1. ホーム
  2. 美容業界
  3. ≫実務経験やスキルによって転職可能な年齢が変わってくるよ

実務経験やスキルによって転職可能な年齢が変わってくるよ

美容業界で転職する場合、何歳ぐらいまでなら問題ない?

美容業界は何歳まで働けるのかな?

美容業界に転職する年齢の限界とは?美容業界といっても様々な職種があるね。化粧品販売、エステティシャン、ネイリスト、美容師など。これらの職業に転職する場合、未経験者歓迎のものもあるとはいえ、やはり30代になってくると苦しいと言わざる得ないカモ。

やる気があったとしても、すでに経験豊富な20代の社員が多く在籍しています。そういった職場環境で年上の自分が働くということをイメージしてみると、その環境に耐えられるかどうかも大事になってくるカモしれないね。
どうしても美容業界に転職したいなら、未経験者歓迎で上司からの指導や研修制度がしっかりしてるところを選ぼう!

美容業界の中でも美容師のように実務経験を重要視している職種なら「30歳だからダメ」ということは全然ないよ。むしろ若すぎる人よりも美容師としての勤務実績があったほうが評価されるから、30代だけでなく、40代でも転職も十分可能となんだ。

ただ、美容師自体がそんなに年収の良い職種ではないから40代での転職となると、自分が望んだような報酬をゲットするのはちょっと厳しいカモね・・・。また、美容師の業界は20代から30代前半が全体の9割ほどを占めているから、年齢が上がれば上がるほど職場環境になじみにくくなってしまうというのも事前に理解しておいたほうが良さそうだね。出来るだけ引け目に感じない職場環境を選べるかどうかがポイントになってくるよ。

エステティシャンの場合の転職適齢期は何歳?

エステティシャンは、特に資格が必要というわけではないから転職しやすいというメリットもあるけど、やっぱり若年層の長期キャリア形成を目的としているところが多いので、20代前半の採用率が高くなっている傾向があるね。募集要項を見てみると、「35歳まで未経験OK」と記載されているところが多いけど、実際は「エステティシャンとしての経験がない32歳ですけどよろしくお願いします!」と言ってもなかなか採用は難しいのが現状だよね・・・。

別に30代だからダメというわけではないけど、周りには20代が多くなじみにくい環境で、しかも体力的な部分で辛いと感じる人が多く、やめてしまう人が多い職種でもなんだ。エステティシャンの平均年齢は27歳。その年齢より下であれば未経験でもチャンスがあるんじゃないかな。

未経験である程度年齢がいっても転職できる?

このページを見ている人は、「美容業界はどの程度の年齢なら転職できるのかな?」ということが気になっている人が多いカモしれないね。もし自分の年齢が気になるなら美容部員はいいカモしれないよ。美容部員は仕事柄、若い人だけでなく中高年(40代、50代、60代)もお客さんとして相手にするケースが多いんだ。つまり、40代や50代の方の肌状態を理解できる人も必要。

美容部員ならスキルや知識があれば、年齢問わず十分に転職できる可能性があるよ。もしスキルに自信が無いなら転職前に、資格を取得しとくのも一つの武器になるはず。実はコスメ部員やエステティシャンの方はこういった資格を持ってない人も多いから事前に持っているだけでも評価が上がる事は間違いないよ。

例えば、美容部員は特別な必須資格があるというわけではないけど、日本エステティック協会の資格を取得して美について研究したり、日本化粧品検定一級やコスメコンシェルジュ資格、JMANメイクアップ技術検定などを持ち合わせていれば、未経験からでも十分にチャンスがあるはずだよ!

さらに、異業種からの転職でもその経験が活かせるケースがあるから覚えておいて!

「アパレル関係の仕事に就いていたので接客業に慣れている」、「ドラッグストアに勤めていたのである程度の化粧品や肌への影響について理解している」というケースも美容業界では重宝されるスキルなんだ。職業的には違ったものでも企業が求めるニーズが一致するケースがあるから惜しみなく、志望動機や職務経歴書に記載するのがお勧めだよ。

以上、美容業界に転職する時の年齢についてご紹介してきました。20代前半であれば、まだまだ気持ちのアピール次第で内定をもらうことは可能だけれど、20代後半や30代に入っている人は単純にやる気だけでなく資格や知識、過去の経験がアピール材料なるから、しっかりと事前準備することが必要だよ。

年齢は転職における一番の武器

転職しようと思って色々と求人サイトを覗いてみると、多くの企業が○歳までと言ったように、年齢を制限していると思うんだ。どの業界でもそうだけど、あまりにベテランになると、教育も大変になるからより若くて優秀な人と採用したいと考えるのは必然なのカモ知れないね。

一般的な話では、社会人3年目までは第二新卒として採用されるから、実績があればアピールしても良いけど、それよりも熱意や可能性、志望動機などで自分をアピールする方が良いと思う。逆に、同じ業界や職種で6年以上働いているのであれば、 既にベテランとして見られるはずです。美容業界であれば、自分の作品や特殊な経験、仕事におけるこだわりなどをアピールする事ができれば、相手の企業から評価されるはずだよ。

ただ、いかに高い実績や豊富な経験があったとしても、あまりに年齢が高いと、企業としても受け入れがたいのも事実なんだよね。今の会社からの転職したいのであれば、少しでも早く活動し始めた方が有利なのは間違いないと思うよ。

美容業界で必要なものって何

1026b744ae694930a68e95f7204bce3a_s

美容業界で仕事をしていくためには、技術や経験ももちろん大切なんだけど、それ以上に“何を売りにするか”が重要になるよね。例えば、美容室であれば「他には真似できないヘアデザイン」をカットする事が出来れば、その美容室は予約でいっぱいになるはずだよね。

もしくは、接客に力を入れていて、あいさつ、返事、掃除、身だしなみ、言葉づかいを徹底するといった事でも、他の美容室との差別化になってくるね。この例のように、同じ美容室であっても“何を売りにするか”をしっかりと考えておかないと、他の会社と同じように見えて、結局安い所か、大手にお客さんは移ってしまうと思うんだ。

これは美容室だけじゃなくて、エステサロンやネイルサロンにも同じことが言えるんじゃないかな。同じ美容業界の同じサービスを提供しているけど、違うポイントでお客さんの満足度を上げる。これを考える事が出来る事が、美容業界で活躍していくために必要な事なのカモ知れないね。

ベテランなら転職よりも独立がおすすめカモ

美容業界だけじゃないけど、どの業界でも年齢を重ねると転職が難しくなる傾向にあるよね。その時に自分の希望する待遇に達しない場合は、転職ではなく、独立を考えてみるのもありカモ知れないよ。

美容業界の場合、美容師やエステティシャンなど、手に職を付ける事ができるから、個人事業主としてやっていく事も難しくないはず。あるデータでは、美容業界では個人経営のお店が約6割もあるという結果もでているから、転職だけが道じゃないカモ知れないよ。

もちろん、一人でやっていくわけだから、美容関連の技術以外にも、経営能力も必要だし、部下の教育について担当しないといけない。ただ、自分のセンスや経験を生かして、より高い年収や自由な働き方を望むのであれば、個人事業主はおすすめの働き方になるはずだよ。