1. ホーム
  2. カモちゃんの転職なんでもコラム
  3. ≫1回転職すると転職癖が着く?その原因はスタートにある

1回転職すると転職癖が着く?その原因はスタートにある


なぜ転職したいのか、その動機を明確にすべし

habit01
転職が今回で2回目、3回目…と何度も転職している人はいないかな?転職を何度も繰り返していると、次の転職先がなかなか見つからなくなるかもしれないよ。採用する会社の立場になって考えてみてごらん。

「また採用してもすぐにやめてしまうのではないか?」

こう思われたら、なかなか採用しようと思えなくなるよね。なんで何度も転職する転職癖がついちゃうかというと、前の会社を辞めた段階で問題が起きているんじゃないかな?「転職したい」じゃなくて「とにかく今の会社を辞めたい」この気持ちの方が勝っているんじゃないかな?

もし会社を辞めたいという気持ちだけで転職しちゃうと、「自分が何をしたいのか?」「自分には何の仕事が向いているのか?」といったことを深く考えないで転職しちゃうんだ。そうするとせっかく次の仕事が見つかっても、なかなかモチベーションを維持できなくなって、嫌になって辞めちゃうわけ。しかも何度も転職を繰り返していると、さらに一つ大きな問題が新たに起きちゃう。前にちょっと言ったけど、転職癖がつくとどんどん次の仕事が見つかりにくくなるよね。そうすると、「次の仕事を急いで見つけないと」という焦りが出てくるんだ。

こうなってしまうと「どんな仕事に就きたい?」という意識がさらに薄くなっちゃって、「仕事を見つける」ことが最優先課題になってしまうんだ。そうなると転職をする目的な転職して自分がどうなりたいのかという意識がすっぽり抜けてしまう。だからますます転職成功の可能性が薄くなってしまうわけだよね。

繰り返す転職は本来の目的を見失ってしまうことも

1回転職すると転職癖のついちゃう人も確かにいるよ。でも1回の転職で天職を見つける人だっているんだ。転職を見つけるためにはどうすればいいか、それはまず自分をしっかりと見つめ直すことから始めることだね。この時大事なのは、「自分に合う仕事はどこかにきっとある」という気持ちを持つことだよ。確かに自分に合う仕事がなかなか見つからない人もいるよね。それなら一歩進んで、「自分に合うような仕事にするためにベストを尽くそう」と思うことだよ。

じっくりと考えて、「これなら本気で仕事ができるんじゃないか?」と思えるものが見つかれば、頑張れるんじゃないかな?もちろん仕事にもいろいろな業務があるから、その中で好き嫌いがあるかもしれない。でも本気で取り組もうと思ったんなら、楽しくない所も頑張ってやろうと思えるはずだし、仕事が楽しいと感じられるようにベストを尽くすんじゃないかな。転職を何度も繰り返す転職癖のついている人は、次の仕事に関して本気で考えたことがないのかもしれないよ。はっきり言って、仕事のことを本当に理解できるようになれるには、数ヶ月程度じゃ足りないよ。短期間でどんどん転職している人は、一回ここで冷静に考えてみようよ。

キャリアの棚卸は客観的に

「自分に合う仕事、頑張れる仕事がわからない」っていう人もいるよね。もしそうなら、転職エージェントを使ってみるのも一つの方法だと思うよ。キャリアコンサルタントっていう人が、みんなの転職活動をサポートしてくれるんだ。その中で、みんなの今までのキャリアの棚卸をしてもらって、どんな仕事に適性があるかを考えてくれるよ。

転職のプロのアドバイスだから、耳を傾けるだけの価値はあると思うよ。その上で、転職先をいろいろと紹介してくれるんだから、利用しない手はないよね。転職エージェントは、無料で利用できちゃう所も魅力だよ。求人の紹介だけでなくて、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までアドバイスしてくれるから、次の転職で失敗しないためにも利用してみるのはどうかな?

会社辞めたいの意味/口癖になってる人周りにいない?

「辞めたい」ということを挨拶代わりのように使いまくっていませんか?本当に辞める人ほど黙って水面下で動いていて計画を立て「会社が嫌だから」という漠然とした理由ではなく「キャリアアップ」のために退職する人がほとんどだよね。やりたいことなんて簡単には見つからないよ。見つけられる人なんて、ほんの少しの人だよ。

よく会社のランチやお酒の席で「あーもう嫌だ。会社辞めたい」って1度は発する人はいるけど実態は、何も行動を起こしていない。こういう人の会社辞めたいの意味は、嫌なことがあったから誰か私の話を聞いて!というようにもとれるカモ

じゃあ正社員の人は何故辞めずに働くのか?それは生活のためっていう人がほとんどじゃないかな。
もらった給料で衣食住に必要なものをまかない、ボーナスが出れば好きなものを買ったり、旅行したりする。世の中それがスタンダードなんじゃないかな。そして喜びを得て、また次のボーナスで何しようかなって、それまでまた頑張るかって踏ん張るんじゃないかな。

自分には何ができる?

