1. ホーム
  2. 美容業界
  3. ≫美容業界はどんな職種があるの?資格は必要なの?気になる高収入業界とは?

美容業界はどんな職種があるの?資格は必要なの?気になる高収入業界とは?

美容業界と一言で言っても、いろいろな仕事があるカモよ

美容業界

スタイリスト

美容業界で真っ先に名前があがるもといえば、スタイリストです。カットやカラーリングといった髪の毛専門の仕事だけでなく、ファッションや着付けなど、トータル的なコーディネートをする仕事になります。この仕事は、国家資格の「美容師・理容師」を取得する必要があります。さらに着付けや色彩検定などの資格を持っていると、より転職しやすくなる職種です。

よく芸能人が「スタイリストさんに服を選んでもらった」なんていう話をテレビでしていることがあるね。そういった意味では常に最先端のブランドやファッションを理解してアンテナを張っておく必要がある職業と言えるカモね。

美容師

美容師はスタイリストと同じような仕事内容ですが、主に髪の毛に関する、シャンプー・カット・パーマ・ブロー・カラーリングなどを専門に扱う職種です。主な職場は、美容院や理髪店です。美容師になるには国家資格が必要であり、美容師の専門学校に2年間通うことが定められています。

また技術力によってランクも異なり、以下のように振り分けられています。

  • 見習い(アシスタント)
  • スタイリスト
  • 店長(エリアマネージャー)
  • 役員(オーナー)

お客さんの希望通りに仕上げることが成功になるから、自分よがりの技術を発揮しようとする意識を持っていると希望に応えられないケースがあるよ。しっかりとコミュニケーションをとって進めていく必要があるお仕事だね。

ネイリスト

ネイリストは女性ならではの仕事と言っても過言ではないでしょう。美容師やスタイリストのように国家資格が必要ないため、美容業界の中では比較的転職しやすい職種となります。その仕事内容は、爪のケア、カラーリング、ハンドマッサージなどになります。

爪は繊細な場所でもあるため、角質除去や爪の栄養補給、甘皮処理、薄い爪のケアなど、細かな作業が必要になります。さらに爪のケアだけでなく色彩感覚も大事なってくるため、アートスティックな感性を持っている人が向いているお仕事でしょう。冒頭でもお話したように決められた資格は必要ありませんが、JNAネイリスト技能検定という資格を持っていると、ネイルサロン、エステサロンなどの経験があると転職に有利でしょう。

ただ資格を必要としない仕事とはいえ、専門器具を使った爪の手入れになるので、いきなり現場で働くというよりも研修を行ってから実務経験を経て現場で働くことになることが多いよ。

エステティシャン

こちらも美容業界の中では、とても求人数の多い職種のひとつです。一言でエステティシャンといっても、ボディケア、フェイシャルケア、脱毛ケアなど、多岐にわたる分野が存在します。またエスティシャンはお客さんの肌に直接触れ、機械を使ってケアするケースが多いので特別な資格は必要ありません。そのため若いうちに専門学校を出て資格特許を行う過程がないので、異業種からの転職もできます。

とはいえ基本的な知識や技術の習得に時間を要するため、実際に現場へ立つまでには2週間程度の研修を経て配属されるケースが多いようです。

月収は月20万円前後のものが多いけど中には25万円、30万円となっているケースもあるので資格が必要としない職業としてはなかなかの高収入カモね。

以上のように、ここでは美容業界の有名な職種をいくつかご紹介しました。美容師やスタイリストは思いつきで転職できない職種ですが、ネイリストやエステティシャンは資格が必要ないため比較的転職しやすいでしょう。

資格や知識というのももちろん大事だけど、何よりもお客さんをもてなすことが必要な職業だから接客スキルやコミュニケーション能力を必要とする仕事と言えるよ。時代に左右されずいつまでもニーズのある仕事だから安定した職業でもあるね。人と接するのが好きでヘアスタイルやファッションに興味がある人は向いている職業カモよ!

美容業界といっても、職種によって平均年収は変動してくる!

