1. ホーム
  2. 美容業界
  3. ≫美容業界は離職率がめちゃくちゃ高い!?なぜみんな辞めちゃうの?

美容業界は離職率がめちゃくちゃ高い!?なぜみんな辞めちゃうの?


美容業界の離職の理由は給料?休み?仕事環境?

美容業界の離職率の高さ

美容師の免許を持っていても、働いていない?離職率が高いといわれる美容業界の中でも特に離職率が目立つのが美容師。「若くてオシャレな美容師さんが多く、華やかな職業だな」と客観的に思っている人も多いカモしれないね。

厚生労働省のデータによると、美容師として資格を持っている人だけでも日本全国で1200万人程度いると言わているんだ。この数字はかなり圧倒的。例えば、看護師さんは200万人程度と言われているから、いかに美容師を志して免許を取った人が多いかということがわかるね。ただ、それ以上にびっくりするのか就業人数。

美容師数
平成27年3月末現在の従業美容師数は、49万6,697人で前年より9,061人増加している。また、平成27年度中に新たに美容師免許を取得した者は19,005人であり、前年度より増加している。(衛生行政報告例より。免許登録者数は、(公財)理容師美容師試験研修センター調べ)
美容業概要 |厚生労働省

美容師として働いている人の従業員は49万人程度と言われていて、実際、免許持っていても働いてない人の方が圧倒的に多いんだ。もちろん免許を取って全く美容師として働かなかったわけではなく、美容師として働いていたけど今は違う仕事をしているという人が多いことが分かっているんだ。

美容師はなぜ辞めてしまう?

美容業界

美容師が離職する理由として、「業務に対して給料が安すぎる」という意見が一番多い。肉体的にも精神的にも疲弊するにも関わらず、給料が300万円台を推移するケースが多く、あまり割に合わないと思っている人が多いのが現状なんだ。こういった影響もあり、「精神的に疲れて辞めてしまった人」や、「労働時間が長く、肉体的に辛くなった」という意見も目立つのが美容師の離職理由。

業務の大変さに年収が比例して500万円、600万円を超えてくれば、もう少し離職率も低くなるだろうけどそこまでの収入を得られないのが美容師としての現実になってしまっているね。また、長時間の立ち仕事ということで、「腰を痛めて辞めてしまう」という人が割と多いのも美容師ならではの離職理由といえそうだね。

人気の業界だし、人の動きが活発なので転職先は見つかりやすいカモ!カモちゃんがおすすめする美容業界での転職エージェントは以下の通りだよ!
美容業界専門ではないけど、豊富な転職案件でしっかりサポート!もし美容業界を離れようとしている人でも利用しやすい転職エージェントだね。困ったときは即相談カモ!

離職率は高いけど、美容師の人気も同じく高い!

離職率が高いって言われている美容業界だけど、それを同じくらい美容師になりたいって希望する新卒者は増えているんだよ。美容師になるための免許である「新規美容師免許」は、毎年約18,000人に交付されていて、その数も年々増加しているって言われているんだ。
しかも、美容室の数も毎年3,000件以上増えているから、厳しい環境ではあるかも知れないけど、技術さえあれば、いつでも働く事が出来る業界でもあるんだね。

それだけじゃなくて、今はインターネットを利用して、自分がカットしたヘアスタイルを公表したり、企業と提携したクーポンを発行して利用者を増やしたりと、儲けるための仕組みが沢山あると思う。労働時間が長く、接客業でもあるからストレスも強いと思うけど、長い時間をかけてじっくりと取り組めば、一生仕事に困らないかも知れない職業とも言えるんじゃないかな。

美容師になるにはどうすれば良いの?

美容師は離職率が高いとか、給料が安いとか、色々と言われているけど、その前にどうすれば美容師になれるのかをしっかりと理解する必要があるよね。これは、意外と知られていない事かと思うんだけど、美容師になるための免許は美容学校を卒業して、美容師国家試験に合格するしか方法はないんだよ。合格率は60%くらいだから、それほど難しい試験では無いカモ知れないけど、美容師は知識以上に技術が必要な世界だと思うから、合格したからと言って安心はできないね。

こうやって聞くと、若い年齢じゃないとなれないように感じるけど、学校を卒業すると言っても、中学・高校みたいに必ず昼間通わなければならないと言うわけじゃなくて、通信制や夜間のように時間帯に融通が利く場合が多いのも、美容学校の特徴なんだ。

自分のセンスや技術に自信があれば、サラリーマンを辞めて、美容師として働いていくなんて考えも、今の世の中ではありカモ知れないよ。

美容師からの異業種への転職は難しいカモ?