転職と言っても、今の状況からただただ逃げるための転職ともっともっと自分は成長できるんだ。ここで学んだことを活かして次のステップに進むんだ!という前向きな転職の2種類があると思うんだ。

前者の考えの人は一度立ち止まってほしい。入社した時色々指導してくれた先輩の貴重な時間考えたことあるかな?いまあなたが先輩の立場なら上手に指導できるかな?嫌いな上司もいるよね。でもそれ仕方ないです。部下は上司を選べないから。しっかりした仕事してたら影響ないよ。

次の転職先で自分には何ができるか自信が持てるか考えておかないと転職は厳しいと思うよ。

5年・10年先の自分を想像してみよう

特に20代で転職を考える時、まだ若いから大丈夫だろう。なんか給料良くて、早く帰れて、土日休みだったらどこでもいいかなぁ。と曖昧に考えていないかな。給料よくてとは、あなたにとっていくらだったら給料が良いと言えるかな。早く帰るとは何時のことかな。そこ曖昧だと、また転職しなきゃいけなくなるよ。今も大切だけど、5年10年先どういう自分になっていたいかも大切だよ。結婚したり女性なら出産があるかもしれない。

男性なら将来、家族を養っていけそうな業態の会社で出世するもよし勉強して自分で事業するもよし。女性なら結婚・出産しても継続して働ける会社を探すとか。また、大切なのは転職する会社で何を学びたいか。せっかく転職するのだから会社からいろんなことを学ぼうよ。それが将来大切な財産になるよ。

いろいろな人と出会いコミュニケーションをとろう

初めて入社した時のこと覚えているかな。同期がいて先輩がいて上司がいて。そこから配属になってどんな人に出会ったかな。優しい先輩。怖い上司。楽しい同期、同期はバラバラになっても大切だよ。困った時助けてくれるから。先輩や上司を通じて知り合った他部署の方も後々、困った時に相談しやすいよ。大切なのは社内で知り合いを幅広くたくさん作ることだよ。友達になるわけではなくあくまで情報提供してもらえる人がたくさんいると仕事もしやすくなるよ。結果、会社を辞めたいとかあまり考える時間もなくなるからね。

さて、今回のテーマは転職グセだね。クセといえば、あるイタリア人の言うに、「がんばって仕事するなんて、治すべき悪いクセだ」というのがあったとか、なかったとか。

Forza Italia とイタリア語で書けば、日本人は「がんばれイタリア」と訳しますが、当のイタリア人に日本語の「がんばれ」を訳してくれと言っても、イタリア語には相当する言葉が無いと言われることもありますね。ほかにも多くの国の言語に、「がんばれ」「がんばる」をそのまま表現できる言葉はないともいわれています。

中国の企業は、入社希望者の過去の転職回数が多いことを気にしないそうだよね。

はい。おおむねそうだと聞いています。むしろそのとき興味を持たれるのは、その人に「辞められた」方の会社のことかもしれません。あそこは羽振りのいい会社のはずなのに、なぜこの人に「辞められちゃった」のかな。この人、何が不満であそこを辞めたのかな?うちの会社の給与体系や福利厚生の参考になるかもしれないから詳しく聞いてみようかな…

へえ…!

でも、いまの日本でだって、もしかすると企業は本来そんなスタンスに立つべきなのかもしれないのですよ。人手不足なのですから。そして労働市場を大きく対外開放するでもしない限り、多くの産業で、その状態は決して解消されはしないのですから。

ところでボクにはちょっと変な想いがあるんだけれど、転職グセって、本当にそんなに忌み嫌うべきものなのかな?それは、思い切って言うけど、「逃げるクセ」も含んだ上で、なんだけど。

どうして転職回数の多さが履歴書を汚すとまで言われ、転職グセがともすれば罪深いイメージまでもたれてしまうのか、これまで持たれてきたのか?私論ですが、それは家族や一族への迷惑につながることだからなのだと思います。お父さんである「家長」にぶらさがって生活を維持している妻、子ども達、舅、姑…と、いうちょっと古い絵を想像してみて下さい。家長が仕事を失うことは、その絵の中にいる4~5人以上の人間が一気に路頭に迷うことを意味しますね。そして、その古い絵の背景になっている古い時代においては、妻や舅・姑が家長の代わりとして働こうにも、まともな収入の口がほとんどありませんでした。すると誰が彼らを助けてあげますか?親戚ですね。いまよりもずっと繋がりの濃かったひと昔前の親戚、つまり一族です。

そうなんだよ。そこでボクは、本当に過激な発言になるけど、「逃げるクセ」もかなりの部分、実は人それぞれの個性カモしれなくて、しカモ、いまは時代が変わって、個人の労働が家族の生活を背負っていないことだって多いよね。その上で、「逃げるクセ」があっても受け容れられる側の労働市場も、活躍の場も、実はちゃんとすでに存在している気がするんだ。そこで彼らはちゃんと活用されている気がするんだ。なのに、仕事が長続きしない人って、そんなに人格否定されるべき?逃げるクセの人、案外役に立ってるよ!

おっと、怖い。でもカモさんのいうとおり、個人の労働が家族の生活を背負っていないケースはこれからどんどん増えるでしょうし、しかもその上で、仕事を一箇所で長く続けるのが苦手な人、続けたくない人が生きていける環境も、そもそも雇用というかたちだけにとどまらず、たしかにものすごい勢いで増えていくのだと思います。そして、それらを包括して平等に受け止めるセーフティネットがきちんと整備されれば、「お前、転職グセがついている。逃げるクセがついている。将来大変なことになっちゃうよ」なんて、説教される人もいなくなりますよね。本当の真のグータラさんや、しょっちゅう仲間を裏切る卑怯者は別として。そるとそうなると、仕事を変える回数、すなわち適性を試せる回数でもあるわけですから、「逃げるは恥でなく役に立つ」、「逃げるは次のチャンスの鍵」だった、なんていう結果論もきっと増えてくるでしょう。非常に俗に例えますが、ナンパの成功の鍵は「数」だと言う人もいるわけですからね!

ただ、今のところは…

そうです。私達は今はまだ、「家族を養うための労働」に、おそらくは一番重く神聖な価値を置き、長期雇用というフレームを通したセーフティネットの上に生きることがもっとも安全な社会を生きています。そして、このままその中で一生を終える可能性も高いです。なので、いまはこう言っておきしょう。

「逃げるクセ」は早くなおした方がいいカモよ!