1. ホーム
  2. カモちゃんの転職なんでもコラム
  3. ≫女性の勤続10年の場合、退職金はどんな感じなの?

女性の勤続10年の場合、退職金はどんな感じなの?


女性が勤続10年で退職したらいくらくらい貰えるの?

販売職で出世はできるのか?

女性の勤続10年の場合、退職金はどんな感じなのかな?10年間会社で勤め上げ、結婚を機に寿退社するという話はよく聞きくよね。そしてそこで気になってくるのが退職金のお話。一体いくら貰えるんだろうと気になる人は多いよね。でも、皆が皆もらえるわけではないという落とし穴もあるので就業規則をしっかり見ておこうね。勤続10年を例に、退職金について見ていきましょう。

会社によっては退職金がもらえないところも

まず、退職金がもらえるかもらえないかが大きな問題だよね。どこの会社でももらえるというわけではなく、退職金制度がちゃんと整っている会社でもらうことができるんだ。と、いうのも、実は退職金制度がない会社は意外とたくさんあって、辞めるときに確かめてみたら本当は退職金制度がなかったということも多い。

まずは、自分の会社に退職金制度があるかどうかの確認からだね。パートの場合でも、退職金がもらえる会社があるので、パートの人も要チェックだよ。また、「◯年以上勤務」で退職金が貰えるという会社もあるので、就業規則を確認してみてね。

退職金の計算方法は一般的には月給×60%×10年

退職金というものは定年まで勤めて満額までもらうことができるカモ。途中で退職する場合はその一部をもらうということになるんだ。そのため、定年まで達していないときに退職する場合は月給と勤続年数によって計算することが多い。一般的な退職金の計算は一般的には月給×60%×10年の計算で求めることができるカモ。

ただし、こちらも会社によって計算の方法や金額が違ってくるので全部が全部この式というわけではないよ。会社によってはこの計算を採用していたとしても、会社への貢献や勤務態度でプラスされたりマイナスされたりする場合もあるみたい。勤続10年でも退職金が思ったより少なかった…なんてことがあるとショックだよね。それでは次の項目を確認してみましょう。

実は含まれない、育児休暇の年数

もし子どもを産んで、育児休暇を取得していた場合は、育児休暇の年数は退職金を計算する場合の勤続年数に入らない場合が多い。実際働いていた年数で退職金が計算されるよ。他にも、年数の入った休暇を貰っている場合は勤続年数には入らないので注意してね。例えば、在籍していたのが10年で育児休暇を1年取得していたとすると勤続9年での計算になっちゃうよ。

2年なら8年、3年なら7年…というようになります。子どもを連続して産むかどうかで育児休暇の年数は大きく変わってくるので計算するときは何年休んだのかを計算してから実際の金額を出すようにしましょう。

退職金にも所得税が!!

退職金をもらって、これで退社…というわけではありません。実はまだ残っている項目があるカモ。それは税金。給与明細を見ると、必ずと言っていいほどかかってくるのが所得税だよね。毎月数千円~数万円は引かれているんじゃないかな。

でも実はこの所得税、退職金にもかかってしまう知っていたかな?退職金の所得税は、勤続年数が20年以下の場合だと退職金額×20%が差し引かれるカモ。これ、かなり痛いだよね。でも、事前に申告したり確定申告すればぐっと抑えることができるので忘れずに。控除してもらえる金額は、勤続年数×40万円。10年だと400万円の控除をしてもらえるよ。

実際の退職金額と比べてみると、控除金額の方が大きくて退職金が丸々貰えるケースの方が多いんじゃないかな。ちなみに20年以上だと(勤続年数-20年)×70万円+ 800万円での計算になるよ。参考にしてみてね。また、住民税の対象にもなるので注意。こちらはどんなお給料の金額でも10%が差し引かれる。こちらは控除が利かない部分なので期日までにきちんと納めるようにしよう。

退職したときに嬉しいものの1つとなる退職金。自分の会社は退職金についてどのような制度をとっているかを確認して、自分の退職金をしっかりチェックしてみてね。

退職金は、貰えるだけありがたいカモ

今や男性以上に社会に出て活躍したいと思う女性が増えてきているよね。もちろん、体力的な面では女性は厳しい事もあるから、それをサポートするための制度も会社内で整ってきているから、これから更に女性の社会進出は活性化してくると思うんだ。そうなってくると、長年働いてきた貢献度に合わせて、退職金が男女問わず必要になるのは当然だよね。

でも、この不況の日本では、退職金が必ずもらえる訳ではないんだよ。従業員が1000人を超えるような大企業であれば、退職金がでる企業が殆どだけど、100人未満の企業なんかだと約3割の企業が退職金制度がないっていうのが実状らしいよ。

しかも、退職金は法律で金額が決まっているわけじゃないから、仮に10年働いたとしても100万円に満たない場合もあるんだってさ。退職金が出るのは当たり前だったのは昔の話で、今は会社から支給されるだけありがたいと思っていた方が良いカモね。

退職金が出る企業はホワイト企業?

定年だけじゃなくて、転職が当たり前の時代になった今の社会にとって、退職金は本当にありがたい制度だよね長年働いた分に比例してお金がもらえるから、定年であれば老後の生活費とか、転職するのであればボーナスになる人もいるカモ知れないね。

サラリーマンであれば、誰でも嬉しい退職金が出る企業は、いわゆるホワイトな企業である事が多いような気がする。でも、退職金がでるかどうかだけで企業を選んでしまうのは、危ないカモ知れなんだよね。例えば、ベンチャー企業であれば退職金がない代わりにストックオプション制度を取っていて、上場すれば退職金の代わりになる位の金額になるケースもあるし、逆に大企業で退職金があったとしても、経営状態が悪いから7割程度しか支給されなかったりするケースもあると思うんだ。

しかも、退職金制度がどんなに整っていても、給料の昇給が全然なければ生活していく上で困る事も多いはず。退職金は確かに嬉しい制度ではあるけど、それだけで企業を判断しないで、トータルの待遇がどうなのかを見るのが企業選びでは大切だと思うよ。

女性が長く勤められる業界はドコ?

51fd7a731d060a0ecccf269e51b8a1b9_s

より多くの退職金をもらうためには、どんな会社であっても長い間勤める事が大切になると思うんだ。男性にとってはそれほど問題にはならないけど、妊娠や出産、子育ての中心となる女性にとっては大変な問題だよね。妊娠したら長時間労働するのは難しいし、子供が生まれた後も環境や体調によっては、出産前と同じように働くのは厳しい人も多いはず。

そんな状況を考えたとき、より働きやすい業界はどこなのか、女性なら一度は考えた事があると思う。ここでその疑問について回答するのは難しいけど、答えの一つとしてあるのが専門職がある業界なんじゃないかな。

例えば、看護師とか薬剤師みたいな手に職が必要な仕事であれば、復帰もしやすいし、人が欲しいから融通も聞いてくれやすくなると思う。もちろん、単に資格を持ってるだけでは難しいけど、高い技術と経験さえあれば、場所を問わず働けるから、出産後も働きたい女性にとっては、天職カモ知れないね。