1. ホーム
  2. 美容業界
  3. ≫オトコがどんどん侵食中?美容業界における男性従業員

オトコがどんどん侵食中?美容業界における男性従業員

女性の肌に触れるエステティシャンにも男性が進出!

美容業界で働く男性

美容業界といえば女性が働くところ。そんな常識が急速に覆されつつあります。たとえば、古い過去には男性の就業が珍しかった美容師の1/4以上は、すでに男性でしょう。店長やマネジャークラスになると、逆に、数で男性が勝っている職場も少なくありません。

百貨店の化粧品売り場などで働く美容部員にも、最近はちらほらと男性を見かけるようになりました。不思議なことではありません。プロのメイクアップアーティストの世界では、もうかなり以前から、男性もトップアーティストとして活躍しています。

ネイリストにも男性が増えてきています。こちらも不思議なことではないでしょう。美容師に男性が増え、美容室の顧客にもいまや男性が大勢いるように(これも古い過去には考えられなかったことでした)、ネイルサロンもやがてそうなっていくのではと、予想する人もいます。

エステティシャンはどうでしょうか。フェイシャル(顔への施術)はよいとして、エステにはボディータッチが行われるメニューがあります。とても男性は入っていけない世界かとも思われがちですが、実はすでに、立派に活躍している男性エステティシャンもいます。

美容業界には、いま、オトコがどんどん侵食中、否、進出中です

銭湯の番台をご存知?常識はどんどん変わっていきます

この仕事をオンナがやるのはおかしい、オトコがするのは変だ、といった常識は、実は案外もろく、崩れやすいものです。典型的な例が、先ほど挙げた美容師です。美容室がよく「パーマ屋さん」と呼ばれ、美容師がまだ「髪結いさん」などと呼ばれていた昭和の時代、その終盤が近づく頃まで、美容室は、施術する側としても、客としても、男性がそこにいるのは珍しい場所でした。ところがいまはどうでしょう。男性従業員の姿が見当たらない美容室の方が、むしろ珍しいのではないでしょうか。

タクシーの運転手さんに、女性はいまも少ないことは事実ですが、その理由は主に拘束時間の長い勤務体制にあるといわれています。かつてのように、女性が運転席にいることに客の方が馴染めず、乗車してもらえないといったようなことは、現在はまったく耳にしなくなりました。

男女の仕事の境

こうした常識の曖昧さは、もっとデリケートな例でも示すことができます。かつて銭湯の番台には、男性が堂々と座っていました。その目の前で、どの女性も堂々と裸になっていました。なぜならば、それが常識だったからです。

銭湯とはそういう場所であると、みんなが常識として思っていたからです。ですが、いまはそんな話を聞いてびっくりしてしまう人も大勢いることでしょう。銭湯が激減した結果、銭湯を皆が利用するという環境自体が、常識の範囲のものではなくなっているからです。

女性客から見て男性エステティシャンはあり?

男性のエステティシャン

仕事の中でボディータッチを行う男性エステティシャンに対しては、いまはやはり、女性からの拒絶反応が少なくないのは事実です。しかしそれにも、常識の転換が徐々に及んでくる可能性は低くありません。直接肌に触れるわけではないにしても、ボディータッチをするのであれば、すでに、女性客に人気の男性整体師さんといった例が世の中にはいくらでもあるわけです。

美容業界は、男性が活躍しにくい業界であるどころか、男性にとっては、今後さらに可能性が広がっていくであろうフロンティア、ともいえるのかもしれません。

(なお、男性美容師の存在が普通となった美容室でも、「男性に髪を触られたくない」として、女性の施術のみを希望する女性客はいまもわずかにいます。ですがそれは、男性美容師特有のハンディとは、ほぼみなせない程度のごく少数の例となっています)

男性が美容業界で働くことは性別よりも、年齢の常識がカベに?

年齢が問題?

以上のように、男性進出が進む美容業界ですが、この業界を目指す男性にとってむしろ深刻なのは、参入の壁よりも、年齢の壁なのかもしれません。

たとえば、もっとも男性の活躍が目立つ美容室の場合でも、40代、50代といった年齢の男性美容師さんは、通常あまり見かけません。見かけるとすれば、それは多くの場合、店長、経営者といったクラスの人たちです。

つまり、男性美容師は、順調なポジションアップができなかった場合、淘汰の波に晒されやすいといった可能性が浮かび上がります。「出世しないまま年齢を重ねると職場に居づらくなる」といった雰囲気が、いまのところは存在することが指摘される職業です。

もっとも、同じことは女性美容師の場合にも言えなくはありません。ですが、女性美容師の場合、(不適切を承知での発言ですが)引退して家庭に納まってしまえる環境の人も少なくありません。

