1. ホーム
  2. カモちゃんの転職なんでもコラム
  3. ≫もっといい会社が見つかったから内定辞退したい…誠意を見せることが重要カモ

もっといい会社が見つかったから内定辞退したい…誠意を見せることが重要カモ


内定承諾書を出してしまったあとでは辞退できないの?

内定辞退

就職・転職活動をしていて、複数の会社から内定をもらうこともあるカモしれないね。そんなとき就職する一つの会社以外は、内定辞退しなければならないよ。内定辞退をする時には、とにかく誠意を見せることが大事だね。まず伝える方法だけれども、電話を使うのがベストだね。メールや手紙もあるけれども、電話の場合確実に相手に伝わるね。またメールや手紙だと字面だけでその奥にあるニュアンスが伝わらないけれども、電話ならそのような誤解は回避できる可能性が高いよ。

相手が納得してくれないこともあるだろうけれども、そのクレームもしっかり受け止めたうえで謝罪できるから誠意が伝わりやすいね。そして大事なのは、内定辞退をするのなら早めに連絡を入れることだね。会社にとっては抜けた人材をまた選び直さないといけないわけだから、早めに内定辞退を伝えてもらった方がある程度余裕を持って動けるよね。

誠意を持って内定辞退を伝える

内定辞退をする時、辞退する理由は伝えなくてもいいよ。突き詰めて言えば、辞退の理由はその会社よりも就職する会社の方が良かったことになるよね。そんな話を聞かされても、会社は良い気がしないよね。もし聞かれた場合には、きちんと答えるべきだけれども相手の気分を極力損ねない理由を考えるべきだよ。より合った職種や業種が見つかったとか、地元への就職といった理由であれば、相手も「それなら仕方がないか」と思えるよね。

よりしっかりとお詫びをしたいのなら、取り急ぎ電話で内定辞退を伝えて、後日改めて手紙でお詫びするのがベストだね。知人の紹介でとかプライドの高いとされる金融系の企業を内定辞退するときには、手紙も出してよりていねいに謝罪した方が後々トラブルになりにくいよ。

会社の中には内定者を対象に、内定承諾書を書かせることがあるね。内定辞退を回避するための対策で、内定承諾書を書いた後に内定辞退するのは難しそうと思うカモしれないよね。でも結論から言ってしまうと、内定承諾書を出しても内定辞退そのものはできるよ。

少し難しいけれども最高裁の判例に基づくと、内定は「始期付きの労働契約」で「雇う方も雇われる方も解約権を持っている」と解釈されているんだ。つまり内定者はキャンセルできるという条件の契約なんだ。労働者保護の観点から、内定承諾書よりも先ほど紹介した最高裁の判例が優先度は高いから、内定承諾書を書いた後でも内定辞退はできるわけだね。

内定辞退が可能なのはいつまで?

ただいつまでも内定辞退できるわけではないよ。労働開始の2週間前までであれば、問題はないと考えられているね。でも早めに内定辞退は伝えるべきだね。そしてさっき紹介した手紙付きの謝罪をして、誠意を見せることが大事だよ。

就職・転職活動をする時に、転職エージェントを利用している人もいるよね。転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントがみんなの代わりにいろいろと動いてくれるよね。内定辞退したい時に、転職エージェントにお願いするのは問題ないよ。

会社の人事担当者からすれば、転職エージェントの紹介を受けて入社のための交渉をしてきているよね。だからエージェントが内定辞退してくれた方が、これまでの経緯に則った対処をしてくれるから話がスムーズに進みやすいよ。採用のときだけでなく、面接の途中で辞退したい場合もキャリアコンサルタントに任せた方がいいよ。辞退の理由だけを転職エージェントに伝えて、あとは丸投げしよう。

内定辞退した時に、会社から「直接来て説明してほしい」といわれる場合もあるみたいだね。この場合には、とにかく会社に出向いた方がいいカモね。確かにこのように行ってくる会社は、内定辞退に強くクレームをしてくる可能性は高いよ。でも無視しているとトラブルがさらに大きくなってしまうカモしれないから、数十分怒られるのを我慢するつもりで出向いた方がいいよ。