1. ホーム
  2. 美容業界
  3. ≫給料が安いと言われる美容業界。人気職種別の平均給料を調査

給料が安いと言われる美容業界。人気職種別の平均給料を調査


美容業界は給料が良くない!?その実態に迫る!

美容師の年収っていくらかな?

美容師の平均年収とは

厚生労働省の業種別調査によると、美容師の平均年収は平成26年度で263万円。ここ10年ぐらいでは200万円台後半を推移していて、それほど大きな変動はありません。平均年齢は30.2歳となっていて、比較的若い人が多い職業といえます。しかし、平均年収が200万円台後半となると一般的には給料が高いとは言えません。

男女別で見てみると男性の平均年収が275万円、女性の平均年収が256万円となっており、男の人でも300万円を超えていないので低収入の職業という見方がされてもおかしくない年収です。月収で考えると20万円程度になり、将来的な収入アップを考えるなら独立ということも視野に入れておくことも重要です。

その場合、美容師の資格だけでなくて、管理美容師の資格も必要になるので、働きながら資格を取得する準備をしなければいけないという大変さはあるけどね。

エステティシャンの平均年収とは

エステティシャンの平均年収は20代で300万円弱程度と言われています。この数字は働く環境によって大きく変わるので参考程度で考えると良いでしょう。

大手エステサロンも求人募集を見てみると、平均月給が25万円程度、ボーナスが2回支給されると記載されているケースが多いです。年収で考えると300万円は優に超えてくる計算になります。どのエステサロンに勤めるかで大きく年収は変わってくるようです。

職種・職場によって大きく変わるエステティシャンの年収ですが、500万円や600万円といった高額の年収はあまり聞きません。その理由として大きいのは、20代や30代前半ぐらいで退職してしまう人が多いということです。

かなり競争の激しい世界なので会社が倒産するリスクもあります。転職を考える場合は、創業年数が長いエステサロンだと安心することなく、経営状況や評判などもしっかりチェックするようにしましょう。

美容部員の平均年収とは

化粧品売り場にてお客さんの接客をして、美容の提案をする美容部員。一般的には美容部員とは呼ばれてるけど、しっかりとしたスキルや知識を身につけている人はビューティーアドバイザーやコンサルタントなんて呼ばれていることもあります。

この美容部員の年収には大きな幅があります。平均年収では300万円から400万円程度と言われていますが、扱っているメーカーやブランドによってかなり大きく変動するのであまり平均年収は参考になりません。大手の化粧品でも20代前半でほとんど美容部員経験がない場合、月給20万円程度からスタートする場合がほとんどのようです。

大手国内ブランドでもそれぐらいの給料が多いから、あまり高収入を期待しちゃいけないね。ただ、国産の化粧品メーカーに勤めている美容部員で30歳前後の正社員の人は、年収400万円前後もらっている人が多いので、やっぱりキャリアと経験が年収につながっている仕事といえそうだね。

ネイリストの平均年収とは

ネイリストは美容業界の中でも若干平均年収が安いと言われています。およそ280万円から350万円程度の平均年収となっています。地方のネイリストだと初任給で15万円程度という条件のところもあります。

ただ、未経験からでも始められる仕事で敷居は低くなっています。また、立ち仕事の美容部員や美容師に比べると体力的負担も少ないので、ある程度の年齢を重ねてからでも働けるのがネイリストの魅力です。

実際、30代や40代でネイリストとして働いている人もたくさんいます。収入的には多くはない場合が多いようですが、アルバイトやパートでの募集をしているケースもよくあるので結婚や出産を経てから、再びネイリストとして働きたいというときにも安心の職種です。

美容師や美容部員だと体力的負担も大きく、「今後、家庭を持った時に続けていけるかしら」と悩みを抱えている女性も多いと聞ます。そういった意味では、将来的にも続けやすいネイルサロンの仕事もいいのではないでしょうか。

年収が低い業界の特徴って何?

769e540d1a398bdddc9b7ac6b221dea4_s

休みがないくらい忙しい仕事であっても、必ず年収に反映されると言う訳ではありません。特にサービス業や外食、小売りと言った業界は、人手も少ないのにサービスが多いので、美容業界よりも薄給なところが多い。

年収が低い業界に共通している点は3つ

  • 個人のお客さんに対するサービス業
  • 誰でも出来る仕事
  • 希望者が多い仕事

個人のお客さんを相手にしている業界は、外食や小売り業界の様に、利益が出にくい傾向があります。利益が出にくいので、働き手の年収は低くなりがちです。

誰でも出来る仕事は、技術や資格が必要ない場合が多いので、当然アルバイトやパートのような形態で雇われる事が多くなります。非正規雇用が多い業界も、年収が低い業界になってしまうのは仕方がありません。

年収が高い穴場の仕事とは?