今の仕事が自分には合わないから転職する、なんて人は珍しくない世の中だよね。人と深くかかわる仕事もあれば、技術一つで生きていける仕事もあるから、自分の性格あった仕事こそ、天職といっても過言じゃないカモね。

ただ、簡単に転職とはいっても、企業も給料を払わないといけないから、誰でも良いから採用するとはいかないんだよね。特に全然経験や技術やない、いわゆる”異業種”への転職は20代でも難しいなんて言われているから、仕事選びは慎重にしないと、働く事も難しくなっちゃうカモ知れない。

ここまでに色々と話してきた美容師はまさにそうで、特殊な職業であるからこそ、異業種へ転職しようと思うと経験や技術不足がネックとなるため、美容師以外の仕事に就けない事が多いって言われているんだ。美容師は生活になくてはならない大切な仕事だけど、もし、どうしても自分には合わないと思ったら、早いうちに転職を考える事が重要になってくるカモ知れないね。

美容業界

エステティシャンも高い離職率

エステティシャンの離職の高さ

そしてもう一つ、美容業界で高い離職率となっているのがエステティシャンの仕事。確かにこの職業も20代を中心とした若いお姉さんが仕事をしている印象があるね。実際に3年以内で辞めてしまう人も多く、店長への昇進が早いことでも知られる職種だね。厚生労働省が行った就労の実態調査研究によると、店長へ昇格するまでの経験年数が4.6年と、他の職種に比べて圧倒的に早いことが分かっているんだ。

3年も勤めれば、もう充分にベテランの域に入ってくるぐらいで4、5年勤めている人が少ないから店長になりやすいのカモしれないね。エステティシャンは休日が少なく大変と言われているけど、昇進が早く、役職手当もつきやすいので入社当時から比較して年収がアップしやすいというメリットもある。ただそこまで到達する前に辞めてしまうという人が多いんだけどね・・・。

エステシャンの離職理由とは

エステティシャン

エステティシャンが仕事を辞めてしまう理由として、「給料が安すぎるから」、「精神的に疲れる仕事だから」、「休日が少なく自分の希望通りに休めない」、「職場環境になじめなかった」という意見が多く占められています。エステティシャンの初任給は月収22万円から24万円といったところ。これだけを考えればそこまで安いというわけではないけど、土日祝日休みがなく、月に8回程度しか休みがないということを考えれば決して高い給料とは言えないね。

業務量と給料のギャップを感じている人が多いのがエステティシャンの特徴と言えるんじゃないかな。また、「職場環境が悪い」というのはどの職種でも退職理由としてよくある意見だけど、エステティシャンの場合は特に同世代で同性とのやり取りが多くなるから、一度、いがみ合いが起こってしまうと居づらくなってしまう人が多いのカモしれないね。

美容業界はなぜ精神的・肉体的に疲弊してしまうのか?

美容師にしろ、エステティシャンにしろ「精神的にも肉体的にも辛い」という意見が目立ちます。なぜこんなにも他の職種に比べて目立つのか調査すると、一つのことが浮き彫りになってきた。それは仕事のオン・オフがしづらいということ。

単純に勤務時間だけ頑張れば良いというものではなく、技術的に劣っていれば勉強する時間が必要。先輩に注意されることも多くなってしまうし、さらにお客さんからクレームが入ったりすると精神的にも辛いところ・・・。勤務時間外の技術習得時間は給料に反映されないことが多いし、1日の大半をそのような時間に使って、「精神的に休まらない」というのも離職率に大きく影響していると言えそうだね。

美容業界離職理由

特に就業して最初の1、2年は苦しい時期。これが美容業界の早期離職率の高さに影響しているんだろうね。以上、美容業界の離職率についてご紹介してきました。精神的にも肉体的にも周りの人が思っているより非常にタフな仕事と言えるね。
プラスに考えるとその時期を乗り越えれば一人前に成長して、あっという間にそのお店の主要メンバーになれるし、店長に昇進することもできる。強い志を持った人には実力次第で年収や地位も確立できる仕事とも言えるよ。

お給料や自分の時間などを大切にしたいという人は他の業界への転職も考えてみてもいいと思うカモ

他の業界の転職の相談もリクルートエージェントにおまかせ