ひとくちに美容業界といっても、上記で紹介したように多岐にわたる職種があります。それぞれの仕事内容はもちろん異なりますが、職種ごとにも年収の差が大きくあらわれるのです。例えば美容師の場合だと、髪の毛のカット前に研修期間としてお店の雑用を覚えないといけないため、入社したての頃だと年収が300万円も満たないと言われています。

しかし経験を積んで誰にも劣らないスキルや技術を手に入れることで、将来的には美容室を経営し、年収は1000万を超えることも夢じゃないね。

一方、エステティシャンやネイリストは、企業の規模にもよりますが、大手の社員として就職すると安定した収入を得られます。その年収は、約400万年~500万円程度でしょう。これ以上の年収を得ようとすると、会社経営や売り上げ戦略といった、美容以外の出世スキルが必要となります。

給与が低いと言われている美容業界だけど、しっかりと将来設計をしていけば、どの職種でも平均以上の年収は稼ぐことが出来るはずだよ。

>>美容業界に挑戦したい人は、異業種の転職に強いパソナキャリアがおすすめ<<

正社員を目指すならパソナキャリア!職種の幅広さや独自の充実したサポート、口コミ・評判を徹底調査

高年収を目指すなら美容師がおすすめ

美容業界は労働時間も長くて給与も平均より低めなんて言われているけど、それでも人気企業界である事に変わりはないよね。その人気の理由はいくつかあると思うけど、「綺麗になりたい!ファッションが好き!」って言う人にとっては、ある意味では天職なのカモ知れないね。

しかしそうは言っても生活もしていかないといけないから、いくら好きな業界でも、やっぱり高い年収を目指したいよね。そんな人におすすめしたい美容業界の職種が美容師になるよ。

そこで高収入を目指す際におすすめなのが、美容師です。上記でもご紹介したように美容師は下積み時代が長く、苦労も多い業界ですよね。しかし経験年数や技術、売り上げ、顧客数などの総合的な評価が上がればトップスタイリストに昇格することができます。この条件は店舗によっても異なるため、確実に「ここまで達せばトップスタイリストになれる!」というものはありません。ですがトップスタイリストになると年収は高くなり、カリスマ美容師と言われるような人気が出てくると、年収が1000万を越える人もいるのです。

その他にも、店長候補や幹部補佐に昇格すると、統計ではトップスタイリストより高い年収を得られると言われています。ここまでの地位を築くには技術面のみならず、経営スキルがより重視されていくようです。また店舗によっては、店長候補よりもトップスタイリストのほうが高い収入を得ている場合もあります。

美容師は初任給や平均年収だけで見ると、とてもいい待遇とはいえません。しかしながら他の業界に比べ、若いうちから独立することが可能であり、結果結としては高収入を期待できることもあります。また美容室は年々増加の傾向にあるため、厳しい業界とも言われていますが、それだけ独立しやすい職業ともいえるでしょう。

確かにお客さんを集めて技術を磨く事は難しいけど、人気美容室の経営者ともなれば好きな業界で年収1000万以上を稼ぐ事も出来てしまう。簡単な事ではないけど、好きな美容関係の仕事でお金も稼ぎたいと考えているのであれば、美容師として独立するのが一番現実的な話だと思うよ。

美容業界では、技術よりもコミュニケーションが重要!

美容業界のそれぞれに共通していることは、お客さんを満足させる技術がないと生き残れません。例えば。ネイリストとしてだれにも負けない技術を持っていても、一人よがりで勝手なことをしていたら、顧客をつかむことは難しくなります。

まずは、しっかりとお客さんとコミュニケーションをとって、その要望に応えることができれば、多くのお客さん訪れて、繁盛店になる可能性もったかいでしょう。そのため、いまの美容業界で重要視されているのは、技術と同じくらいコミュニケーション能力が必要だといわれています。

そこでまず大事なのは、来てくれているお客さんを徹底的に大切にすこと、そして家族や友人など自分の身の回りにいる人々に話したくなるお店にできるよう心がけていくことが大切でしょう。

お客さんに満足してもらえるようなコミュニケーション力があるかどうかで、お店の売上が大きく変わるから、それも当然の事だよね。技術が一番だと思われがちな美容業界だけど、一番大切になるのは、お客さんから信頼を得る事なのカモ知れないね。