多くの人が年収の高い仕事をしたいと考えてるけどそういった仕事は、要求される経験やスキルも高いので、中々就く事ができない場合が多い。高い年収で知られる銀行や誰でも知っているような大手に入るのは、あたりまえですが簡単ではありません

有名広告代理店などは昔から人気で周囲も優秀ばかり。すごい倍率を勝ち抜いて働けたとしても、仕事量もすごいみたいだね。プライベート大事にしたい人にとっては厳しい業界カモ知れないよね。

高い年収を得るためには、こういう大変な仕事ばかりかと言うと、実際はそうでもないんだよね。例えば、小学校などの給食を作るおばさんやおじさん。あの仕事の平均年収は、約600万で、ボーナスは100万を超えるって言われているんだよ。平均年収が400万の時代に、それだけの年収を貰えるのは、まさに高年収といえるよね。

しかも、公務員という事もあり、安定性もある。仕事内容は力仕事や料理技術など、大変な事も多いけど、意外と知られていない仕事だから、それこそ人気の業界よりは就職しやすいカモ知れないね。この例のように、意外と知られていない高い年収の仕事は思いのほかあるから、探してみるのも面白いカモ知れないよ。

美容業界は格差が凄いカモ

美容業界は年収が低いと言われているけど、それは平均の話なんだよ。大手の美容関係会社の平均年収は約290万と言われているから、全体から見ればかなり低い年収になってしまうんだよ。しかし、同じ美容業界でも企業役員や経営者の収入はけた違いに高いんだよ。

同じ大手の美容関係会社の役員年収は約1500万とも言われていて、仕事の内容の違いはあるにせよ、全く年収が違うよね。しかも、役員報酬のほかに役員賞与といったものもあるから、一般従業員と役員との格差はかなり大きいと言えるんだ。

ただ、その役員になるまでには地道な下働きから、店長、エリアマネージャーと少しづつ昇格するしか道はないと思うんだ。もちろん、独立して自分で美容関係の企業を起ち上げるなら話は違うけど、それでも月収は50万円以下がほとんどだっていうデータもあるんだよ。美容業界で高い年収を手に入れたければ、独立するにせよ、出世するにせよ、地道に働く期間は絶対に必要カモ知れないね。

美容業界は待遇も厳しいカモ知れない

beautysalary02
仕事をする時もオシャレな格好で、かつ自由に働きたいと考える若い世代は多いよね。
もちろん、しっかりと給料も貰えて、好きな仕事が出来ればいう事は無いと思うんだ。
それを叶える事が出来る仕事の一つが、美容業界カモ知れない。技術があれば、ある意味で自由な時間で仕事ができるし、服装もスーツである必要がない。

こう考えると、サラリーマンよりも自由が多く感じる業界だけど、実際はそんな甘い待遇ではないみたいなんだよね。まず、サラリーマンなら当たり前のように準備されている社会保険がない会社も多いんだよ。もちろん、大手や中堅規模の会社であれば準備されているみたいなんだけど、美容業界には個人が経営している会社が多いから、会社で社会保険を準備しないらしいんだ。

そうなると、すべて自分が負担しないといけないから、余計に手元に残るお金が減ってしまうよね。それ以外にも、人が少なくて有給が取れない、または有給制度がないとか、労働時間が長いのに休憩が少ないとか、正直、厳しい待遇の企業が多いって言われている。一般のサラリーマンよりも自由が多いと思われがちな美容業界だけど、その分、待遇は厳しいものになっているのカモ知れないね。

美容業界は離職率も高いカモ?

新卒が苦労して入社しても、3年以内に3割も退職してしまうなんて言われている時代だから、1つの会社で定年までいるのは珍しい事だよね。退職してしまう確率、いわゆる離職率はどんな業界でも気になるけど、美容業界は特にその離職率が高い業界で有名なんだよ。一部の大手企業を除くと、美容室やエステサロンなどの新卒3年以内の離職率は7割以上とも言われているんだ。

大学でも専門学校でも、数百万と言う高い学費を払って卒業しても、直ぐに会社を辞めてしまったら、なんのために学校へ通ったのか分からないね。この美容業界が高い離職率を誇っている原因は、長時間労働や給料が安いなど、理想と現実があまりに開きすぎている事が原因じゃないかっていわれているんだよ。

ドラマやテレビに出てくる美容業界の人は、自由に働いて、大金を稼いでいる人が多いけど、現実にそうなっている人は全体の1%もいないと思う。

それどころか、いくら働いても昇給もしないし、ボーナスもない、でも、仕事は忙しいなんて状況が続けば、辞めたくなるのも当然だよね。また、美容業界は知識以外に技術も必要になってくるから、余計に辛く感じてしまうのカモ。

憧れで美容業界を選ぶのは悪くないけど、働くイメージをしっかりと持っていないとすぐに辞める結果になってしまうカモ知れないよ。

美容業界の将来は明るいカモ

美容業界の待遇が良くないって話をしてきたけど、それは美容学校への希望者数の変化からも分かってしまうんだ。美容師やエステティシャンになりたいと専門学校を受ける学生は、平成15年を境に年々減少しているって言われている。

それだけじゃくて、美容関連の会社は増えているのに人手が増えていないから、余計に労働条件が厳しいものになり、転職希望者も減少傾向にあるみたいなんだ。

技術がある人は独立したりする事もできるけど、社したばかりの新卒では正直そうもいかないよね。ただ、こういう状況を受けて、インターネットを使った集客や社会保険完備など、待遇を改善しようとする動きが美容業界では出てきているみたいなんだ。

週休2日を導入したり、シフト制で人を回したりと、待遇だけじゃなくて、労働環境の改善にも取り組む企業が多くなっているそうだよ。

今すぐに良くなる訳ではないけど、長い目で見れば改善が見込める業界で働く方が、今儲かっている業界で働くよりもおすすめカモ知れないよ。

美容業界の給料や待遇まとめ

美容業界の給料や待遇について紹介してきたけどみんなはどんな感想だったかな。「やっぱりあんまりもらえないから辞めようかな・・。」という人もいたカモしれないね。でも美容業界の場合、人の入れ替わりが激しいからすぐに昇給したり、役職手当がつくことがあるよ。

腰をすえて働こうと考えている人は収入アップも十分期待できる仕事と言えるんじゃないかな。未経験でも受け入れ態勢が整っているところも多いし、転職のしやすさで言うと狙い目の職種カモしれないね。