一方、男性美容師にあっては、(こちらも不適切を承知の発言です)適当な逃げ道をもたない人が多いことも事実です。美容師として生き残り、家族を養うための収入を確保するためには、上記に挙げたきびしい「雰囲気」のもと、多くの場合、ポジションアップしていくことが欠かせません。

そのため美容室では、男性は一般的にきわめて上昇志向が強く、女性は「負担が増える」として、ポジションアップを望まない人がむしろ多いともいわれています。

こうした、多くの美容室における男性の辛い立場は、今後男性就業者の割合が増加していくであろう、ほかの美容業界の現場にも引き継がれていく可能性が、おそらくは高いでしょう。

すなわち、美容部員にしても、ネイリストにしても、エステティシャンにしても、いまは世の中の常識などが壁となって、男性にとっては参入の扉をこじ開けることにまずはエネルギーが必要な段階ですが、今後は多分、そうでもなくなります。

年齢を重ねながら職業人として生き残るのための努力の方にこそ、力を注がなければならない時期が訪れるものと予想されます。

→美容業界への転職はエージェントにおまかせ

別の「明るい」予測も?男女問わず年齢の壁は薄れつつある?

しかしながら他方、「美容業界からは、今後は男女問わず年齢の壁が取り払われていく可能性の方が高い」という意見もあります。つまり、いま述べたばかりの予測に対する否定です。

あるいは、前述の予測はいわば過渡期を示すに留まるものであり、そうした状況は長く続かないはずだといった意見があったりもします。

すなわち、男性も女性も、出世する・しないにかかわらず、年齢を重ねても長く働ける業界に、美容業界はなっていくのではないか、という明るい(明るいといっていいでしょう)未来予測です。

日本の労働力人口減少による慢性的な人手不足

人手不足

その根拠として、一番に挙げられるのが、人手不足です。現在すでに業界を深く覆っている厳しい現実です。

今後も、日本の労働力人口が増える可能性がない以上、あらゆる業界において人手不足の状況は続きます。そうした中、美容業界のみがそれを免れる可能性は、現状の様子から見てもほぼゼロといって過言ではありません。

そのため否応なく、美容業界は、長年勤めてくれているベテランを手放さず、その力を活かすことの模索に迫られていくことになるはず、と、いうのが、上記予測の理由のひとつです。

たしかに人手不足は、「美容業界は若い人材を使う業界である」という常識が急速に崩されていく可能性を高める、もっとも切実な要因となるかもしれません。

ジェンダーレス(性差解消)の浸透

いまひとつは、ジェンダーレス(性差解消)の浸透です。こちらは人手不足に比べると、今後どこまでのものになるのかについては、まだ予測が立ちません。

ともあれ、ジェンダーレスが正しく(?)浸透すると、美容業界を目指す男性にとっては、大変大きな追い風となることが予想されます。

それは、就業しやすくなるという意味においてばかりではありません。むしろ、仕事を長く続けられるという部分においてこそ、より大きく影響が及ぶこととなるでしょう。

すなわち、経営者などリーダーの立場にあるならば年を重ねた男性が美容室で働いていてもいいが、ヒラであれば恥ずかしい、といった視点こそが、実は、ジェンダーレスによって破壊されるべき、もっとも深刻な男性への性差別であるともいえるわけです。

そこで、ジェンダーレスが将来これを払拭してくれた場合、美容業界は、いわゆる空気に縛られないフラットな場所になる可能性が高まります。

なぜならば、ポジションアップしなくても気兼ねなく働き続けられる新しい環境が男性美容師に与えられたとき、逆に、女性がそれに取り残されているといった状況は、まずもってありえないことだからです。

ジェンダーレスの浸透が、美容業界で働く男性にとってだけでなく、同じく女性にとっても恩恵となる可能性は、そうした意味において、おそらくはかなり高いものとなるでしょう。

仕事で取引先なんかの会社のオフィスを訪問したとき、男性社員がお茶を出してくれても、いまは違和感を感じないよね。でも、ひと昔前までは、制服を着た女性社員がお茶を出さないと、どこか雰囲気がおかしかったりしたそうだよ。

常識って、それが無くなってみれば、なんで昔はあんなことに縛られていたんだろうって、不思議に感じることが多いよね。

私もかつて、私よりご年配と思われるファストフードの店員さんに初めて出会ったときには、えっと驚いたものです。でもいまは全然おかしく感じません。

カモさんのいうとおりです。男性の美容業界への進出は、私のような、いつの間にか気づかず常識に縛られている人間の小さな驚きを重ねながらも、着実に進んでいくことだと思いますよ。