。休日や仕事終わりに何か履歴書に書けるような短期で取得できる資格を学んだり、語学力アップのために語学学校に通ったりなど。

ゆっくり転職とはいえ、いつまでにというような期限を自分なりに計画しないと月日だけがどんどん過ぎていってしまいがちです。ある程度の計画は立てておくようにしましょう。

「飛ぶ鳥跡を濁さず」
仕事というものは、突然辞めるわけにはいきません。最低でも1ヶ月前までには退職を申し出なくてはなりませんし、引き継ぎの作業もあります。
今まで一緒に頑張ってきた仲間のことを考えれば、自分の身の回りはキチッとして整理し迷惑かけないようにするのが社会人としてのマナーです。